活用シーン別おすすめスペックのノートパソコン

ホーム > パソコン > ノートパソコン > 活用シーン別おすすめスペック

活用シーンから選ぶオススメスペックのノートパソコン

ノートパソコンを買いたいけど、どれを選んでいいか分からない方には、おすすめスペックを持ったノートパソコンを価格.comがご紹介します!活用シーンを選択して、価格.comおすすめのスペックを持ったノートパソコンをぜひご覧下さい!!

ノートパソコンを選ぶうえで最低限知っておきたいこと

液晶サイズ

12インチ以下
B5用紙程度以下で持ち運びに便利なサイズです。
12〜15インチ
使いやすいB5〜A4用紙程度の大きさで持ち運びにも使えます。
15インチ以上
デスクトップ並みの大きめの画面サイズのため、文書作成や動画閲覧も快適です。

CPU

CPUについて
CPUは中央演算装置と呼ばれ、プログラムによって与えられた命令をもとに、演算や制御をおこなう装置です。
CPUの「周波数」は、1秒間に処理できる信号の数を表し、数値が大きいほど高性能であることを意味します。CPUの種類によって異なりますが、2.0GHz程度が標準的です。(2012年3月現在)
コアについて
CPUについて処理をおこなう部分を「コア」と呼び、複数のコアを装備したCPUを「マルチコア」と呼びます。マルチコアCPUは、複数の命令を並列に処理できるので高速化を図ることができます。
周波数・コア数ともに数値が大きいほうが高速で、動画変換や3Dグラフィックのような、情報量が多く複雑な演算も短時間で処理することができますが、消費電力が増加する傾向があり、発熱量も高くなります。

メモリー

メモリーについて
メモリーは、プログラムやデータを展開するための「作業机」の役割を果たします。
メモリーが少ないと、展開しきれないファイルを一時的にストレージデバイスへ保存するため、処理速度が低下してしまいます。
Windows7のシステム要件
  • -最小でも32bit版は1GB、64bit版は2GBが必要で、快適に使用するにはその2倍の2GB/4GBが目安と言われています。
  • -メモリーの最大認識容量はOSによって異なり、Windows 7 Starterは2GB、ほかの32bit版は4GBが上限となり、それを超えるメモリーを装着しても認識されません。
購入時に搭載されている容量にくわえて「最大容量」「空きスロット数」を確認し、将来的に拡張できるかもあわせてチェックしておきましょう。

※Officeが搭載されていないモデルについては、文書作成するために別途ソフトが必要となる可能性がありますのでメーカーサイト等をよくご確認下さい。

携帯性を重視したい(画面サイズ:B5用紙程度以下)

日常用途からある程度負荷の高い作業まで対応した中級モデル

写真や短い動画編集、いろいろなソフトを使いたい

写真の加工や短い動画の編集など、インターネット以外にもパソコンでいろいろなソフトを使いたい中級者向けです。持ち運びにも適したサイズ・重量です。

  • 液晶サイズ:12インチ以下
  • 重量:1.25kg以下
  • CPU:Core i5
  • CPUコア数:2コア
製品の一覧を見る

Ultrabook(ウルトラブック) 薄型軽量、洗練されたデザインの高性能モデル

外出先で使用したい!手軽に持ち運べる一台ならこれ!

スマートフォンやタブレット端末などの手軽さを持ち、パソコンで行うような複雑な作業を行いたい方へ。起動レスポンスも早いため、素早く作業を行いたい方にも適しています。

  • 液晶サイズ:12インチ以下
  • その他:Ultrabook(ウルトラブック)
製品の一覧を見る

家でも外出先でも使いたい(画面サイズ:B5〜A4用紙程度)

日常用途からある程度負荷の高い作業まで対応した中級モデル

写真や短い動画の編集、文書作成にも使いたい(Office2013搭載)

写真の加工や短い動画の編集など、インターネット以外にもパソコンでいろいろなソフトを使いたい中級者向けです。最新の総合ソフトOffice2013搭載で文書作成も可能です。比較的小さく、軽めのモデルとなります。

  • 液晶サイズ:12インチ〜15インチ
  • 重量:1.5kg以下
  • CPU:Core i5
  • CPUコア数:2コア
  • メモリ容量:4GB以上
  • 総合ソフト:Office Home and Business 2013, Office Personal 2013
製品の一覧を見る

写真や短い動画編集、いろいろなソフトを使いたい

写真の加工や短い動画の編集など、インターネット以外にもパソコンでいろいろなソフトを使いたい中級者向けです。比較的小さく、軽めのモデルとなります。

  • 液晶サイズ:12インチ〜15インチ
  • 重量:1.5kg以下
  • CPU:Core i5
  • CPUコア数:2コア
  • メモリ容量:4GB以上
製品の一覧を見る

動画編集や高負荷な計算処理まで対応可能なハイエンドモデル

動画作成やゲームなど負荷が高いソフトを使用したい

長めの動画編集など、高負荷がかかるような処理を行いたい上級者向けです。比較的小さく、軽めのモデルとなります。

  • 液晶サイズ:12インチ〜15インチ
  • 重量:1.5kg以下
  • CPU:Core i7
  • CPU周波数:2.00GHz
  • CPUコア数:2コア
  • メモリ容量:4GB以上
製品の一覧を見る

Ultrabook(ウルトラブック) 薄型軽量、洗練されたデザインの高性能モデル

手軽に持ち運び、素早く作業を行いたい

スマートフォンやタブレット端末などの手軽さを持ち、パソコンで行うような複雑な作業を行いたい方へ。起動レスポンスも早いため、素早く作業を行いたい方にも適しています。

  • 液晶サイズ:12インチ〜15インチ
  • その他:Ultrabook(ウルトラブック)
製品の一覧を見る

画面の大きさを重視したい(画面サイズ:A4用紙程度以上)

コストパフォーマンス重視のエントリーモデル

自宅使用メインなら、大きめ液晶サイズが使いやすい!

インターネットやメールでの使用がメインで、パソコン性能にこだわらずに安く買いたい方へおすすめのスペックです。サイズが大きいため、持ち運びの少ない方に適しています。

  • 液晶サイズ:15インチ以上
  • CPU:Core i3, Atom, AMD A-Series, AMD E-Series
  • CPUコア数:2コア
  • ドライブタイプ:内蔵
  • 価格:70,000円以下
製品の一覧を見る

日常用途からある程度負荷の高い作業まで対応した中級モデル

写真や短い動画の編集、文書作成にも使いたい(Office2013搭載)

写真の加工や短い動画の編集など、インターネット以外にもパソコンでいろいろなソフトを使いたい中級者向けです。最新の総合ソフトOffice2013搭載で文書作成も可能です。比較的小さく、軽めのモデルとなります。

  • 液晶サイズ:15インチ以上
  • CPU:Core i5
  • CPUコア数:2コア
  • メモリ容量:4GB以上
  • ドライブタイプ:内蔵
  • 総合ソフト:Office Home and Business 2013, Office Personal 2013
製品の一覧を見る

写真や短い動画編集、いろいろなソフトを使いたい

写真の加工や短い動画の編集など、インターネット以外にもパソコンでいろいろなソフトを使いたい中級者向けです。サイズが大きいため、持ち運びの少ない方に適しています。

  • 液晶サイズ:15インチ以上
  • CPU:Core i5
  • CPUコア数:2コア
  • メモリ容量:4GB以上
  • ドライブタイプ:内蔵
製品の一覧を見る

動画編集や高負荷な計算処理まで対応可能なハイエンドモデル

動画作成やゲーム、文書作成にも使用したい(Office2013搭載)

長めの動画編集など、高負荷がかかるような処理を行いたい上級者向けです。最新の総合ソフトOffice2013搭載ですので文書作成も可能です。サイズが大きいため、持ち運びの少ない方に適しています。

  • 液晶サイズ:15インチ以上
  • CPU:Core i7
  • CPU周波数:2.00GHz
  • CPUコア数:4コア以上
  • メモリ容量:8GB以上
  • ドライブタイプ:内蔵
  • 総合ソフト:Office Home and Business 2013, Office Personal 2013
製品の一覧を見る

動画作成やゲームなど負荷が高いソフトを使用したい

長めの動画編集など、高負荷がかかるような処理を行いたい上級者向けです。サイズが大きいため、持ち運びの少ない方に適しています。

  • 液晶サイズ:15インチ以上
  • CPU:Core i7
  • CPU周波数:2.00GHz
  • CPUコア数:4コア以上
  • メモリ容量:8GB以上
  • ドライブタイプ:内蔵
製品の一覧を見る

ページの先頭へ