タイプと容量で選ぶパソコンメモリー特集

ホーム > パソコン > メモリー > タイプと容量で選ぶパソコンメモリー特集

タイプと容量で選ぶパソコンメモリー特集

アプリケーションを開くのに時間がかかる、パソコンの動作が全体的に重たい。こんなことありませんか?こんな症状のときは、メモリーの容量が足りず処理が遅くなっていることが考えられます。
本特集では、メモリーの選び方を解説!パソコンに合ったメモリーを増設して、イライラを解消しましょう!

メモリー選びの目安は?

ポイント1 タイプの違い

ポイント1 タイプの違い

一般的にデスクトップパソコンなら「DIMM」、ノートパソコンであれば小型の「S.O.DIMM」の規格を採用しています。モバイルノートPCでは、さらに小型の「Micro DIMM」が搭載されているケースもあります。
なお、デスクトップパソコンでも省スペースの液晶一体型などでは、「S.O.DIMM」を採用している場合がありますので注意してください。

ポイント2 規格の違い

ポイント2 規格の違い

メモリーの規格は「DDR3 SDRAM」や「DDR2 SDRAM」、「DDR SDRAM」などがあります。それぞれ形状が異なっているため、お手持ちのパソコンに合ったメモリーをセットする必要があります。

ポイント3 転送速度の違い

モジュール規格 チップ規格
PC2100 DDR226
PC2700 DDR333
PC3200 DDR400
PC2-4200 DDR2-533
PC2-5300 DDR2-667
PC2-6400 DDR2-800

メモリーは、規格によって転送速度が異なります。「PC-3200」や「PC2-6400」または「DDR400」「DDR2-800」といった表記で、数字が大きいほど転送速度が速くなります。ただし、パソコン側の対応速度よりも転送速度が高いメモリーをセットすることはできません。
お手持ちのパソコンで設定されている転送速度か、それ以下のメモリーを選びましょう。

※メーカーによって、カタログに採用しているメモリーの規格が異なります。左の表は対応表になります。

ポイント4 容量について

パソコンによって、セットできるメモリーの最大容量が決まっています。
取扱説明書やカタログで最大容量と、現在セットされているメモリーの容量を確認し、最大容量を超えないよう選びましょう。

ポイント5 実際の選び方

ポイント5 実際の選び方

メモリーは規格物なので、自分のパソコンに合ったメモリーを選ぶ必要があります。実際に購入の際には、パソコンの取扱説明書や、カタログなどの数値をよく確認しておきましょう。
また、メモリーをセットできるスロットの数も確認しましょう。スロットがすでに埋まっている場合は、現状セットされているメモリーと差し替える必要があります。

※メモリーの増設は改造と見なされ、保証対象外になる可能性があります。またメモリーによっては相性問題が発生し、動作しないこともあります。
  増設は、自己責任でお願いします。

※「デュアルチャネル」に対応しているパソコンの場合、同じメモリーを2枚セットすることで処理能力が高くなります。カタログを確認しましょう。

タイプ、容量ごとの人気商品を探す

メモリースペック検索

以上 以下      

関連特集

画面のサイズで選ぶ液晶テレビ特集

画面のサイズで選ぶ液晶テレビ特集

どの画面サイズの液晶テレビを買えばいいのか、迷うことはありませんか?そんなときは、こちらをチェック。


ハイビジョン録画対応、ブルーレイレコーダー ピックアップ

ハイビジョン録画対応、ブルーレイレコーダー ピックアップ

2時間のBSデジタルハイビジョン放送をTSモードで録画するには約22GBの容量が必要となります。ハイビジョン番組を録りためるならHDDの容量にも余裕がほしいところ。そこでHDD容量500GB以上のレコーダーをピックアップしました!


設置スタイルで選ぶカーナビ特集

設置スタイルで選ぶカーナビ特集

あなたの車にぴったり合うカーナビはどれ? 最近人気のポータブルタイプや、インダッシュタイプ、一体型の人気カーナビをご紹介します!


部屋の広さから選ぶエアコン特集

部屋の広さから選ぶエアコン特集

あなたのお部屋のエアコン、なかなか冷えなかったり、逆に寒すぎたりということはありませんか? 本特集では、部屋の広さごとに人気のエアコンをご紹介。部屋の広さにあったエアコンを選んで、暑い夏を快適にすごしましょう。


このページの先頭へ