クーラーボックス 通販 価格比較

> > クーラーボックス

キーワード検索

関連特集

【アイテムナビ】業務用食材

【アイテムナビ】業務用食材

業務用食材・業務用ドリンクなどをジャンル別にご紹介いたします。(2016年4月15日掲載)

【アイテムナビ】天体観測

【アイテムナビ】天体観測

10/8の皆既月食を観察しよう!(2016年4月15日掲載)

クーラーボックス メニュー

  • ※掲載情報は、2016年06月26日08時55分 の情報です

価格.comで「クーラーボックス」を探そう!

肉・魚・野菜を新鮮なまま、ビールやジュースを冷たいまま味わいたい!「クーラーボックス」を手に入れれば、そんな願いがすぐにかないます。食事をする人数や入れる食材に合った、少しでも持ち運びやすい「クーラーボックス」を選んでください。

「クーラーボックス」の種類と選び方

以前は、頑丈で保冷効果が最も高い「ハードタイプ」が主流でしたが、最近では軽くて便利な「ソフトタイプ」や、重いものでも楽に運べる「キャスター付き」も人気です。

ハードタイプ

ハードクーラー

外装に硬質ステンレスやプラスチックを用いたタイプです。柔らかく傷みやすい肉や魚、野菜などをしっかり守ってくれます。ただし非常に重いため、サイズ・容量を選ぶ際には注意が必要です。

ソフトタイプ

ソフトクーラー

アルミシートやビニールレザー、化学繊維など、柔らかく軽量ながら、水に強く断熱効果が高い素材を用いたタイプです。缶やビン、ペットボトルに入った飲み物を運ぶのに適しています。

キャスター付き

キャスター付き

キャスターやハンドルを備え、重くなっても楽に運べるよう設計されたタイプです。ハードとソフト、両タイプともありますが、未舗装の場所ではまっすぐ進めず、むしろ運搬が困難になります。

クーラーボックスが大きすぎると、重くて持ち運びにくくなります!

ハードタイプには、50リットルを超える大容量タイプのものがあり、中には150リットルを超えるものも存在します。しかしそれらは、船釣りでの使用を想定したものです。巨大な魚を保管して、船で運ぶのには適していても、食べ物を入れて河原やキャンプ場の中を運ぶのは、あまりにも重くなりすぎるため実際には不可能です。

道が悪くてキャスター付きのクーラーボックスでは移動できない場合、手で持ち運びできるように、容量と重さを小分けにしつつ、食べ物に適したハードタイプと、飲料に適したソフトタイプの両タイプを使い分けると良いでしょう。なお、家族4人が1泊2日のキャンプをするには、トータルで40〜50リットルの容量が必要と言われています。

「保冷剤」も忘れずに!

保冷剤

「クーラーボックス」は、冷蔵庫のように温度を下げてくれるわけではなく、あくまで温度を維持してくれるものです。長時間、暑い外気や日光にさらされたり、フタを何度も開けるうちに、どんどん中の温度は上がってしまいます。

温度が上がるのを防ぐために必須なのが「保冷剤」です。溶けても冷凍庫でまた凍らせれば再利用できます。保冷剤には、固く重い包装のハードタイプの保冷剤と、包装が柔らかく軽量で変形させやすいソフトタイプの保冷剤があります。保冷剤をクーラーボックスに入れる際は、ハードタイプの保冷剤を冷やしたい物の周囲に配置し、ソフトタイプの保冷剤は上にかぶせるように置くと、効率よく冷たい温度を維持できます。

   L  
kg     
メーカー名 価格円以下  

※カンマ(,)は入力しないでください。

 
 
 
 
 
 
  • ※掲載情報は、2016年06月26日09時05分の情報です

クーラーボックス 製品&レビューピックアップ

買ってよかった! ユーザーレポート

クーラーボックスに関するメーカー・製品関連の新着クチコミ・レビュー

クーラーボックスに関する質問

役立つ質問&回答がたくさんあります

クーラーボックス なんでも掲示板

クーラーボックスに関する話題ならなんでも投稿できる掲示板

クーラーボックス トレンド

  • メーカー
  • 価格帯
  • スペック

価格.comにおいて、どのメーカーの製品が売れ筋なのかがわかります。製品選びの参考にしてください。

棒グラフ円グラフ
  • 2016年5月のトレンド情報です

クーラーボックス 関連特集・記事

知らなきゃ損! 初心者向け登山のハウツー

関連カテゴリ:ライト・ランタン,クーラーボックス,アウトドア用GPS,他

知らなきゃ損! 初心者向け登山のハウツー

山開きシーズン到来! 富士山の世界遺産登録などもあり、盛り上がりを見せる登山ですが、「山ガールは知ってるけれど、どんなアイテムが必要なの?」なんて声もチラホラ。そこで、初心者の方必見の登山用マニュアルをご用意しました。これを見て、ザ・アウトドアな休日をお楽しみください!(2014年7月掲載)

商品選びから調理のポイントまで! バーベキューガイド

関連カテゴリ:クーラーボックス,アウトドア用テーブル,アウトドア用チェア,他

商品選びから調理のポイントまで! バーベキューガイド

家族や友達、恋人とBBQを楽しみたい。でも、初めてだから不安…。そんな人のために、道具選びからBBQをする上で大切なポイントまでを分かりやすく親切に解説します。本特集を片手に、あなたも自然の中でしか体験できない美味しい空気と料理を味わってみませんか?(2012年7月掲載)

製品選びのポイントを教えます!オートキャンプ必需品リスト

関連カテゴリ:ライト・ランタン,クーラーボックス,寝袋・シュラフ,他

製品選びのポイントを教えます!オートキャンプ必需品リスト

オートキャンプとは、車に荷物を積んで、気持ちのよいロケーションを楽しみながら行うキャンプのこと。荷物を多く運べて移動も簡単にできるので、気軽に楽しめます。必要な装備を整えて、大自然を楽しみましょう!(2012年7月掲載)

日常で使うからこそ災害時にも活躍! スノーピークの優れモノ

関連カテゴリ:保存食・保存水,簡易トイレ,消火器・消火用品,他

日常で使うからこそ災害時にも活躍! スノーピークの優れモノ

東日本大震災から1年が過ぎた。アウトドアショップでは今も、フィールド用具を求める人たちは増加傾向にある。当然災害時を想定してのことではあるが、一方で、どうせならバーベキューやキャンプ、日常生活でも使えるものが欲しいというのが購入者の正直な心情だろう。(2012年4月掲載)

ウェアもライトも超軽量・高機能!災害時も活躍のモンベル商品

関連カテゴリ:ライト・ランタン,クーラーボックス,アウトドア用GPS,他

ウェアもライトも超軽量・高機能!災害時も活躍のモンベル商品

東日本大震災が発生して1年が経とうとしている。いまだ生々しい記憶が残る中、遠くない将来、首都圏を中心に直下型の大地震が起こる可能性があることが政府の地震調査委員会や東京大学地震研究所のチームから発表され、我々の危機意識は高まる一方だ。(2012年3月掲載)