NISA(ニーサ) キャンペーンの比較

ホーム > 投資・資産運用 > NISA(ニーサ) > NISA キャンペーンの比較

NISA(ニーサ)キャンペーンの比較

NISA(ニーサ)口座への関心の高まりに伴い、様々なキャンペーンが展開されています。キャンペーン内容は、口座開設時のキャッシュバック、株式取引手数料が無料などの手数料優遇、さらには住民票取得を代行サービスまで様々。 このページでは、最新のキャンペーン情報をまとめて比較することができます。

※キャンペーンやNISA口座優遇に関する条件や備考は各社詳細ページまたは各社サイトにてご確認ください。

キャンペーン一覧

限定キャンペーン
内容 【価格.com限定!】SBI証券の口座開設+SBIハイブリッド預金へ一括で5万円以上のご入金で全員に現金4,000円プレゼント!400万人のお客様に選ばれているSBI証券は、国内株、外国株、投資信託、債券、FXをはじめとする多彩な商品ラインナップが業界屈指の格安手数料でお取引いただけます!
終了日 〜2017/11/30
NISAキャンペーン
内容 新規口座開設+各種取引で最大100,000円プレゼント!
STEP1
総合口座開設申込2017/11/1〜2017/11/30
STEP2
[取引・口座開設で特典獲得]
特典1
・国内株式、投資信託のお取引で最大20,000円獲得のチャンス! 2017/12/29(金)約定分まで
特典2
・FX口座を開設し指定数量のお取引で最大80,000円(口座開設:〜2017/11/30(木) 取引:〜2017/12/29(金))
終了日 〜2017/11/30
NISA口座優遇
内容 国内株式手数料は買付・売却ともに一律0円に、海外ETFも買付手数料が0円になります(恒久0円)。
NISA口座優遇
内容 NISA口座を楽天証券でひらく4つのメリットをご紹介します。

 1.国内株式、投資信託、外国株式すべてがNISA口座の対象。国内金融機関で随一の商品ラインアップを取り揃えています。
 2.NISA口座内手数料は驚きの手数料!「国内株式売買手数料【0円】」「海外ETF買付手数料【0円/ドル】」「ノーロード投資信託【手数料0円】約800本以上」とコストで選んでも魅力的です。
 3.豪華講師陣による動画セミナーやコラム、勉強会なども随時開催中です。
 4.複雑な制度ですが、わからないことがあっても安心いただけるよう、NISA専用ダイヤルをご用意しています。
NISA口座優遇
内容 リートや債券、株式、バランス等の500本以上のファンド購入時手数料がずっと0%(無料)です。
NISA口座優遇
内容 NISA口座での国内株式の売買手数料は、恒久的に0円(単元未満株を除く)。
米国株・中国株の買付時の国内取引手数料は、恒久的に実質0円。
NISA口座優遇
内容 国内株式、国内ETF、国内REITの売買手数料無料(期間制限なし)
限定キャンペーン
内容 新規口座開設+投信10万円以上の買付で2,000円プレゼント

STEP1
[新規口座開設]
・証券口座開設お申し込み
・証券口座開設完了(〜2017/11/30(木))

STEP2
[取引]
投資信託の買付を合計10万円以上行う(〜2017/12/31(日))
終了日 〜2017/11/30
NISA口座優遇
内容 ●カブドットコム証券で口座開設頂いた方には、NISA割が適応できます。
カブドットコム証券にNISA口座をお持ちのお客さまの売買手数料を最大で5%割引とする割引プランです。
限定キャンペーン
内容 【価格.com限定】キャンペーンコード入力+口座開設+証券総合口座に5万円以上の入金でもれなく現金5,000円をプレゼント。
終了日 〜2017/12/31
限定キャンペーン
内容 【価格.com限定!】ライブスター証券の口座開設で、もれなく現金3,000円プレゼント!
さらに、口座開設日から2カ月間(40営業日)は、株式手数料が完全無料!になるキャンペーンを実施中。
終了日 〜2017/12/31
NISA口座優遇
内容 国内株式、国内ETF、国内REITの売買手数料がずっと0円。(キャンペーンではありません)
NISA口座優遇
内容 所定の投資信託をご購入の際、「NISA口座」を選択してご希望の金額を一度にお申し込みいただくと、非課税枠内(100万円以内)の金額はNISA口座での購入、非課税枠を超える金額については課税口座(一般口座または特定口座)での購入となりますが、一度に申し込まれた金額に対する申込手数料が無料になる「NISAプラス」がご利用いただけます。(運用期間中や換金時には商品ごとに所定の手数料がかかります)

NISA口座選びのヒント NISA(ニーサ)口座はキャンペーンだけで選んでいいの?

NISA口座は一人一つしか持てず、一度口座開設すると変更手続きが必要になります。ですので、口座選びのポイントを押さえて慎重に選びましょう。

  • ポイント1. NISA口座での取扱商品のラインナップはどうか?
    例えば株を買いたい場合は銀行ではなく証券会社を選ぶ必要があります。また、投資信託は銀行や証券会社など金融機関によって買える商品が異なります。
  • ポイント2. 手数料の安さはどうか?
    NISAの非課税メリットを活かすためにも手数料も重要です。ネット証券など取引手数料が無料(0円)のところもあります。また、投資信託では販売手数料無料のノーロードという商品を取り扱っている会社もあります。
  • ポイント3. 信用できる会社かどうか?
    一度口座開設すると変更手続きが必要なNISA口座ですから、長期間安心して資金を預けられる会社を選ぶことがとても重要です。各社のホームページ等で利便性やサービスもチェックしておきましょう!

「価格.com NISA口座比較」 ご利用上の注意

  • ご契約にあたりましては、必ず金融機関において「契約締結前の交付書面」等をご確認の上、お客様ご自身でご判断ください。
  • キャンペーンは各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが、正確性を保証するものではありません。また、更新日以降の変更が反映されていない場合がございます。内容は各金融機関のサイトやパンフレット等でご確認ください。
  • 当社では各金融機関のサービスに関するご質問にはお答えできません。各金融機関にお問い合わせください。

このページの先頭へ