DVDメディアの選び方

ご利用案内
ホーム > パソコン > DVDメディア > DVDメディアの選び方

DVDメディアの選び方

価格.com ユーザーが編集するDVDメディアの選び方のガイドです。DVDメディア選びに必要な基礎知識、用語解説はこちらでチェック!

概要編集する

書き込み/書き換え可能なDVDメディアについては、さまざまな規格が乱立し、普及期には消費者の混乱の元となったが、昨今ではほぼ全ての規格に対応したドライブが一般化したことで、基本的にはどのメディアでも利用可能となっている場合が多い。

主なDVD規格

一回のみ書き込み形
  • DVD-R
  • DVD-R DL
  • DVD+R
  • DVD+R DL
  • HD DVD-R(これのみ特殊フォーマットのため対応機器は少ない)
書き換え可能型
  • DVD-RW
  • DVD+RW
  • DVD-RAM


最終更新:28d 2011/03/31 21:04:17

選び方のポイント編集する

製造国

国産品の人気が高い。

書き込み対応速度

所持しているドライブが何倍速まで対応しているか確認する。

レーベル面

文字を書き込む面がどのようになっているか。近年は白や銀の無地のものも多く、プリンタでのレーベル面印刷に対応したものなどがある。

最終更新:ジミヘンド・リックス 2009/10/26 12:28:43

FAQ(よくある質問と回答集)編集する

用途

※参考まで必要に応じてメディアも選ぶ

DVD-R(4.7GB/8.5G)など最後にRだけが付いた商品1回書き込み安価(1枚当たり50円前後〜)で色んな場所ですぐ入手しやすい。録画用はほとんどCPRMに対応している。
DVD-RW・RAMなど(4.7GB)繰り返し使える安価(1枚当たり50円前後〜)で購入できる。録画用はCPRMに対応している。RAMはDVD/BDドライブではほとんど使えるが、レコーダーではパナソニックしか記録に対応していない。ただし再生はほとんどのレコーダーで出来る。
DVD+R(4.7GB/8.5GB)1回書き込み(1枚当たり200円前後〜)最近はほとんど見かけない。使える機種が限られる。しかしDVD/BDドライブではほとんどの機種で使える。またCPRM対応製品は存在しないため録画用途ではほとんど使えない。DVD+RWアライアンス策定の規格。
DVD+RW(4.7GB/8)繰り返し使える(1枚当たり200円前後〜)最近はほとんど見かけない。使える機種が限られる。しかしDVD/BDドライブではほとんどの機種で使える。またCPRM対応製品は存在しないため録画用途ではほとんど使えない。DVD+RWアライアンス策定の規格。



最終更新:zuiryou 2011/08/29 15:07:01

用語集編集する

●CPRM

記録メディア向けの著作権保護技術の一つ。 コンテンツのデジタルコピーをメディアに記録する際に一度だけ許容し 他のメディアへのコピーを禁止する。

●プリンタブル

レーベル面がディスク印刷できるように加工されているタイプのディスクです。

最終更新:ナンバー51 2009/10/26 13:48:07

DVDメディア トレンド

  • メーカー
  • 価格帯
  • スペック

価格.comにおいて、どのメーカーの製品が売れ筋なのかがわかります。製品選びの参考にしてください。

棒グラフ円グラフ
  • 2018年10月のトレンド情報です

DVDメディア なんでも掲示板  -DVDメディアに関する話題ならなんでも投稿できる掲示板-

このページの先頭へ