タイプで選ぶキーボード特集

ホーム > パソコン > キーボード > タイプで選ぶキーボード特集

快適キーボードを使って効率アップ♪ タイプで選ぶキーボード特集

普段なにげなくさわっているキーボードですが、長時間作業のタイピングを行う人にとって、その出来は作業効率に大きく影響します。疲れづらいキータッチやキー配列、人間工学に基づいたデザインなど、各社とも工夫をこらしており、価格帯やバリエーションもさまざまです。ここでは、タイプごとの売れ筋キーボードをご紹介! ご自分のキータッチに合ったキーボードを選んで、より快適なパソコンライフを送りましょう。

キーボードのタイプとは?

メンブレン もっとも一般的なキーボードで、パソコンに付属のキーボードはほとんどこのタイプ。キーとスイッチの間にラバーなどの薄い膜がはさまれており、キーを押すことでスイッチと接触し、膜が元に戻ることによりキーが戻るという仕組み。耐久性は他のタイプに比べると劣るが、安価な製品が多い。
パンタグラフ 主にノートパソコンで採用されているキーの高さが低いタイプ。電車のパンタグラフのような構造をしており、キーのどこを押しても同じ圧力が伝わる。他のタイプに比べキーの沈み方が浅いので、スピーディーなタイピングが可能となる。
メカニカル それぞれのキーの内部にスイッチの仕組みが仕込まれ、確実なタイピングを可能にするタイプ。打つとカチャカチャと音がする(内部の仕組みそのものが鳴るものと、音を出しているものとがある)。独特の打鍵感と音を持つ。耐久性は高め。
静電容量無接点方式 その名のとおり、接点で接触することなく、キーが一定の深さまで押されると接触されたと認識するタイプ。キーが接触しないため、耐久性に優れる。また、指への負担も低い。価格帯は2万円近くと高額な製品が多い。

キーボード選びのポイント

キーボード選びのポイント1

好み(キーを押した時の打感や音、キーの沈み方、配列)に合わせて、ご自身がタイプしやすいものを選びましょう。

キーボード選びのポイント2

キーの大きさ(キーピッチ)、キーとキーとの間隔、ファンクションキーの配置などは製品によって異なります。
テンキー、ホットキー(ショートカットキー)の有無とあわせ、確認しましょう。

タイプごとの売れ筋キーボードをみる

メンブレンキーボード

5000円未満の売れ筋メンブレンキーボードをみる

5000円以上の売れ筋メンブレンキーボードをみる

パンタグラフキーボード

5000円未満の売れ筋パンタグラフキーボードをみる

5000円以上の売れ筋パンタグラフキーボードをみる

メカニカルキーボード

売れ筋メカニカルキーボードをみる

静電容量無接点方式キーボード

静電容量無接点方式売れ筋キーボードをみる

関連特集

いつも手にするものだからこそ、マウスにもこだわりたい タイプで選ぶマウス特集

いつも手にするものだからこそ、マウスにもこだわりたい タイプで選ぶマウス特集

カーソルを移動させるのに何度もマウスを動かしている、ポインタが思わぬ方向に飛んでしまう・・・思い当たる方はさっそくチェック! タイプごとに売れ筋のマウスをご紹介します!


タイプと容量で選ぶパソコンメモリー特集

タイプと容量で選ぶパソコンメモリー特集

パソコンが遅くて、イライラすることはありませんか? そんなときは、メモリーを増設! パソコンに合ったメモリーを増設して、イライラを解消しましょう!


お助け!パソコンまわりのインテリア

お助け!パソコンまわりのインテリア

パソコン生活をより「ラクに」「便利に」「キレイに」する、快適インテリアをご紹介!
パソコンまわりの環境を整えて、あなたが感じる不便・不満を解決しましょう!


このページの先頭へ