投資初心者におすすめ!NISA(少額投資非課税制度)とは?

ホーム > 投資・資産運用 > NISA(ニーサ) > NISA活用ガイド > NISA(ニーサ)とは?

基礎知識NISA(ニーサ)とは?

NISAとは「少額投資非課税制度」の愛称。株式や投資信託への投資では約20%の課税がかけられていますが、年間120万円を上限にして投資利益を非課税とする制度です。NISAのメリットや仕組みなど、NISAをはじめるにあたって知っておくべきポイントを詳しく説明します。

NISAのメリットは投資した利益が非課税に

NISAのメリットは年間120万円までの新規投資の利益や配当金、分配金が全額非課税になります。例えば、株に100万円の投資し売買益として100万円儲かった場合、約20%分の20万円弱を譲渡所得税として納めなければなりません。ですが、NISAの場合は非課税ですので、その心配はいりません。儲かった分に関しては非課税になるのが大きなメリットです。

NISAを使えば最大600万円分の非課税枠が利用できる

NISA口座は満20歳以上から利用可能

NISA口座の申し込みは満20歳以上からになります。NISAを利用するためにはNISA口座を開設して持っていることが必要になります。これはNISA制度を悪用されないようにするため、証券会社を通じて税務署へのチェックが必要になってくるのです。

非課税期間は投資を始めた年を含めて最長5年間となっています。2016年からは120万円まで投資できる枠を5個まで持てることになり、最大600万円分の投資金額に対して非課税枠を持つことができるのです。投資できる金額はひとそれぞれですが、非課税枠が決まっているので、より多くの資金を持っている人ほど得するというわけではなく公平性が保たれているのです。

NISA口座が開設できる期間は、2014〜2023年までの10年間となっています。この間であればいつでも口座開設ができますので、まだNISA口座を開いていない人は是非、活用してみましょう。

NISA口座が開設できる期間

NISAを利用すれば税金分が自分の利益に

NISAを利用した人と利用しない人では、税制面で大きな違いが出てきます。仮に100万円で株や投資信託などを買い、売却したときには100万円分の利益が出たとします。株を売却して儲けた場合の税は約20%の譲渡所得税がかかります。NISAを利用していない人は20万円の税金を納めますが、NISAを利用している人は、まるまる自分の利益になるという大きなメリットがあります。

NISAを利用する大きなメリット

NISAの5年間の非課税期間が終了したらロールオーバーも検討しよう

NISAの非課税期間の5年間が過ぎたら……。終了後は保有資産を売却するか、一般口座に移管する必要があります。また非課税期間をさらに伸ばすことのできる制度(ロールオーバー)があります。それぞれについて見ていきましょう。

①保有資産を売却する
NISAの非課税期間終了時に保有資産を売却します。もし含み益が出ていればその分は非課税となります。
②保有資産を一般口座に移す
NISA口座で購入した保有資産はNISA期間終了後、特定口座・一般口座(課税口座)で管理することができます。※移管後の利益に対して課税されます。
③保有資産を新たな非課税枠に移行(ロールオーバー)する
非課税期間終了時点の資金が100万円以下なら、新たな非課税枠に移行することができます。これによって最長2027年まで非課税となります。

NISAの非課税期間の延長(ロールオーバー)なら5年経過したNISA口座の保有資産のうち、120万円以内なら新たなNISAの非課税枠に移行することができます。もし少額投資で総額120万円未満で当初の投資価格より下がって損失が発生している場合、NISAのロールオーバーの活用をおすすめします。

仮に5年後に購入時よりも価格が下がった状態で一般口座に移管し、その後値上がりして利益が発生した時点で約20%の課税が課せられます。当初の資産価格に戻らないのに税金面ではマイナスが発生してしまいます。もしNISAを開始して5年後に当初の資産価格よりも下がっている場合は、ロールオーバーを利用した方がよいでしょう。ロールオーバーを利用するには、NISAの運用期間の終了前に、書類を金融機関に申請すれば、さらに5年間非課税枠を利用できます。

別のパターンもあります。仮に2014年に100万円で購入した投資信託が利益が出て2018年に130万円になっていた場合……。100万円分は2019年分の枠に充てられるます。30万円分は売却し、100万円分をロールオーバーすればさらに5年間非課税で運用することができます。NISA期間の終了間際には、制度継続をするか否かを考えて運用しましょう。

ロールオーバーには、最長10年間の非課税期間で運用できるメリットがあります。2016年から年間120万円以下ですが、NISAを活用して資金を大切にしたいと考えているなら、ぜひ覚えておくとよいでしょう。

非課税期間をさらに伸ばすことのできる制度(ロールオーバー)

「ジュニアNISA」に期待

未成年でも口座開設ができる「ジュニアNISA」の活用が開始

2016年からは、子どもの名義で口座を開くことができるようになります。それが「ジュニアNISA」です。未成年である0歳〜19歳を対象に年間80万円の非課税投資枠が最長5年間利用できます。 贈与税の基礎控除の枠である110万円以内に収まっているので、相続税の対策としても利用できます。

ただし、NISAと違って一部で制限があります。親権者が取引・運用の主体となり、ジュニアNISAを申し込んだ本人は取引できません。本人が18歳になるまで資産の引き出しに制限がかかります。さらにジュニアNISAでは金融機関の変更もできません。ジュニアNISAを利用する際は、資金の運用先金融機関や預ける期間などはしっかり確認しておきましょう。

とはいえ、子どものために資金を残す場合や教育資金として活用する場合に大いに利用できる制度であるので検討してみてるのがよいでしょう。
ジュニアNISAの申し込みは2016年1月から。そしてジュニアNISA口座での取引は2016年4月からです。

【関連記事】:ジュニアNISA(ニーサ)とは

NISA制度の仕組みを理解したら、NISAを扱っている金融機関を見てみよう!

このページの先頭へ