初誕生日祝い

ホーム > ギフト・プレゼント > 初誕生日祝い

初誕生日祝い

初誕生日祝いの基本

赤ちゃんが、満1歳を迎えるお祝いです。日本で、毎年誕生日をお祝いするようになったのは戦後になってからですが、初誕生日だけは、古くからお祝いをしている特別な物です。 昔は、親戚などとともに餅をつき、赤ちゃんに背負わせて歩かせたり、餅踏みといって、大きな鏡餅を踏ませたりして、祝い膳を囲んでいました。しかし現在は、毎年の誕生日と同様にお祝いをするのが一般的です。お祝いをするのは、祖父母と両親の身内だけで十分でしょう。 お祝いをするうえで大切なのは、"初誕生日ならでは"を意識すること。たとえば、足形や手形を記念に残したり、この日の様子をビデオに撮ったり、最近できるようになったことを記録しておいたりするのもおすすめです。品物は、これからの成長に見合った物を贈りましょう。

喜ばれる初誕生日祝いのルール 5ヶ条 初誕生日祝いのNG 5ヶ条
  • 1歳の記念になる物を贈る
  • 重複しないよう、欲しい物をリサーチする
  • 衣服を贈る場合は、サイズを確認
  • 自分では買わないけど、もらうと嬉しい物が◎
  • 成長を見据えた物を選ぶ

1歳前後は個人差が大きいので、衣服を贈る場合は、きちんとサイズを確認しましょう。平均的なサイズの物を贈っても、着られない場合があります。また、今しか使えない物ではなく、もう少し大きくなってから、長く使える物を贈るのもよいでしょう。

  • 相手が負担に感じるほど高価な物を贈る
  • 誕生日を間違える
  • 赤ちゃんの名前を間違える
  • サイズの合わない衣服を贈る
  • 必要かリサーチせずに、大きな物を贈る

身内が贈る場合、マナー違反を犯す人は少ないと思いますが、友人・知人の場合は注意が必要。特に赤ちゃんの名前は、最近、個性的な名前が多いので、うっかり漢字を間違えないように気を付けましょう。必要かどうか調査をしないまま、大きなおもちゃやインテリアグッズなどを贈るのもNGです。

厳選!人気の初誕生日祝い Best10

おもちゃや絵本、ぬいぐるみなどが一般的。何でも口に入れる時期なので、小さな金具が付いた物や、取れやすいボタンなど、誤飲の恐れがある物は避けましょう。バースデーケーキを贈る場合も、アレルギーの有無を事前に確認してください。

赤ちゃんの好奇心をかきたてる
おもちゃ

おもちゃ

大型の物は住宅事情によっては迷惑なので、贈ってもよいかどうか確認をしましょう。特にリクエストがない場合は、赤ちゃんが握って遊べるガラガラ木製の汽車ボール積み木などが一般的です。

ちょっとしたプレゼントに最適
音の出る絵本

音の出る絵本

赤ちゃんは、音の出る絵本が大好き。価格も手ごろな物が多いので、気軽に贈れ、相手も気兼ねなく受け取れます。ボタンを押すと童謡英語が流れるタイプや、赤ちゃんが自分で遊べる太鼓付きなど、種類も豊富です。

安全性もしっかりチェック
ぬいぐるみ

ぬいぐるみ

赤ちゃんは物を口に入れることも多いので、目がボタンでできている物は、縫製がしっかりしているかを必ずチェック。人気が高いのは、クマぞうなどの動物や、アンパンマンリラックマなどのキャラクターです。

キャラクターものが人気
バースデーケーキ

バースデーケーキ

両親が用意することが多いので、贈る場合は必ず事前確認を。1歳前後の赤ちゃんは、まだほとんどケーキを食べられませんが、ラシェーズロングのパンケーキ、アンパンマンキティちゃんなどのキャラクターケーキも人気です。

歩き始めた赤ちゃんに

靴

どんどん大きくなる足に合わせて、ちょうどいいサイズを用意しなければいけない靴は、もらうととてもうれしいアイテムです。アップリカやアディダスコンビピジョンプーマミキハウスなどが一般的です。

羽織物などサブアイテムも人気
ベビー服

ベビー服

1歳前後の平均身長は80cm程度ですが、個人差があるので必ずサイズを確認しましょう。ブルマ付きスカートポンチョケープベストなど、赤ちゃんのかわいらしさを引き立てるようなサブアイテムも喜ばれます。

抜けた歯を大事にしまって
乳歯入れ

乳歯入れ

欧米では、歯の妖精が赤ちゃんの成長を見守ってくれるという言い伝えがあります。最初に抜けた歯を、大事にしまっておきましょう。車の形をした物やハート型赤ずきんちゃんをモチーフにした物など、種類も豊富。

伝統行事を体験
一升餅

一升餅

1歳の誕生日にお餅を背負って歩く伝統行事を行えば、パーティも大盛り上がり!お餅だけではなくリュックがセットになったタイプもあります。重たいお餅を背負わせるのが心配な場合は、バルーンの"一笑餅"もあります。

遊びながら脚力を鍛える
手押し車

手押し車

よちよち歩きを助ける手押し車。アンパンマンくまのプーさんディズニーなどが人気。デザイン性が高いフィッシャープライスボーネルンドムーバーラジオフライヤーなどは、インテリアの一部としても◎。

両親から自分の子どもへ
印鑑

印鑑

両親からのプレゼントであれば、通帳とセットで、印鑑を贈るのもおすすめです。星座や干支をイラストで入れられる物や、ディズニーリラックマをはじめとしたキャラクター印鑑など、さまざまな種類があります。

現金や商品券を贈ってもいい?

OKです。基本的には身内のお祝いなので、特に相場はありませんが、10,000円程度が目安です。友人・知人の場合は、現金や商品券ではなく、品物を贈るのが一般的。予算は、3,000〜5,000円程度。とはいえ、人によって経済状況はさまざま。あくまで目安と考えましょう。

正しい水引きと表書き

正しい水引と表書き
贈る時期 誕生日当日
金額の目安 身内は10,000円程度
友人・知人は3,000〜5,000円が目安ですが、贈る側の経済状況に応じた額でOK
表書き 「祝初誕生日」「初誕生日御祝」「お誕生日おめでとう」
水引き 紅白・赤白の蝶結び

最近は、表書きが印刷された物を使うのが一般的ですが、毛筆を使い楷書体で書くのが正式です。印刷された物を使う場合も、毛書体がベター。また、贈り物に「のし紙」をつける場合、「内のしにしますか?外のしにしますか?」と聞かれることがありますよね。一般的に、贈る目的を相手にわかりやすく伝えるなら「外のし」を使います。配送される時は配送伝票が添付されるので、ほとんどが「内のし」です。

贈り物の添え状文例

贈り物には、必ず手紙を添えましょう。贈り物をするうえで、一番大切なことは、贈る側のお祝いの気持ちを伝えること。品物は、あくまで添え物であり、気持ちをこめた手紙こそが重要です。

何を書けばいい?

  • 1歳を迎えたことを心から祝う
  • 最近の成長ぶりにふれる
  • 自分もうれしいことを伝える
  • 今後の健康を祈る
  • なぜ、その品物を選んだかという理由

例文

○○○○(子どもの名前)君の1歳の誕生日を、

心からお祝いします。

ますますかわいく利発になって嬉しい限りです。

これからも健やかに成長してくれるように祈っています。

気持ちばかりのお祝いですが、

つかまり立ちが上手になった○○○○君へ靴を贈ります。

気に入ってくれると嬉しいです。

関東と関西で違いはある?

特に違いはありません。全国的に同じような慣習で行われています。

初誕生日祝い こんな場合はどうする?

  • Q1

    絵本を贈りたい。選び方のポイントは?

  • A

    いろいろな音に興味を示す時期なので、音の出る絵本が喜ばれます。ボタンを押すと、太鼓やピアノの音がする物や、童謡が流れる物など、さまざまなタイプがあります。また、柔らかい布や、シャリシャリした素材など、複数の素材が使われた手触りの違いを楽しめる布の絵本もおすすめです。

  • Q2

    1歳だと、洋服のサイズはどれくらいの物を贈るとよい?

  • A

    一般的には80cmです。でも、これはあくまで平均値。赤ちゃんは1人ひとり、身長も体重も違います。また、ご両親によっては、今すぐ着られる服よりも、しばらくしてから長く着られる服が欲しい場合もあります。せっかくのプレゼントですから、赤ちゃん本人にも、ご両親にも喜んでもらえるよう、事前に必要なサイズを確認しましょう。

昔は誕生日に、上手に歩く子をわざと転ばせた!?

昔は、誕生日当日に、1升のもち米でついた丸餅を赤ちゃんに背負わせ、歩かせていました。そして、上手に歩く子どもをわざと転ばせるのです。 なぜなら、転ぶという行為は、「墓場で転ぶと早死にする」という俗信に代表されるように、"魂を落とすこと""魂が抜け出すこと"と解釈されているから。 赤ちゃんの魂の象徴である1升餅を背負わせた状態で転ばせることで、赤ちゃんがハイハイして過ごしたころからの古い魂を身体から転がり出させて、2本脚で歩くことで、新しい魂の力を身に着けさせることを意図していました。

子供の成長を祝い、その瞬間を写真に残す

赤ちゃんの生まれて初めての誕生日は、古くからお祝いをしている特別なもの。初誕生日ならではの盛大なお祝いとともに、プロカメラマンによる写真撮影もいかがですか? 今だけしか見られない可愛らしい姿を鮮明に残しましょう。

>> 赤ちゃんの誕生日・ハーフバースデー撮影ができる写真館を探す

監修

マナーデザイナー 岩下宣子さん

現代礼法研究所代表。共立女子短期大学卒業。全日本作法会の内田宗輝氏、小笠原流小笠原清信氏のもとでマナーを学び、1985年、現代礼法研究所を設立。マナーデザイナーとして、企業や学校、公共団体などでマナーの指導、研修を実施するほか、講演や執筆活動を行うなど、幅広く活躍。表面的なやり方だけではない心のこもったマナー指導、研修に定評がある。『贈るマナー 贈られるマナー』など、著書多数。

このページの先頭へ