価格.com

パソコン

自作PCパーツの選び方 - 利用目的別に組み立てのポイントを網羅!

  • 自作PCパーツの選び方 - 利用目的別に組み立てのポイントを網羅!

パソコンの自作は、簡単で楽しい!自作PCパーツの選び方まとめ

プラモデル感覚で、自分だけのオリジナルPCが作れます

「3Dゲームを快適に遊びたい!」「低予算だけど使いやすいPCがほしい!」「静かなPCで作業に集中したい!」など、市販の完成品PCではかなえることができない、自分の目的にぴったりな1台を制作できるのが自作PCの魅力です。難しそうに思えるかもしれませんが、難易度は初心者向けのプラモデルと変わりません。自分だけのオリジナルPCを簡単に作れる自作PCを始めてみませんか?

自作PCのメリット

自分だけの1台を“作り上げる”ことができる自作PCの長所は、用途に最適な構成となる各PCパーツを選べるだけではありません。費用対効果が高く、メンテナンスがしやすく、コストパフォーマンスに優れたPCを作ることができるのです。ここでは、自作PCのメリットをチェックしてみましょう。

メリット1 安い

市販PCでは、すべてのパーツのグレードが同程度に揃えられていますが、自作PCではパーツの構成を自由に変更できます。たとえば、CPUは高性能なモデルを選択する一方で、ほかのパーツを廉価帯にしたり、型落ちの特売品を使ったり。このように、パーツのグレードをうまく調整することで、トータルの価格を低く抑えることができるのです。

向いているのこんな人!

より性能の高いPCを安く手に入れたい人

市販PCの価格の高さに不満を感じている人

メリット2 長く使える

PCは、年々性能が飛躍的に進化していきます。たとえば、処理性能を決めるCPUは高速化し、メモリーも大容量化していきます。自作PCでは、PCを構成するパーツを簡単に交換できます。つまり、自分でパーツをこまめに入れ替えることで、本体を買い替えなくても常に最新の環境でPCを利用できるのです。

向いているのこんな人!

いつも最新の高性能パーツを利用したい人

PC買い替え費用を節約したい人

メリット3 メンテナンスが楽

自作PCは、パーツの追加や取り外しが簡単なため、メンテナンスが楽です。そのため、故障した場合も、不良パーツだけを交換すれば修理が完了します。日頃からフタを取り外してホコリ掃除をすれば、トラブル防止効果があります。トラブルが少なければ、結果的にランニングコストも抑えられます。

向いているのこんな人!

修理費用を安く抑えたい人

すぐに自分で修理したい人

こまめに掃除をしたい人

メリット4 パーツ単位で売却処分できる

自作PCは、古くなったパーツを最新のものに交換して、性能をアップさせることができます。PCパーツ取扱店やネットオークションでは、パーツ単位で中古品の買い取り・販売を実施しているため、新しいパーツの購入費用を安く抑えることができます。

向いているのこんな人!

PCの性能を安くグレードアップさせたい人

処分費用に不満を感じている人

パーツの選び方

1.使用目的にあった自作PCタイプを決める 2.パーツ構成を決める 3.各パーツの選び方をチェックする

1.使用目的にあった自作PCタイプを決める

自作PCのパーツの組み合わせは無限大。どんなパーツを選べばいいのか迷ってしまう人も多いでしょう。ここでは、「ハイスペックPC」や「エコPC」「リビングPC」など、PC利用目的を例に挙げ、それを実現すためのパーツ選択方針を案内します。自作PCの基本パターンですので、オリジナルPC作りの参考にするとよいでしょう。

ビデオカードやSSDなど高速性重視!ハイスペックPC

ハイスペックPC

予算

性能

こんな人に最適
最新の3Dゲームや画像・映像編集ソフト
をバリバリ使いたい!

4K映像や高画質画像の編集、最新技術を採用した3Dゲームなど、PCに大きな負荷のかかる作業をすることが目的なら、予算の許すかぎり、ハイスペックなパーツを選びましょう。高性能なCPUや大容量のメモリー、最新ビデオカードなどを使用することで、PCの処理速度が大幅に上がり、快適な環境で作業を進めることができます。

ハイスペックPC
構成の決め方へ

コスパに優れた低電力パーツを使用!エコPC

エコPC

予算

性能

こんな人に最適
インターネットの閲覧や計算ソフトが
使えればいいので、コストを抑えたい!

仕事や学校の書類作成、インターネット、簡単な写真の処理など、比較的負荷の少ない作業がPC利用の中心なら、それほど高性能なパーツは必要ありません。低消費電力のパーツを選ぶと、電気代などランニングコストも抑えることができます。

エコPC
構成の決め方へ

静音性やデザインのよさに注力!リビングPC

リビングPC

予算

性能

こんな人に最適
リビングの大画面テレビに接続して
動画コンテンツを楽しみたい!

普段視聴しているテレビにPCを接続すれば、そのテレビをモニター代わりにしてインターネットを楽しんだり、大画面で画像や動画を見たりすることができます。そんなリビングPCを作るなら、PCケースのデザインや、団らんをじゃましない静音性にこだわりましょう。

リビングPC
構成の決め方へ

大容量HDD搭載で録画・保存に特化!テレビPC

テレビPC

予算

性能

こんな人に最適
レコーダーのように、複数チャンネルの
テレビ番組を同時に録画したい!

PCをテレビやレコーダー代わりに利用することもできます。そのために必要なパーツがテレビチューナー。複数番組の同時視聴や録画ができるマルチチューナーを選べば、見たい番組が重なったときにも安心です。また、たくさんの番組を録画保存できるように、大容量のHDDも搭載しましょう。

テレビPC
構成の決め方へ

複数モニター環境と安定性を追求!デイトレPC

デイトレPC

予算

性能

こんな人に最適
株やFXなど、オンラインでの
金融取引を快適に行いたい!

デイトレーダーにとって重要なのは、情報取得の速さ。各ウェブサイトや専用ツールを同時に閲覧できるよう、複数のモニターを利用するマルチモニター環境を整えましょう。また、フリーズなどで売買チャンスを逃さぬように、PC本体とインターネット接続の安定性を追求することも重要です。

デイトレPC
構成の決め方へ

将来性と拡張性を考慮!カスタム用ベースPC

カスタム用ベースPC

予算

性能

こんな人に最適
今は特に目的はないが、目的が見つかった
ときにカスタムしやすいPCがほしい!

パーツを追加・交換することで、簡単に機能を拡張できるのが自作PCの特徴。そんな拡張性の高さを重視するのならば、接続端子の多いマザーボードや、HDDなどの設置場所であるベイやパーツ追加スペースが豊富な大きめのPCケースを選択しましょう。

カスタム用ベースPC
構成の決め方へ

2.パーツ構成を決める

パーツ構成の鉄則 その1.核となるパーツを決める その2.核パーツに最適なマザーボードを決める 3.その他のパーツを選ぶ

最初に、PC利用目的を実現するための「核」となるパーツを選びます。次に、その核となるパーツを搭載するためのスロット(接続端子)を装備しているかどうかに着目しながら、メイン基板「マザーボード」を決めましょう。

マザーボードが決まれば、マザーボードの各スロットの形状・規格に合わせて、その他のパーツを自然に絞り込むことができます。

核となるパーツが特にない場合は、PCのパワー(処理能力)を左右するCPU、または設置場所に沿ったサイズとデザインの「PCケース」を先に決め、それに対応した大きさのマザーボードを選ぶとスムーズです。

タイプ別パーツ構成の決め方

ハイスペックPCのパーツ選び

予算

性能

核となるパーツ

ビデオカード

たとえばGeForce GTX 1060以上またはRadeon RX 560以上

GeForce GTX 1060以上の
パーツを見る

Radeon RX 560以上の
パーツを見る

CPU

たとえばCore i7以上またはRyzen 7以上

Core i7以上の
パーツを見る

Ryzen 7以上の
パーツを見る

パーツ構成を決める順番

  1. 目的のゲームやソフトが推奨しているスペック以上のビデオカードCPUを選ぶ
  2. そのビデオカードとCPUが搭載できるマザーボードを選ぶ
  3. そのビデオカードとマザーボードが搭載できるPCケースを選ぶ
  4. そのマザーボードに対応した規格のメモリーSSDを選ぶ
  5. すべてのパーツが安定して動作する容量の電源ユニットを選ぶ

エコPCのパーツ選び

予算

性能

核となるパーツ

CPU

たとえばTDP35W以下の低電力モデル

TDP35W以下の低電力モデル
を見る

電源ユニット

たとえば80 PLUS Bronze以上の高変換効率モデル

80 PLUS Bronze以上の
高変換効率モデルを見る

パーツ構成を決める順番

  1. 目的の操作が可能なレベルのCPUの中から、TDP(消費電力)の低いモデルを選ぶ
  2. そのCPUが搭載できるマザーボードを選ぶ
  3. そのマザーボードに対応した規格のメモリーPCケースHDDを選ぶ
  4. すべてのパーツが安定して動作する容量の電源ユニットを選ぶ。その際、変換効率に着目する

リビングPCのパーツ選び

予算

性能

核となるパーツ

PCケース

たとえばMicroATXケース、Mini-ITXケース

MicroATXケースを見る

Mini-ITXケースを見る

ケースファン

たとえば低回転で使用できる大口径モデル

低回転で使用できる大口径モデル
を見る

パーツ構成を決める順番

  1. リビングに置きたいと思えるデザイン・サイズのPCケースを選ぶ
  2. そのPCケースに装着できるサイズのマザーボードを選ぶ
  3. そのマザーボードに搭載可能なCPUメモリーSSDを選ぶ
  4. すべてのパーツが安定して動作する容量の電源ユニットを選ぶ。※静かさにこだわるなら、静音性の高い電源を選び、ケースファンを静音モデルに交換する。CPUクーラーを静音モデルに交換するのも効果大。

テレビPCのパーツ選び

予算

性能

核となるパーツ

PC用テレビチューナー

たとえば発売日が新しいモデル

発売日が新しいモデル
を見る

HDD

たとえば4TB以上の3.5インチHDD

4TB以上の3.5インチHDD
を見る

パーツ構成を決める順番

  1. 複数チャンネル同時録画や追っかけ再生など、目的に合ったPC用テレビチューナーを選ぶ
  2. 必要な録画ディスク容量を考え、購入するHDDの容量と台数を決める
  3. そのPC用テレビチューナーとHDDが搭載できるマザーボードを選ぶ
  4. そのマザーボードに対応した規格のCPUメモリーPCケースを選ぶ
  5. すべてのパーツが安定して動作する容量の電源ユニットを選ぶ

デイトレPCのパーツ選び

予算

性能

核となるパーツ

ビデオカード

たとえば4画面以上の画面出力に対応した製品

4画面以上の画面出力に
対応した製品を見る

マザーボード

たとえばオンボードLAN対応製品

オンボードLAN
対応製品を見る

パーツ構成を決める順番

  1. 4画面以上の画面出力に対応したビデオカードを選ぶ
  2. そのビデオカードが搭載できるマザーボードを選ぶ
  3. そのビデオカードとマザーボードが搭載できるPCケースを選ぶ
  4. そのマザーボードに対応した規格のCPUメモリーSSDを選ぶ
  5. すべてのパーツが安定して動作する容量の電源ユニットを選ぶ

カスタム用ベースPCのパーツ選び

予算

性能

核となるパーツ

マザーボード

たとえばPCIやPCI Express、M.2などの拡張端子が多い製品

PCIやPCI Express、M.2などの
拡張端子が多い製品を見る

PCケース

たとえばベイ数が豊富なATXケース

ベイ数が豊富なATXケース
を見る

パーツ構成を決める順番

  1. 豊富な拡張端子を搭載するマザーボードを選ぶ
  2. そのマザーボードに対応し、かつベイが豊富なPCケースを決める
  3. そのマザーボードに対応した規格のCPUメモリーHDDを選ぶ
  4. すべてのパーツが安定して動作する容量の電源ユニットを選ぶ

3.各パーツの選び方をチェックする

自作PCを構成するパーツの選び方を紹介します。とはいえ、同じパーツでも規格にバリエーションがあるため、ここだけで選び方のすべてを紹介することができません。もっと詳しく知りたい場合には、各パーツの選び方ガイドを参照しましょう。

  • CPUPCの性能(処理速度)に直結

    CPU

    選び方のポイント基本的に、高価なほど高性能。「クロック」が高いほど計算が速く、「コア」の数が多いほど同時処理性能が高くなります。「ソケット」と呼ばれる接続端子の形状がCPUによって決まっているので、必ずチェックしましょう。また「TDP」が低いほど低消費電力で、省エネにつながります。ハイスペックPCなら「Core i7」または「Ryzen 7」を、エコPCならインテル製の低消費電力モデルを選ぶのが無難です。

    CPUの
    選び方を詳しく見る

  • マザーボード各パーツを接続するメイン基板

    マザーボード

    選び方のポイントCPU、メモリー、HDD、ビデオカードなど、各パーツをつなげる役割を担うパーツです。まずは、目当てのCPUが挿し込めるか「ソケット」をチェック。次に、サイズなどを規定している規格「フォームファクタ」でPCケースに入るサイズかどうかを確認します。さらに、映像出力端子の種類や、「PCI Express」「M.2」「SATA」などの拡張端子の種類と数も押さえておくべきポイントです。拡張性重視なら、ATXマザーボードを選んでおくと安心です。

    マザーボードの
    選び方を詳しく見る

  • メモリー容量が大きいほど快適に動作

    メモリー

    選び方のポイント作業中のデータを一時的に保存しておくためのパーツで、容量が多いほど、PCが快適に動作します。容量は最低でも4GBを、できれば8GB以上を選びたいところです。CPUとマザーボードによって使用できるメモリーの規格は決まっているため、購入時には注意が必要です。2017年以降に発売されたメモリー製品のほとんどは「DDR4」となっています。なお、一部の小型マザーボードは、ノートPC向けの小型メモリー「SO-DIMM」しか使用できないので注意しましょう。

    メモリーの
    選び方を詳しく見る

  • HDD価格差が小さいので4TBを

    HDD

    選び方のポイントHDDはデータを保存しておくためのパーツです。近年は、動画など扱うデータのサイズが大きくなっているため、できるだけ容量が大きいものを選びましょう。デスクトップ向けの3.5インチHDDとしては、2TB、3TB、4TBのモデルが主流ですが、それぞれの価格の差はとても小さくなっているため、余裕を持って「4TB」モデルを搭載しておくのが無難といえるでしょう。HDDの「回転数」については、速度を求めるなら「7200rpm」、静音性重視なら「5400rpm」を選ぶのが一般的です。

    HDDの
    選び方を詳しく見る

  • SSDHDDよりも高性能だが、高価

    SSD

    選び方のポイントHDDよりも高速・静か・衝撃に強いが、高価といった特徴があるデータ保存パーツです。「2.5インチ」タイプと「M.2(Type2280)」タイプの2規格が主流です。一般的なのは前者ですが、マザーボードに端子がある場合は後者を選択してもよいでしょう。容量は、OSなどシステム用にSSDを使い、別途データ保存用にHDDを併用するなら「128GB」あれば問題ありません。SSD1つでデータ保存もまかなう場合は、「512GB」程度は必要となります。

    SSDの
    選び方を詳しく見る

  • ビデオカード映像処理能力と出力数を強化

    ビデオカード

    選び方のポイント3Dゲームや大容量の映像データの処理、4画面以上のモニターを利用するために必要です。前者の場合には「GeForce GTX 1070」以上のハイスペックビデオカードを推奨。それよりも動作の軽い3Dゲームなら「GeForce GTX 1060」や「Radeon RX 560」を目安に選びましょう。複数のモニターに出力したい場合は、映像出力端子の数や同時出力数についてあらかじめチェックしておきましょう。なお、「Ryzen」など、グラフィック機能を内蔵していないCPUを使用する場合は、ビデオカードが必須です。

    ビデオカードの
    選び方を詳しく見る

  • PCケースフォームファクタをチェック

    PCケース

    選び方のポイント各パーツを収める箱です。選び方のポイントは、選択したマザーボードのサイズ(フォームファクタ)に適合しているかどうか。しかし、デザインにこだわる場合は、先にPCケースを選んでからマザーボードをチョイスしても問題ありません。ただし、将来的にパーツを増設するなど、PCの機能拡張を検討しているならば、拡張カード搭載可能数やドライブベイの数も考慮しておきましょう。

    PCケースの
    選び方を詳しく見る

  • 電源ユニット電力を供給する重要なパーツ

    電源ユニット

    選び方のポイント電源ユニットは、各パーツに電力を供給する役割を担うため、PCの安定性や省エネにも関わってきます。まず、各パーツの消費電力を合算し、余裕のある電力容量の製品を選びましょう。一般的にはビデオカードを搭載しない場合には400Wあれば十分で、ビデオカード1枚を用いる場合でも600W程度あれば問題ありません。省エネ性能を重視する場合は、変換効率が高い「80PLUS認証」を取得した製品を選びましょう。

    電源ユニットの
    選び方を詳しく見る

  • PC用テレビチューナーPCでテレビ視聴もしたい場合に必要

    PC用テレビチューナー

    選び方のポイントPCでテレビ番組の視聴が可能となるパーツです。まず、録画機能、複数番組同時視聴機能、追っかけ再生、CMスキップなど、必要な機能があるかどうかを確認しましょう。次に、内蔵タイプか外付けタイプかを確認します。内蔵タイプは導入の難易度が少し高めですが、高性能で場所も取りません。外付けタイプはUSB端子に挿し込むだけで手軽ですが、性能は低めで設置スペースが必要です。また、製品にワンセグ受信アンテナを備えたものもあります。

    PC用テレビチューナーの
    選び方を詳しく見る

  • ブルーレイドライブ「Ultra HD Blu-ray」対応モデルも登場

    ブルーレイドライブ

    選び方のポイントブルーレイディスクの読み込みや書き込みが可能となるパーツです。まず、「再生専用」か「再生・書き込み両対応」かチェック。そして、より高画質な「Ultra HD Blu-ray」に対応しているかどうかを確認します。話題の4Kコンテンツを楽しみたい場合には、「Ultra HD Blu-ray」対応モデルを選びましょう。なお、ブルーレイメディアへのデータ書き込みを頻繁に行う予定ならば、書き込み速度が速いモデルを選ぶと作業時間を短縮できます。

    ブルーレイドライブの
    選び方を詳しく見る

  • DVDドライブ書き込み可能なメディアの種類は要チェック

    DVDドライブ

    選び方のポイントDVDの読み込みや書き込みが可能となるパーツです。DVDドライブは、開発から20年程度が経過した成熟パーツであるため、各製品の間に大きな違いはなくなりました。しかし、念のためDVD±R、DVD±RW、DVD-RAMのすべてのメディアに書き込みが行えるか、チェックしておくと安心でしょう。ちなみに、USB接続の外付けタイプも、現在では安価に入手できます。

    DVDドライブの
    選び方を詳しく見る

  • OSWindows 10が最有力候補

    OS

    選び方のポイント特別な意図がないかぎり、OSは「Windows 10」を選ぶとよいでしょう。PCショップで販売されるWindowsには、「パッケージ版」と「DSP版」があります。「パッケージ版」は、誰でも利用できる製品です。一方、「DSP版」は、特定のPCパーツを購入する人だけに販売されるもので、購入したPCパーツと一緒に利用しなければならないという条件があります。DSP版は、パッケージ版より2〜3割ほど安い価格で購入できるため、自作派に人気があります。ただし、マイクロソフトによる無償サポートがありません。

    OSの
    選び方を詳しく見る

自作PCパーツ購入時のポイントと注意点

その1.販売形態を確認「リテール」または「バルク」 その2.保証期間を確認 その3.保証窓口を確認

  • リテール品の例
    バルク品の例

    その1

    販売形態を確認「リテール」または「バルク」

    自作PCパーツの一部には、「リテール」と「バルク」の2種類の販売形態があります。「リテール」はPCパーツメーカーが一般消費者向けに出荷した正規品で、「バルク」はPCメーカー向けに出荷した組み込み用製品をショップが独自に販売する形態の商品です。製品(中身)自体は同じですが、「リテール」が化粧箱に入っている一方で、「バルク」は"プチプチ"や質素な"茶箱・白箱"での簡易包装のみとなっています。そして、大きな違いは保証内容と価格。ほとんどの場合、リテール品はメーカーまたは輸入代理店による保証がありますが高価、バルク品は販売店による保証のみですが安価といった特徴があります。

  • その2

    保証期間を確認

    PCパーツの保証は、製品によって異なります。リテール品の場合、ほとんどのパーツはメーカー1年保証付きですが、CPUやビデオカードは2〜3年、電源は5〜12年、メモリーは永久保証をうたう製品もあります。長期間使いたい場合には、保証期間も忘れずにチェックしましょう。前述のとおり、バルク品は保証が最低限しかない場合が多く、中古品の場合には保証期間がきわめて短い場合もありますので、保証内容の確認は必須です。なお、「ジャンク品」「ジャンク扱い」は、動作保証が一切ない、上級者向けのアイテムです。はじめから壊れていても返品できないので、初心者は間違って購入しないように注意しましょう。

  • その3

    保証窓口を確認

    PCパーツを購入する際、故障時の対応窓口を事前に確認しましょう。ショップが店頭や郵送で故障品を受け付けてくれるのか、自分自身でメーカーのサポート窓口に問い合わるのか、メーカーが海外の場合は国内代理店が受け付けてくれるのか、それとも海外メーカーと直接やり取りしなければいけないのか。不安な場合は、ショップの延長保証などを利用し、販売店に窓口となってもらうのがよいでしょう。

困ったときのFAQ

構成編

マザーボードがインテル製CPU向けかAMD製CPU向けかはどこで判断すればいいの?

基本的に、マザーボードは、インテルまたはAMDのどちらかのCPUのみのサポートです。そのため、パッケージやWebページ、カタログに目立つように記載されていますので、確認しましょう。また、価格.comの製品比較ページでも確認できます。「CPUソケット」の項目に「LGA〜〜」と記載があればインテル向け、「Socket〜〜」ならAMD向けのマザーボードです。

とにかく「速い」パソコンがほしいけれど、どこにこだわればいい?

「速い」にもたくさんの意味があります。たとえば、大きなデータの画像を処理したり、一度にたくさんの計算をしたりする場合は、CPUの性能が重要です。一方で、複数の作業を同時に行う場合には、CPUのコア数やメモリーの役割が大きくなります。また、OSの起動やソフトの起動にかかる時間を短縮させたいのならば、読み込み速度が速いSSDを導入しましょう。PCで何をしたいのか、目的をはっきりさせると、強化対象パーツを絞りやすくなります。

組み立て編

PCを自作するには特別な工具が必要ですか?

特別な工具は不要です。プラスドライバーがあれば大丈夫です。必要なネジなどは、基本的にパーツに同梱(どうこん)されています。

PCを組み立てる際に注意すべきことは?

静電気を発生させないように注意しましょう。特に、マザーボードやメモリー、CPUなどの基板に静電気を発生させると、故障の直接の原因になります。作業前には、窓枠などの金属に触れて、体にたまった静電気を逃がしましょう。

電源が入らない、入ってもすぐに落ちてしまうんだけど…

まず考えられるのが、スイッチの誤り。電源ユニット自体にもオン/オフのスイッチがあるので、もう一度確認しましょう。次に、接触不良です。電源ユニットから出ているケーブルが、マザーボードや各パーツにきちんと挿し込まれているか確認します。それでも解決しない場合には、パーツの故障が考えられます。最小構成(CPU、マザーボード、メモリーだけ)で起動を確認したあと、パーツを1つずつ接続していき、どの時点でトラブルが発生するか、確認してみましょう。

パーツ交換編

パーツを買い替える場合に注意すべきことは?

規格と互換性は必ずチェックしましょう。PCのパーツは年々進化し、新たな規格も続々と登場します。そのため、パーツの規格とマザーボード側の規格があっているかどうか、新規格と旧規格の間に互換性はあるかどうかを確認しましょう。

最新のOSに対応しているパーツの見分け方は?

ドライバがそのOSをサポートしているかどうかが重要です。製品のカタログやWebページに記載があるので、購入前に確認しましょう。なお、この特集で紹介したパーツの中で対応がシビアなのは、PC用テレビチューナーです。テレビPCを作る場合には、必ず対応OSをチェックしてください。

用語集

ストレージ

データをためておくパーツのこと。PCの場合には、HDDやSSDのことをさします。

光学ドライブ

CDやDVD、ブルーレイなどの「光学メディア」を読み取るドライブのこと。PCソフトの読み取りにも使用します。

BIOS

マザーボードに搭載されている基本的なプログラムで、CPU、HDD、キーボード、ディスプレイなどハードウェアを制御します。

UEFI

BIOSの後継となる機能です。マウスで設定操作をできるようになるなど多数の新機能を備え、BIOSより扱いやすくなっています。

ドライバ

OS上で各ハードウェアを動かすために必要なプログラムのこと。自作PCの場合、マザーボードやビデオカードなどのドライバをWindowsにインストールしないと、一部の機能に制限が発生するなどして、正常に動作しません。

ローエンド、ミドルレンジ、ハイエンド

安価な製品、一般的な製品、高価で高性能な製品という意味です。明確な定義はありませんが、たとえば、インテルのCPUならCeleronやPentium Gシリーズがローエンド、Core i3やCore i5がミドルレンジ、Core i7がハイエンドといえるでしょう。

ベアボーン

PCケースやマザーボードなどの基本パーツがセットとなって販売される自作PCキットです。CPU、メモリー、光学ドライブなど、キットに含まれていないパーツを自分で購入して取り付けるだけで、自作PCが完成します。いちから選ぶ手間を省けるほか、全体的な価格を安く抑えられるメリットがあります。

オーバークロック

CPUやメモリーの動作クロックを上げることで処理速度を引き上げる、上級者向けのテクニックです。パーツに高い負荷がかかる行為のため、故障しても保証を受けられない場合があります。また、消費電力も高くなります。

フォームファクタ

マザーボードの大きさやねじ穴の位置などを規定している規格。もっとも標準的なATX、ATXを小型化したMicro-ATX、さらに小さいMini-ITXの3種類が主流となっています。

ベイ

PCケースにおける、HDDやSSD、光学ドライブなどを設置する場所のことです。SSDやノートPC向けの2.5インチHDDを設置する2.5インチベイ、3.5インチHDDなどを設置する3.5インチベイ、ブルーレイドライブなどの光学ドライブを設置する5.25インチベイの3種類があります。

SATA

シリアルATAの略で、マザーボードにHDDなどの記憶ドライブやDVDドライブなどの光学ドライブを接続するためのインターフェース規格です。

PCI/PCI Express

マザーボードにUSB端子を増やす拡張カードやビデオカードなどを接続する際のデータ転送規格。PCI ExpressはPCIの後継にあたる規格ですが、両者に互換性はありませんので注意が必要です。

ページの先頭へ

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止