レンタルサーバー プラン情報 価格比較

> > レンタルサーバー

キーワード検索

関連特集

ポータブルハードディスクを便利に使おう!

ポータブルハードディスクを便利に使おう!

いろんな場面で利用できるポータブルハードディスク特集!(容量1TB以上)(2016年4月15日掲載)

 ウルトラスリムなノートブック特集

ウルトラスリムなノートブック特集

タブレット端末のように薄型で持ち運びやすいウルトラスリムなノートブック特集!(2016年4月1日掲載)

  • ※掲載情報は、2016年06月26日16時55分 の情報です

価格.comで最適なレンタルサーバーを見つけよう

レンタルサーバーとは

インターネット上にウェブサイトを公開するためには、データを置いておくためのサーバーといわれるコンピュータを準備する必要がありますが、運用の難しさと費用面から個人で準備するのは非常に大変です。レンタルサーバーとは、このサーバーと呼ばれる、インターネット上にウェブサイトのデータを置いておく場所を借りられるサービスです。ホスティングサービスとも呼ばれています。レンタルサーバーを利用すると、機器の準備と運用をせずにウェブサイトを公開することができます。

レンタルサーバーには個人利用からビジネス利用に対応した様々なサーバー性能、運用形態があり、比較的高機能になるとレンタル料は高くなります。単に高機能なレンタルサーバーを借りてしまって、不要なレンタル料を支払う必要がないよう、自分の用途に合ったレンタルサーバーを利用しましょう。

レンタルサーバーの種類と主な用途

レンタルサーバーには大きく分けて4種類のサービス形態があります。ウェブサイト等のデータをレンタルサーバー上に置いておくという点では同じですが、やりたいことの違いによって使い分ける必要があります。

共有サーバー
一つのサーバーを複数のユーザーで共用するレンタルサーバーです。特徴はとてもレンタル料が安いことです。1台あたりの利用ユーザーが多いので、その分コストが下がり、数百円から利用することが可能です。個人的なウェブサイトを作成する程度であれば、十分な機能を備えています。
主な用途
プログラムをあまり利用しないウェブサイトの作成
ページ数の多くないウェブサイトの作成 など
共有サーバー
専用サーバー
一つのサーバーを1ユーザーで利用できるレンタルサーバーです。拡張性がとても高いことが特徴で、サーバー運用の知識は必要ですが利用できる機能が多彩です。サーバー1台を専有するためレンタル料は高めです。おもにビジネス利用することを想定した機能が備わっています。
主な用途
プログラム、データベースを利用した大規模なウェブサイトの作成
セキュリティの強固なウェブサイトの作成 など
専用サーバー
VPS
VPS(バーチャルプライベートサーバー)という、一つのサーバーを、仮想的に複数の専用サーバーとして利用できる技術を使ったレンタルサーバーです。共有・専用サーバーの良いところをもち、低価格で、高機能なサーバーを利用できます。ただし、高機能である反面、サーバー運用の知識がある程度必要です。
主な用途
プログラム、データベースを利用した大規模なウェブサイトの作成
セキュリティの強固なウェブサイトの作成 など
VPS
クラウドサーバー
インターネット上の仮想的なレンタルサーバーです。容量の増設や、処理速度の増強などをかなり柔軟に調整することができます。機能が幅広く設定できるので低額から利用開始することができます。ただしサーバー運用の知識がある程度必要です。
主な用途
プログラム、データベースを利用した大規模なウェブサイトの作成
セキュリティの強固なウェブサイトの作成 など
クラウドサーバー

レンタルサーバーに関する質問

役立つ質問&回答がたくさんあります