PCケースの選び方

ホーム > パソコン > PCケース > PCケースの選び方

選び方ガイド 自分に最適な製品選びをサポート

各PCパーツを収める「家」であるPCケース。自作PCの見た目を左右するだけでなく、「冷却」「静音」といった性能面でも大きな役割を担います。また、長く使えるパーツでもあるので、サイズ、デザイン、拡張性など、将来のことを考えてしっかりと選びましょう。

PCケース選びの前に

サイズ別に3種類

PCケースは、小型の「ミニタワー・スリム・キューブ型」、中型の「ミドルタワー」、大型の「フルタワー」の3種類に大別することができます。本体サイズが大きいほど拡張性が高くなりますが、重量も増えてしまうため、必要十分なパーツ搭載数を考えて本体サイズやデザインを選びましょう。

デザインが豊富で省スペース! 「ミニタワー・スリム・キューブ型」

デザインが豊富で省スペース! 「ミニタワー・スリム・キューブ型」

省スペースの小型PCケースです。小さくて軽いため、手軽に設置や移動ができますが、パーツ搭載可能数が少ないため、拡張性は低いといえます。凝ったデザインの製品が多いのも特徴です。

Mini-ITXマザーボード ◎搭載可能
Micro-ATXマザーボード ○一部を除き搭載可能
ATXマザーボード ×搭載不可能
Extended ATXマザーボード ×搭載不可能

パーツの追加や交換が楽で、メンテナンスもしやすい! 定番の「ミドルタワー」

パーツの追加や交換が楽で、メンテナンスもしやすい! 定番の「ミドルタワー」

もっとも一般的なPCケースです。製品数も豊富で、比較的コンパクトでも十分な拡張性を備えたモデルも多く存在します。パーツ交換作業もしやすく、迷った際は、これを選んでおけば安心でしょう。

Mini-ITXマザーボード ◎搭載可能
Micro-ATXマザーボード ◎搭載可能
ATXマザーボード ◎搭載可能
Extended ATXマザーボード △対応製品は少ない

大型で高性能! 拡張性抜群の本格派「フルタワー」

大型で高性能! 拡張性抜群の本格派「フルタワー」

上級者やプロ向けの大型PCケースです。高い拡張性と冷却性を誇り、処理能力が求められるゲーミングPCやワークステーションに採用されています。購入前に、設置スペースを十分確認しましょう。

Mini-ITXマザーボード ◎搭載可能
Micro-ATXマザーボード ◎搭載可能
ATXマザーボード ◎搭載可能
Extended ATXマザーボード ○一部を除き搭載可能

このページの先頭へ

PCケースの選び方のポイント

搭載するマザーボードのサイズ(フォームファクター)を確認

マザーボードは、大きさとレイアウトによって規格(フォームファクター)が決められています。もっとも標準的なATX、ATXを小型化したMicro-ATX、さらに小さいMini-ITXの3種類が主流となっています。サイズが大きいほど拡張性が豊富で、Extended ATXやXL-ATXといった大型マザーボードもあります。一方、Mini-ITXよりも小さいnano-ITX、さらに小さいPico-ITXという超小型マザーボードも少数ながら存在します。このほか、マザーボード裏面の冷却まで計算されたBTXという規格もありますが、ほとんど普及していません。
主流のATX、Micro-ATX、Mini-ITXは、取り付けネジ位置が共通化されているので、対応フォームファクターが大きいPCケースであれば小さいマザーボードも装着できます。ただし、Mini-ITXよりも小さいnano-ITXやBTXは互換性がないため、搭載できません。

Mini-ITXマザーボード

Mini-ITXマザーボード

ミドルタワーやフルタワーはもちろん、ほとんどの小型ケースで使用できます。ただし、スロット数や機能は必要最低限のみに抑えられています。
【搭載可能なケース】:Mini-ITX対応、Micro-ATX対応、ATX対応、Extended ATX対応の各ケース

Mini-ITXマザーボード対応ケースを探す

Micro-ATXマザーボード

MicroATXマザーボード

ミドルタワーやフルタワーだけでなく、一部の小型ケースでも使用できます。スロット数や機能は、ATXマザーボードには劣りますが、十分に備えています。
【搭載可能なケース】:Micro-ATX対応、ATX対応、Extended ATX対応の各ケース

Micro-ATXマザーボード対応ケースを探す

ATXマザーボード

ATXマザーボード

ミドルタワーまたはフルタワーで使用できますが、小型ケースには入りません。スロット数や機能が豊富で、もっとも一般的なサイズです。
【搭載可能なケース】:ATX対応、Extended ATX対応の各ケース

ATXマザーボード対応ケースを探す

ベイの種類をチェック

ベイとは、HDDやSDD、光学ドライブなどを設置する場所を指します。ベイの数が多いほど装着できるパーツが増えますが、それにともないケース本体も大型化します。現状と今後の利用シーンやパーツ増設予定を考え、まずは必要最低数を決めましょう。なお、フォームファクターと同様に「大は小を兼ねる」で、2.5インチSSD/HDDを、3.5インチベイや5.25インチベイに装着するための変換キットが市販されています。ベイの種類は以下のとおりです。

2.5インチベイ

2.5インチベイ

SSDやノートPC向けの2.5インチHDDを搭載できます。ケースの外からは見えず、内側からしかアクセスできない「シャドウベイ」であることがほとんど。

3.5インチベイ

3.5インチベイ

デスクトップPC向けの3.5インチHDDをはじめ、カードリーダー、ファンコントローラー、フロッピーディスクドライブなどを搭載できます。

5.25インチベイ

5.25インチベイ

DVDドライブやブルーレイドライブといった光学ドライブを搭載できます。カードリーダーなどのベイアクセサリも豊富です。

前面端子をチェック

PCケースの前面には、さまざまな端子が用意されています。PCケース背面に比べてアクセスしやすいため、USBメモリ−、カードリーダー、外付けHDD、プリンター、ヘッドホンなど周辺機器の着脱が手軽に行えるというメリットがあります。

USB

USB機器を接続するための端子です。USB 2.0(転送速度:480Mbps)が主流ですが、最大5Gbpsで通信できるUSB3.0に対応しているモデルも増えてきました。ほぼすべてのPCケースに搭載されていますが、数はモデルによって異なります。

eSATA

外付けHDDや外付け光学ドライブを接続するための端子で、転送速度は最大3Gbps。SATAケーブル ではなく専用のeSATAケーブルを使う必要があります。ただし、SATAと互換性があるため、変換アダプターや変換ケーブルを用いればSATA製品も接続できます。

音声入出力

イヤホン・ヘッドホンやマイクといったオーディオ機器を接続するための端子です。ほぼすべてのPCケースに搭載されています。

その他のチェックポイント

冷却性

PCケースのサイズが大きくなると、内部空間も広くなり、冷却ファンの数を増やせたり、設置位置を自由に調整 できたりするため、冷却性が高まります。小型ケースの場合、内部空間が狭く熱がたまりやすいので、ケース内のエアフロー(空気の流れ)がスムーズかどうかをチェックしましょう。

静音性

冷却性が高いケースほど、ファンの回転数を抑えられるため、静音性も高くなります。また、低速の大径ファンを導入することにより、冷却性と静音性をより高めることもできます。

作業性

小型ケースは、内部空間が狭いため手を入れにくく、パーツ増設作業やメンテナンスが難しくなります。パーツの着脱やメンテナンスをまめに行う予定の人は、内部空間に余裕のあるケースを選びましょう。

素材

スチールとアルミが主流です。スチールは安価で丈夫ですが重く、アルミは軽量ですが変形しやすく高価といった特徴があります。ただ、どちらも外板が薄いと剛性が低くなり、全体にゆがみが発生してしまいます。ゆがみは、振動音の原因となるため、必ずしも軽量=高性能とは限りません。

電源

一般的なATX規格を採用していることがほとんどですが、小型ケースでは、SFXやNLXといった特殊な規格、あるいはノートPCのようなACアダプタを採用している場合もあります。ただし、そういった場合、電源ユニットを標準で搭載していることも多く、付属電源の有無を確認しましょう。

このページの先頭へ

PCケースの主なメーカー

PCケースを取り扱うメーカーは多く、低価格帯の製品ではメーカーごとの性能差があまり感じられません。しかし、1万円以上のモデルになると、独自機能やデザインなど各社の特徴やこだわりが表れてきます。

SILVERSTONE(シルバーストーン)

SILVERSTONE(シルバーストーン)

多彩なラインアップを誇る人気メーカー

高級感あるデザインと機能性を両立させた製品で人気を博しているメーカー。独創的な設計による小型ケースや高耐久な電源ユニットも取り扱っています。

シルバーストーン

IN WIN(インウィン)

IN WIN(インウィン)

コスパ抜群の低価格モデルに注目

シンプルなつくりと低価格が魅力の製品を手がける台湾のメーカー。コストパフォーマンスの良さはトップクラスです。

インウィン

Thermaltake(サーマルテイク)

Thermaltake(サーマルテイク)

こだわりの冷却性とカスタマイズ機能

水冷を含む冷却パーツの老舗メーカー。自由自在なカスタマイズがウリのPCケースや電源ユニットも取り扱っています。

サーマルテイク

Abee(アビー)

Abee(アビー)

日本製の高級モデルと手厚いサポート体制

購入後のサポートも安心の国内メーカー。国産高品位アルミ合金を用いたケースは、品質も価格もハイクラス。

アビー

クーラーマスター(COOLERMASTER)

クーラーマスター(COOLERMASTER)

個性的な大型ケース「COSMOS」が大ヒット

冷却パーツをはじめ、PCケース、電源ユニット、タブレット端末向けの周辺機器なども手がける総合メーカー。根強い人気を誇る大型フルタワー「COSMOS」シリーズでも知られています。

クーラーマスター

ANTEC(アンテック)

ANTEC(アンテック)

アメリカ発、静音PCブームの牽引役

米カリフォルニア州に本社を構えるメーカー。密閉性を重視したシャーシで静音性を高めた「Pシリーズ」が人気となっています。静音動作が特徴の電源ユニットも扱っています。

アンテック

このページの先頭へ

FAQ(よくある質問と回答集)

QATX対応ケースにMicro-ATXマザーボードは搭載できますか?
A規格に準じた製品であれば搭載可能です。
装着できる/できないは、マザーボードの大きさと、固定するネジ位置で決まり、どちらも規格化されています。 Micro-ATXはATXよりも基板が小さく、ネジ穴の位置も互換性があるので、特殊な製品を除けば搭載可能です。
QMicro-ATX対応ケースにMini-ITXマザーボードは搭載できますか?
A規格に準じた製品であれば搭載可能です。
装着できる/できないは、マザーボードの大きさと、固定するネジ位置で決まり、どちらも規格化されています。 Mini-ITXはMicro-ATXよりも基板が小さく、ネジ穴の位置も互換性があるので、特殊な製品を除けば搭載可能です。
Q「シャドウベイ」とは何のことですか?
Aケースの外からは見えず、内側からしかアクセスできないベイです。
そのため、外側からアクセスする必要のある光学ドライブやカードリーダーは搭載できず、ひんぱんに取り外す必要のないHDDやSSDを搭載するためのベイとなっています。
Q電源搭載品と非搭載品どちらがよいですか?
Aどちらもメリットとデメリットがあるので、一概に比較できません。
初めての自作で電源選びに迷う方や、コストを抑えたい場合は搭載品がよいでしょう。 自作経験があり、すでに電源を持っている方や、好みの電源を使いたいときには、非搭載品がおすすめです。 非搭載品の場合、容量はもちろんですが装着できる規格と大きさも、事前にチェックしておきましょう。
Q安価なPCケースを買う際の注意点は?
A剛性や塗装の状態などを、実機で確認するのがよいでしょう。
新製品ながらも安価なケースの中には、外板が薄い製品も見受けられます。外板が薄いと剛性が下がり、振動やうねりを生じることがあります。また、サイドパネルがスムーズに開閉できるか、塗装にムラがないかなど、実機で精度を確認するとよいでしょう。

このページの先頭へ

用語集

フォームファクター
マザーボードの大きさ、ケースに固定するネジ穴の位置、拡張スロットの位置、電源の仕様などを定めたマザーボードの規格のこと。規格に沿ったパーツ同士では設置の際に物理的な干渉が発生しません。一方、メーカー製パソコンでは、規格に沿わない独自仕様のマザーボードが使われているため、市販マザーボードと換装することはできません。
倒立設計
マザーボードを従来とは逆向きに設置するという内部設計。ケース内のエアフロー(空気の流れ)を重視したもので、HDD、CPU、メモリーの冷却効果が高いといわれています。
チャンバー構造
専用カバーを設置することで、PCケース内部を上下にエリア分けするという仕組み。熱源を分離することによって、両エリアの相互熱干渉を最小限に抑え、それぞれのエリアを効率的に冷却できるといわれています。
煙突構造
底面に吸気部を、天板に排気部を設け、煙突のように下から上へのエアフローで冷却する構造。煙突効果に基づいた強い上昇気流を利用したエアフローを構築できますが、天板の排気部から内部音が漏れるなど、静音性では不利といえます。

関連カテゴリの選び方ガイド

このページの先頭へ

このページの先頭へ