定年退職祝い

ホーム > ギフト・プレゼント > 定年退職祝い

定年退職祝い

定年退職祝いの基本

定年退職祝いの基本

長年勤め上げたことを、会社の仲間や家族、知人などと祝います。
会社内で行う場合は、部課単位で送別会を催したり、お祝いの品を贈ったりするのが一般的。「長年ありがとう」という気持ちを、言葉や品物でしっかり伝えましょう。品物+花を贈るのが通例です。品物は、既製品に限らず、在職中の写真をアルバムにして渡すなど、唯一無二のものを贈るのもおすすめ。その際は、「あのとき○○さんに〜〜していただいたおかげで……」など、「ありがとう」の具体例を添えてください。そうすることで、より感謝の気持ちが伝わります。
身内で行う場合は、お祝いの席を設け、感謝の気持ちと、新たな人生の門出をお祝いしましょう。

喜ばれる定年退職祝いのルール 5ヶ条 定年退職祝いのNG 5ヶ条
  • 長年の勤務を敬う
  • 長年の労をねぎらう
  • その会社に勤務していた証が記念として残る
  • 相手の嗜好に合っている
  • 普段の贈り物とは違うスペシャル感

定年退職祝いは、誕生日などとは違い、一生に一度しかない特別なもの。どんなイベントでも贈られるような、オーソドックスなものではなく、その人の「在職中の歴史」につながるような品物がベストです。

  • 儀礼的な飲み会だけで済ます
  • 贈り物にメッセージを添えない
  • メッセージに定型文を引用する
  • 「4」=死、「9」=苦を連想させるものを贈る
  • 表書きに「退職祝い」「御餞別」を使う

まだ働きたい人に対して「これからはのんびりしてください」など、よくある定型文を引用するのはNG。相手の気持ちを考慮した言葉を伝えるためにも、日頃から情報収集が必要。まだまだ現役という気持ちの人も多いので、表書きに「退職祝い」は不向きです。

贈ってはいけないタブーのアイテム

贈ってはいけないタブーのアイテム

【贈り物 すべてに共通】

  • 下着
  • くし
  • ハンカチ
  • お茶
  • 腕時計

  

  • 万年筆
  • かばん
  • 履き物(靴下・スリッパ)
  • マット

贈り物には、「縁起が悪い」「不吉」など、避けたほうがよいものもあります。気にする人も多いので、特に目上の方に贈る場合は、配慮したほうがよいでしょう。タブーの品としては、下着など「下に身に着けるもの」はタブー。また「くし」もいけません。「九=苦、四=死」につながるからです。ハンカチも漢字で「手巾(てぎれ)」になり、手切れや縁切れにつながるため、選ばないほうが無難です。お茶も弔事(香典返しなど)で使われることが多いため、気にする人もいます。「腕時計」や「万年筆」「かばん」は、「より勤勉」という意味を持つので、目上の方にはNG。ただし、置き時計ならOK。踏みつけることにつながる履き物やマットも避けたほうが無難です。

厳選! 人気の定年退職祝い

会社関係の人へのお祝い  Best5

メッセージ入り花びら

花びらにメッセージを入れられる、スペシャルな花束です。花になじみの薄い男性も、これなら素直に喜べるはず。生花だけでなく、プリザーブドフラワーなど種類もさまざま。

盆栽

縁起がよいとされる盆栽を贈るのも乙なものです。厳しい寒さに耐え、豊かな花を咲かせるや、「難を転ずる」に通じる南天、「御用をまつ」とされる五葉松などが一般的。

工具セット

基本的な工具を揃えたものなら、多様な作業に対応できるので、一家に一セットあると重宝します。スパナセットドライバーセットドリルセットレンチセットなど、種類も多彩です。

体脂肪計・体重計

タニタオムロンパナソニックなどが一般的。体重と体脂肪を量れるシンプルなものがよいでしょう。色はインテリアの邪魔にならないよう、シルバーなどがおすすめです。

ガーデニング用品

ガーデニング用のスコップはさみ長靴などを贈るのもよいでしょう。退職後の趣味がガーデニングという人も多いです。仕事を続ける人にとっても、植物と触れ合う時間は癒しとなるので◎。

家族・友人間でのお祝い Best5

お酒

家族で乾杯するなら、シャンパンスパークリングワインがおすすめ。世界各地のワインや、地ビール海外ビールなどを複数贈って、毎晩、飲み比べてもらうのも楽しいです。

椅子・チェア

退職後は、自宅で過ごす時間が増えるはず。肘掛けソファやロッキングチェア、座椅子など、ゆっくり過ごせる指定席を贈ってみて。庭があるお宅なら、テラスセットもよいでしょう。

デジタル一眼カメラ

デジタル一眼カメラも、定年後の趣味として人気です。これから撮影するであろうイベントを想像するだけで楽しくなります。キヤノンパナソニックニコンソニーオリンパスなどが一般的。

ホームシアタースピーカー

映画鑑賞が趣味の方も多いので、ホームシアタースピーカーも定年退職祝いとして喜ばれます。臨場感が大幅にアップし、迫力のAV環境ができあがります。ソニーパナソニックオンキヨーヤマハなどが一般的。

旅行用かばん

旅行用かばんをプレゼントして、「これからたくさん旅行に行こうね」と約束するのも素敵。海外旅行ならスーツケース・キャリーケース、2〜3泊の国内旅行ならボストンバッグ、アウトドア派にはバックパックなども。

現金や商品券を贈ってもいい?

現金を贈るのは、目上の方には失礼になるので避けたほうが無難。商品券を贈るのは、「お金ではないから贈ってもよい」「金額が分かるから現金と同じ」と、意見が分かれるところ。相手との親密度や相手のものの考え方を考慮して決めましょう。

正しい水引きと表書き

正しい水引と表書き
贈る時期 贈る時期:退職当日の退社時がベスト。ただし、部のトップが席を空ける場合は、トップの人がいるタイミングで渡しましょう。
金額の目安 会社関係 10,000〜30,000円(部署で出し合う合計の金額)
家族 30,000円程度
表書き 「御礼」「謹呈」
水引き 紅白の蝶結び

最近は、表書きが印刷されたものを使うのが一般的ですが、毛筆を使い楷書体で書くのが正式です。また、贈り物に「のし紙」をつける場合、「内のしにしますか? 外のしにしますか?」と聞かれることがあります。一般的に、配送するときは「内のし」です。のしが汚れたり破れたりする可能性があり、また、配送伝票を添付する必要があるためです。手渡しするときには「外のし」にするのが正式。ただし、控え目に贈りたいときは、手渡しの場合でも「内のし」にしても良いでしょう。

贈り物の添え状文例

贈り物には、必ず手紙を付けましょう。贈り物をするうえで、一番大切なことは、送る側の感謝やお祝いの気持ちを伝えること。品物は、あくまで添え物であり、気持ちをこめた手紙こそが一番大切です。

何を書けばいい?

  • 長年勤務、尽力したことへの感謝の気持ち
  • ねぎらいの言葉
  • 会社での具体的な思い出
  • 敬愛の念
  • 体調への配慮と今後へのエール

例文

長年のご勤務、大変お疲れ様でございました。

一口に定年退職といえども、この間、

○○さんには、語り尽くせない多くのご苦労、

ご経験があったことと存じます。

そのような中、愚痴ひとつおっしゃらない

○○さんのことを、大変尊敬いたしております。

どうぞご自愛のうえ、今後も新たな世界にて

ますますお元気にご活躍くださいますよう、祈念いたしております。

関東と関西で違いはある?

特に違いはありません。全国的に、同じような慣習で行われています。

定年退職祝い こんな場合はどうする?

  • Q1

    送別会に参加できない場合、個別に品物を贈ってもよい?

  • A

    ビジネス上の贈り物は、職場単位で行うのが基本。したがって、送別会を行うにあたって、品物も職場単位で用意しているなら、個別に贈る必要はありません。どうしても贈りたい場合は、あくまでプライベートな贈り物と考え、会社以外の場所で渡すのがマナー。送別会に参加できない旨を伝え、ランチなどで外出した際、さらりと渡しましょう。ただし、重たいものや、かさ張るものは持ち帰るのが大変なので、自宅に郵送を。

  • Q2

    再就職する予定の方に、「退職祝い」を贈ってもよい?

  • A

    定年後、再就職をするにしても、現在の会社では「定年退職」するわけですから、プレゼントを贈るのはもちろんOK。おめでたいことであると同時に、人生の大事な節目なので、ぜひお祝いしましょう。ただし、表書きは「御礼」にしましょう。再就職をする方は、まだまだ働く意欲にあふれ、現役気分のはず。仕事から遠ざかるような印象のある「退職祝い」は、しっくりきません。

  • Q3

    父が定年退職。家族内でお祝いするべき?

  • A

    お祝いの席を設け、ぜひ家族でもお祝いしましょう。定年とはいっても、最近は、再就職をしたり、勉強をし直したり、趣味やボランティアにいそしんだりと、新たな人生の節目として捉えられています。感謝の気持ちとともに、新たな出発を祝うような会にしてください。遠方の場合は、退職後に日を改めて行ってもよいでしょう。ただし、品物とメッセージは、できれば退職当日に届くように手配し、事前にねぎらいの気持ちを伝えましょう。

監修

マナーコンサルタント 西出ひろ子さん

ウイズ株式会社・HIROKO STYLE株式会社代表取締役。社団法人マナー教育推進協会代表理事。さまざまな業種のマナー研修を行うほか、NHK『龍馬伝』のマナー指導も担当。「互いがハッピーになるマナー」がモットー。「相手の立場に立って、相手が喜ぶことをするのが真のマナー。“マナー”と“しきたり”は違うんです。しきたりに縛られ、通り一遍なことをするのは、むしろマナー違反。相手を思いやり、どうすれば喜んでくれるのかを考えて接することが何より大切です」

このページの先頭へ