マウスの選び方

ホーム > パソコン > マウス > マウスの選び方

選び方ガイド 自分に最適な製品選びをサポート

「どういった種類があるの?」「どういう機能が必要?」「注意すべきポイントは?」など、マウスを選ぶ際のお悩みや疑問を解決できるのが選び方ガイドです。マウス選びに必要な基礎知識や用語解説はこちらでチェックしましょう!

製品選びの前に

マウスの役割

マウスは、パソコン(PC)を使う際に必要不可欠な周辺機器のひとつ。画面上のポインターを動かし、クリックやダブルクリックをするための入力デバイスです。手に直接触れ、長時間操作する製品だけに、マウスの使い心地がPCの操作性や快適さに直結します。そのため、マウス選びは性能だけでなく、疲労を感じずに使いやすいかどうかを吟味することが重要です。

このページの先頭へ

マウスの選び方のポイント

モバイル対応をチェック

モバイル対応

モバイル対応

ノートPCに接続して使うことを想定したモバイル対応品が続々と登場しています。薄い、軽い、レシーバー不要で通信できるBluetooth式といった特徴があり、持ち運びに便利な小型マウスとなっています。また、OSがAndroidのスマートフォンやタブレットでも、マウスを利用することができます。

Bluetooth接続で選ぶ

Bluetoothとは?

Bluetoothとは?

Bluetoothとは、近距離にある機器同士で無線通信を行う技術のひとつです。親機(PC、スマートフォン、タブレットなど)と子機(キーボード、マウス、ヘッドセットなど)を無線接続できますが、親機・子機ともにBluetooth機能を備えていなければ通信できません。なお、機器同士をBluetoothで接続することを「ペアリング」といいます。Bluetoothの通信距離は、「Class」という電波強度によって異なるので、注意が必要です。「Class」にはレベルが1〜3まであり、それぞれの電波有効範囲はClass1:100m/Class2:10m/Class3:1m程度となっています。親機と子機でレベルが違う場合は、低いレベルが有効範囲の対象となります。

その他のチェックポイント

ボタン数

マウスの基本構成は左右のボタンと中央のスクロールホイールですが、ブラウザの「戻る」や「進む」など、特定の機能を割り当てるために追加ボタンが搭載されたマウスもあります。追加ボタンは、ショートカットを割り当てることも可能なので、特定の作業を繰り返して行うことが多い人に便利です。

解像度(カウント)

マウス本体が1インチ移動した際に、画面上のポインターがどれだけ移動するかを示した数値です。単位はdpiで、一般使用には800〜1,600dpiあれば十分ですが、ゲーマー向けとして10,000dpiを超える超高解像度マウスもあります。解像度が高いほど、少ない操作でポインターを大きく移動させることができます。

カウント切り替え可能

用途にあわせて解像度を2〜5段階に切り替えられるマウスです。たとえば、プレイするゲームのタイトルごとに解像度を変えるといった使い方があります。ほとんどの場合、マウス本体にあるカウント切り替えボタンを押すことで簡単に解像度を変更することができます。

チルトホイール(横スクロール)

通常は縦に回転させるだけのスクロールホイールですが、左右に傾けることができるものを「チルトホイール」と呼びます。ホイールを左右に傾けると、横方向にスクロールすることができるため、Excelなどで横長のデータを取り扱う人に便利です。

着脱式レシーバー

ワイヤレス(無線)で使用する際のUSBレシーバーをマウス本体に収納できるタイプの製品です。マウスと一体にしておくことで、持ち運び時に紛失してしまう危険性を軽減できます。モバイル向けマウスには、ぜひとも欲しい機能でしょう。

タッチセンサー

スマートフォンやタブレットのように、指先だけで特定の操作(スクロールやタップ、スワイプなど)ができるタッチセンサーを本体に搭載したマウスです。Windows8.1やWindows10でサポートしているタッチ操作をデスクトップPCで行いたい場合に活用できます。

このページの先頭へ

マウスの主なメーカー

マイクロソフト(Microsoft)

マイクロソフト(Microsoft)

先進的なデザインも積極的に導入

Windowsの開発元であるというイメージが強いマイクロソフトですが、マウスやキーボードなどの入力機器でも有名です。赤色LEDを採用した一般的な有線タイプの低価格マウスから、アーチ状のデザインがスタイリッシュな高性能マウス「Arc Touch」シリーズまで、幅広いラインアップを取り揃えています。モバイル向け製品も充実してきました。

マイクロソフト

ロジクール(Logicool)

ロジクール(Logicool)

上級者も納得の完成度を誇る「MX」シリーズ

マウスやキーボード、スピーカーなど、PC周辺機器の専業メーカーです。一般的なマウスだけでなく、読み取り精度を高めたハイエンド製品や多数のボタンを備えたゲーム向けモデルもラインアップ。なかでも、フラッグシップモデル「MX」シリーズは、ユーザーから高い信頼を得ています。トラックボールの取り扱いが多いのも特徴です。

ロジクール

バッファロー(BUFFALO)

バッファロー(BUFFALO)

コストパフォーマンス抜群の国内メーカー

国内のPC周辺機器メーカー最大手だけあって、光学式からIR LEDまで全タイプを網羅し、形状やカラーリングのバリエーションも豊か。取り扱う製品の価格も抑えられており、いずれも屈指のコストパフォーマンスを誇ります。また、クリック音が静かな「静音マウス」を開発。深夜の家庭や喫茶店など公共の場所でも安心して利用できます。

バッファロー

Razer(レイザー)

Razer(レイザー)

ゲーマー向けの高性能マウスに特化

ゲーマー向けに特化した製品を展開する海外メーカーです。「FPS」のようにマウスの解像度が重視されるゲームに対応した、解像度・約8,000〜16,000dpiという超高解像度マウスを取り揃えています。また、ボタン配置もゲームを快適にプレイできることを想定してデザインされており、マウスの握り方に合わせた商品なども多数あります。

レイザー

Mad Catz(マッドキャッツ)

Mad Catz(マッドキャッツ)

マニア心をくすぐる組み立てカスタム式マウス

ロボットを思わせる、直線的で硬質なデザインが目を引く組み立てカスタム式マウスで一躍話題になった海外メーカー。フラッグシップモデル「R.A.T. PRO X Ultimate Gaming Mouse」は、ホイールなどのパーツを組み合わせることで、1944通りにも変形可能。自分だけのマウスを自由に組み立てられます。メカ好きの人は思わず手を伸ばしたくなることでしょう。

マッドキャッツ

ケンジントン(Kensington)

ケンジントン(Kensington)

トラックボール派から根強い支持

日本ではあまり有名ではありませんが、世界中でPC周辺機器を提供しているメーカーです。日本国内ではトラックボールを展開しており、トラックボール派のユーザーたちから長年にわたって支持されています。フラッグシップモデルの「Expert Mouse Wireless Trackball」は、Bluetoothとワイヤレスの両方に対応し、環境に合わせて使い分けができます。

ケンジントン

エレコム(ELECOM)

エレコム(ELECOM)

省電力タイプなど、豊富なラインアップが特長

IOデバイス製品を中心に扱う、パソコン関連の大手サプライヤー。“マウスで変わるパソコンライフ”と銘打ち、「外でマウスを使う営業マン向け」「長時間PC作業するオフィススタッフ向け」など、利用シーンに合わせた商品をカテゴライズしています。そのほか、省電力タイプや静音&超小型クリップタイプなど、豊富なラインアップも特長です。

エレコム

サンワサプライ

サンワサプライ

人間工学に基づいたデザインで、握りやすさを追求!

指の動きとカーソル速度が連動するカウント自動調整機能を備えた「ワイヤレスレーザートラックボール」など、高機能モデルが人気です。また、人間工学に基づいたデザインで握りやすさを追求するなど、機能性とデザイン性を兼備したアイテムが豊富。カバンにすっぽり入る、超薄型のBluetoothマウスなど、個性的なモデルも展開されています。

サンワサプライ

このページの先頭へ

FAQ(よくある質問と回答集)

Q解像度が高いマウスのメリットは?
A解像度が高いと少しの操作でポインターが大きく(速く)動くので、大きな画面で操作する場合や狭い場所での操作に便利です。
逆に、一般的な事務作業などではポインターが速く動きすぎると作業しづらくなります。ポインターが動く速度はPC側で調整できますが用途に応じた解像度のマウスを選ぶようにしましょう。
Qワイヤレスマウスの無線接続方式である、27MHzと2.4GHzの違いは?
A廉価モデルでは27MHzワイヤレスを使っているのが一般的です。
電波がそれほど強くないのでPCとマウスが近い環境での使用に限定されます。一方、上位モデルでの採用が多い2.4GHzワイヤレスは電波の途切れによる動作不良が起こりにくいので操作が安定しています。

このページの先頭へ

用語集

解像度(カウント)
マウス本体が1インチ移動した際に、画面上のポインターがどれだけ移動するかを示した数値です。単位はdpiで、一般使用には800〜1,600dpiあれば十分ですが、ゲーマー向けとして10,000dpiを超える超高解像度マウスもあります。解像度が高いほど、少ない操作でポインターを大きく移動させることができます。
ゲーミングマウス
マウスの中でも、オンラインゲームをプレイする際に必要となるタイプのものです。ほかのものと比べてやや重量があり、ボタンの数が多いのが特徴です。各ボタンに機能を割り当てて使うことが多く、なかには20個ものボタンを搭載した製品もあります。
静音
クリックする際に発生する音を30dB以下に抑えたマウスです。「カチカチ」などの音を抑えながらも、ほかのモデルと同様のクリック感を残しています。深夜の自宅や閑静なオフィスなど、音が気になりやすい環境で使用する人はチェックしましょう。
USB Type-C
2015年、アップルのMacBookで採用された次世代のUSB規格。従来のUSBより小さく、上下関係なく抜き差しできるのが特徴で、規格としてはUSB 3.1となり、USB 3.0より高速で電源の供給にも使えます。なお、MacBookではUSB-C端子ひとつで、「ACアダプターの接続」「外部ディスプレイ接続」「USBを使った拡張」のすべてを賄っています。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ