NISA(ニーサ)口座比較

ホーム >  投資・資産運用 >  NISA(ニーサ)

NISA口座比較

NISA(ニーサ)とは、株や投資信託などから得た利益・配当が5年間非課税となる「少額投資非課税制度」。NISA口座を開設する証券会社や銀行等の金融機関の人気ランキングや、取扱商品・手数料・キャンペーンを比較して、あなたに最適なNISA口座を見つけましょう!

NISAとは?デメリットは?NISAを徹底解説

金融機関で比較

あなたの資産運用に合った証券会社や銀行の金融機関からNISA口座を比較検討してみましょう。

取扱商品を選んで比較

選び方で重要なのが取扱商品。あなたの買いたい商品を選んで、取り扱っているNISA口座を比較検討してみましょう。

NISA投資スタイル診断

投資にはじめてチャレンジする方は、
まずは投資タイプを診断してみましょう。
オススメのNISA口座の選び方もアドバイス!

診断スタート

注目ピックアップ

SBI証券

SBI証券でNISA手数料も税金もタダ!NISAもSBI証券がおトク!
国内株式手数料(買・売)、海外ETF(買)手数料がずっと0円!
今なら住民票取得代行&現金プレゼントキャンペーン実施中!

  • 人気ランキング

  • ※集計期間:2017/08/01〜2017/08/31

NISA口座 人気ランキング[すべて]

証券会社や銀行等含めたすべての金融機関でのランキングです。

  • 1

    国内株式(買・売)手数料、海外ETF(買)手数料がずっと0円でNISAもSBI証券がおトクです。

  • 2

    国内株/売買&海外ETF/買付 手数料実質無料!ノーロード投信約800本以上

  • 3

  • 4

    NISAで資産運用を始めるなら、使いやすさに定評のあるマネックス証券で。オンラインセミナー、レポート、分析ツールなどサービスも充実!

  • 5

NISA口座 人気ランキング[証券会社]

証券会社のみでのランキングです。

  • 1

    国内株式(買・売)手数料、海外ETF(買)手数料がずっと0円でNISAもSBI証券がおトクです。

  • 2

    国内株/売買&海外ETF/買付 手数料実質無料!ノーロード投信約800本以上

  • 3

  • 4

    NISAで資産運用を始めるなら、使いやすさに定評のあるマネックス証券で。オンラインセミナー、レポート、分析ツールなどサービスも充実!

  • 5

    NISA口座における株式、ETF、REITの売買手数料が恒久無料!

NISA口座 人気ランキング[銀行]

銀行のみでのランキングです。

各社のNISA口座に関するレビュー・評判をピックアップ!

更新日:2017年5月10日
NISA口座申込SBI証券

NISA口座の申込にあたり、手数料も安く、投資信託取り扱い本数も多いSBI証券を利用することにしました。余裕ができたらIPOにも申込みを考えています。即時決済も最初は設定に手間取りましたが、これからは簡単に利用できそうな感じがしました。

満足度:4

早くて見やすくて使いやすいGMOクリック証券

他にも数社ネット証券会社を利用しているが使いやすさや反応速度、情報の利用のしやすさなどはダントツで一番です。特に株主優待のキャッシュバックも利用しているためメインの証券会社としてNISAも利用しています。スマホのアプリも使いやすし、おススメです。

満足度:5

見やすい使いやすい分かりやすい。マネックス証券

WEB版マーケットボードが抜群に見やすく、チャートもスクリーニングも情報も全てが使いやすくて分かりやすい。IPOや分売も豊富ですし、NISA売買手数料も無料ですし、キャンペーンもいろいろあります。

満足度:4

ツールはぴか一楽天証券

取引用ソフトの完成度はぴか一です。特に楽天銀行とマネーブリッジで連携した際の楽天銀行側の普通預金金利0.1パーセントはこのご時世では破格の高金利です。NISA口座なら手数料は無料ですのでさらに使いやすくなります。

満足度:3

NISA手数料が無料松井証券

松井証券を利用しています。良い点は、NISAの手数料が無料で信用取引の手数料が10万まで無料などサービスが良いです。 悪い点は、過去の取引履歴を過去1年分しか見れないので不便です。

満足度:4

初心者のためのNISA入門ガイド

NISAとは2014年から始まった少額投資非課税制度になります。2016年からは非課税投資枠が年間100万円から120万円に増額されたり、未成年者が対象となる「ジュニアNISA」が開始されるなど、メリットがさらに大きくなってきています。

年々充実していく制度ですが、これから始めたい方に最低限知っておいてほしいことをまとめました。これさえ理解すれば、初心者でも安心してNISAを活用できるマニュアルになっています。

NISAとは?

「これから投資を始めたい……」という方は、“NISA”制度を活用してみてはどうでしょうか。通常、投資対象の商品である「株」や「投資信託」の売却益は譲渡所得にあたり約20%の税金がかかります。NISAは年間120万円の枠内での売買による投資利益がなんと非課税になる制度なのです。

NISAを上手に使って資産運用をおこなえば、税金がかからないので非常にメリットが大きいのです。
しかも、株式投資などで20万円以上の利益がある場合には確定申告をしなければいけませんが、NISA口座を利用する場合は面倒な確定申告は必要ありません。確定申告などの細かな作業が面倒な方にはメリットがより大きくなります。

非課税期間は、投資を始めた年から最長5年間になります。開設できる期間が、2014〜2023年までの10年間と期限がありますのでご注意ください。利用するために必要なのは、金融機関のNISA口座を申し込んで作るだけ。特に費用などはかかりません。ただし口座開設には「満20歳以上で日本に住んでいる人」という制限があります。

2016年からNISAの使い勝手がさらによくなります。まずは「ジュニアNISA」。0歳〜19歳を対象に年間80万円の非課税投資枠が最長5年間利用できます。ジュニアNISAの資金用途は自由で子供の教育資金などの目的に利用できる制度になります。その他にも非課税投資枠の拡大があります。100万円の非課税枠が120万円になるのです。これにより、これまで最大500万円分の投資資金が、600万円にまで拡大されるのです。

その他にも、5年間の非課税期間が終了した後はどうなるのかなど、基本をさらに理解する上で必要なポイントを詳しく説明しています。

「NISAとは?」についてさらに詳しく知る

NISAの注意点・デメリットについて

より上手に利用するためには、デメリットをしっかりを把握した上で運用に臨みたいですね。気をつけたいポイントがいくつかあります。
まずは、所有できる口座数について。証券口座はさまざまな証券会社で開くことができ、用途によって使い分けることができますが、NISA口座は1人1口座までと決まっています。NISA口座を開いた金融機関の変更は可能ですが、そのためには所定の手続きが必要になるので注意が必要です。

NISAの注意点(デメリット)について

すでに金融機関の特定口座・一般口座(課税口座)を開設し、株や投資信託等の金融商品をお持ちの方は注意が必要です。NISA口座以外の特定口座・一般口座(課税口座)で購入した商品をNISA口座に移すことはできません。

またNISA口座と特定口座・一般口座(課税口座)との損益通算もできません。「NISA口座で損をしているけれど、一般口座では利益があるから、損益通算して課税分を減らそう」ということもできないのです。

その他にも、運用した配当金や分配金がNISAでは非課税になるのかなど、NISA口座で運用する上で、気をつけたいポイントについて、さらに詳しく説明しています。

「NISAの注意点・デメリット」についてさらに詳しく知る

100万円以下の少額投資ではじめるNISA活用例

「NISA口座を開設したけど、何に投資すれば良いのだろう……」と悩む方は多いはず。そこで、実際に活用している方の事例などを交えて、「NISAの活用・運用法」をお伝えします。

投資ではリスクとリターンの関係は戦略の差になるので、どの程度のリスクを取れるか、どの程度のリターンを狙うかという考えが非常に大事です。NISA口座では売買して得た利益は非課税となりますから、多少リスクを取ってでもハイリターンが見込める投資をしたいと思う方も多いかもしれません。リスクを取ればその分のハイリターンの可能性はありますが……。あくまで投資は投資。利益を得られることだけでなく、損をすることもあり得るものです。その点を念頭に置いて運用方法を考えていきましょう。

投資ニーズ別にNISAを活用してどのような金融商品で運用しているのか一例を紹介します。

投資ニーズ 金融商品例
少額投資で資産運用 例)インデックスファンドに積立投資など
低コスト&低リスクで試算運用 例)債券型のインデックスファンド、国債など
ハイリスク&ハイリターンで資産運用 例)成長型のインデックスファンド、成長型の株式など

ローリスクで運用するためのヒントや、ハイリスクハイリターンでの運用アイデアなど、株主優待の報酬など、その活用法と戦略、金融商品の具体例など、さらに詳しく解説しています。

「少額投資ではじめるNISA活用例」についてさらに詳しく知る

NISA口座の選び方

NISAを利用するには金融機関で専用口座を開設しなければいけません。NISA口座が開設できるのは主に銀行や証券会社など。口座開設をしてようやく、株や投資信託、ETFなどの金融商品を購入することができるのです。大事なのはNISAで取引ができる金融商品が金融機関ごとに違っている点です。

対象商品 金融機関
証券会社 銀行・ゆうちょ銀行
株式投資信託
外国籍投資信託
上場株式 ×
上場外国株式 ×
国内ETF(上場投資信託) ×
海外ETF(上場投資信託) ×
REIT(不動産投資信託) ×

※実際は金融機関よって取り扱い商品が異なりますのでご注意ください。

さらに各金融機関によっては扱っている投資信託の本数に差があったりします。株式投資も日本株以外にアメリカ株や東南アジア株などの種類があり、証券会社ごとに取り扱いが違います。ですから、「どんな商品でNISA口座を運用したいか」によって開設する金融機関は変わってきます。最初にしっかりと「自分がどんな投資商品を買いたいか」を明確にした上でNISAの口座開設に望みましょう。

他にも選び方で注意したほうが良いのは、購入する金融商品の取引手数料です。商品を売買する取引手数料はコストが低い方が有利になります。この取引手数料も金融機関によって異なりますので、口座開設する前に、どの金融機関がどのくらいの手数料なのか確認しておいた方が良いでしょう。

その他にも、NISA口座を選ぶ際にどんな点に注意すべきか、選ぶ際のポイントになる点はどんなところなのかなど、さらに詳しく説明しています。

「NISA口座の選び方」についてさらに詳しく知る

NISA口座開設までの流れ

NISA口座を開設する際、どんな流れで進むのでしょうか? 必要な書類や作業は何が必要になってくるのでしょうか。まずは申し込む金融機関を決めることが必要です。金融機関によって利用できる金融商品が違いますから、「自分の運用したい金融商品は何か」をしっかり考えた上で、口座開設する金融機関を選びたいですね。

金融機関が決まったら申し込みを行います。店舗で申し込める金融機関もあれば、WEBでも申し込める金融機関もあります。口座開設の申し込みの際には、自分自身の個人情報を入力することになります。さらに申し込みには「住民票」が必要になります。NISA口座の開設は、通常の証券口座を開設するときとは住民票が必要になるという点で少し流れが違いますので注意が必要です。NISAは税制の優遇制度なので、金融機関側が税務局に報告するために住民票が必要になるのです。
口座開設までの期間は税務書の審査もあり、申込みから口座開設までは1〜2ヶ月ほどかかります。

NISA口座開設までの流れ

申込みに必要な住民票ですが、取得するのが面倒という方もいると思います。金融機関によっては無料で住民票取得代行を行ってくれるところもありますので、利用するのも手です。

NISA口座開設までの流れや、住民票取得代行サービスを行っている金融機関の紹介などもう少し詳しく説明しています。

「NISA口座開設までの流れ」についてさらに詳しく知る

関連記事

  • ジュニアNISAとは? 基礎知識ジュニアNISAとは? ジュニアNISAが2016年からスタートします。ジュニアNISAを利用すれば19歳以下でも非課税メリットを享受できます。これから開始されるジュニアNISAの制度の特徴や活用法、申し込み方法などについて詳しく解説します。
  • 初心者がNISAで投資信託を買うならバランス型で 運用方法初心者がNISAで投資信託を買うならバランス型で すでに投資を経験していらっしゃる方の場合、自分の保有資産の棚卸をして、持っていない資産に投資するわけですが、全く投資経験のない人がNISA口座を通じて投資する場合は、どのような投資信託を購入するのが良いのでしょうか?初心者向けに解説します。
  • NISAで利用できる商品 運用方法NISAで利用できる金融商品とは? 年間100万円までの投資から得られた利益が非課税になるNISA。その対象となる金融商品は株や投資信託、ETF、REITです。それぞれ、どのように売買し、購入に必要な金額いくらくらいなのかを知っておきましょう。
  • NISAで投資信託 運用方法NISAで投資信託を始めるには? 投資信託はNISAを扱うほとんどの金融機関で買え、少額から投資できるので、100万円という非課税枠があるNISAに向いているのです。今回は投資信託の特徴と、NISAでの活用法を見ていきましょう。
  • NISAで始める株式投資 運用方法NISAで株式投資を始めるには? NISA(少額投資非課税制度)をきっかけに株式投資を始めようと思っている人も多いのではないでしょうか。NISAでの株式投資の仕方をご紹介します。
  • NISAで活用したいETF 運用方法NISAで活用したいETF NISA(少額投資非課税制度)で利用できる金融商品の1つにETF(イーティーエフ)があります。なじみのない人も多いかもしれませんが、いろいろな使い方ができます。ETFの活用法をご紹介します。
  • NISAを何の投資信託で運用するか 運用方法NISAを何の投資信託で運用するか? 株式型投資信託は、国内株式だけでなく、さまざまな投資対象を組み入れたタイプが揃っています。そのため、どのファンドを選べば良いのか悩むでしょう。投資信託を選ぶ際のポイントをご紹介します。

NISA活用ガイドを見る

このページの情報は更新時点で入手できる最新の情報を表示していますが、制度自体が流動的で今後変更となる可能性がありますので十分ご注意ください。本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。

このページの先頭へ