無停電電源装置(UPS)の選び方

ホーム > パソコン > 無停電電源装置(UPS) > 無停電電源装置(UPS)の選び方

選び方ガイド 自分に最適な製品選びをサポート

「どんなタイプを選べばいいの?」「性能がイマイチわからない」「メーカーの違いは何?」など、無停電電源装置選びの際に浮かぶ疑問を解決できるのが選び方ガイドです。無停電電源装置選びに必要な基礎知識、用語解説はこちらでチェックしましょう!

製品選びの前に

無停電電源装置(UPS)とは

停電や急な電圧変動などによる電力トラブルが起こったとき、内部バッテリーに蓄電しておいた予備電源によって、コンピューターやサーバーに安定的に電力を供給する装置です。自宅で仕事をしている人や、ホームネットワークにより複数のPCデータを管理している人などは導入することでデータ消失リスクを抑えることができます。ちなみに、「UPS」は、Uninterruptible Power Supplyの略です。

無停電電源装置(UPS)とは

給電方式の違いによるタイプ別の特徴をチェック

UPSは給電方式によって大きく3つのタイプに分けることができます。大きな違いは、平常時から停電時に給電を切り変える際、一瞬電源供給が断たれてしまう現象「瞬断」が起こるかどうかです。保存するデータの重要度が高い場合は、瞬断のない安定した給電方式の機器を導入する必要があります。

常時商用給電方式

停電時の瞬断はあるが、シンプル・コンパクトで電力ロスも少ない

常時商用給電方式

主な用途:家庭用PC、POS端末、ネットワーク機器

通常時はコンセントの電力をそのまま使用し給電しながら、バッテリーに蓄電します。停電になると、バッテリーに蓄電していた電力を出力先へ給電します。バッテリー給電への切り替え時に瞬断が起こりますが、シンプルな回路構成ゆえに電力ロスが少なく、低コストで省スペースといった利点もあります。バックアップのつもりで気軽に導入できます。

常時商用給電方式で探す

常時インバータ方式

瞬断がなく常時安定して電源を供給できるが、高コストで大型

常時インバータ方式

主な用途:サーバー、ストレージ、ネットワーク機器

コンセントからの電源を常にバッテリーに蓄電し、平常時にもバッテリーから給電します。停電時も同様にバッテリーから給電されるため、切り替わりがないので、瞬断が起こりません。安定感では一番優れているので、重要度の高いデータを保存している人に適しています。ただし、構造が複雑なため、電力ロスが大きく、高コストで大型であるという難点があります。

常時インバータ方式で探す

ラインインタラクティブ方式

瞬断はあるものの電圧変動には強く、3タイプのうち中間的な性能

ラインインタラクティブ方式

主な用途:PCサーバー、POS端末、ネットワーク機器

停電時の電力供給方式は商用給電方式と同じですが、AVR(自動電圧調整器)を介することで、平常時においても、急な電圧の変化に対して、安定した電力を供給する方式です。常時インバータ方式ほどではありませんが、常時商用給電方式よりは安定しており、コストやサイズも、常時商用方式と常時インバーター方式の中間に位置します。

ラインインタラクティブ方式で探す

このページの先頭へ

選び方のポイント

接続する機器の消費電力に合わせて出力性能を選ぶ

条件にあった給電方式の次に大切なのは、UPSの容量です。最適な容量を決定するために、あらかじめ接続する機器すべての最大消費電力を調べておく必要があります。接続する機器の消費電力の合計がUPSの容量を超えると使用できませんのでくれぐれも注意しましょう。

出力容量

UPS本体がどれほどの出力容量があるかを示す数値です。接続するすべての機器の最大消費電力の総計より多い製品を選びましょう。接続する機器の最大消費電力は、機器本体や取扱説明書に記載されています。最大消費電力(VA)の計算については、接続する機器の電力表示が「VA」ならそのまま加算。「W」ならW/力率(コンピューターの場合0.6〜1.0が一般的)。「A」なら(A×100)と、VAに単位を合わせてから合計するようにしてください。

出力容量で探す
出力コンセント数

UPS本体に搭載されている出力コンセントの数です。つまり、同時に何台まで電源を供給できるかを示しています。出力容量をクリアしていても、コンセントの数が不足すると、すべての機器を接続できません。接続する機器の台数もチェックし、不足しないようにしましょう。



出力コンセント数で探す

使用する電源環境をチェック

UPSを正常に作動させるためには、居住している地域の商用電源の入力電圧や、接続する機器の周波数など、使用環境もチェックしたうえで、条件に合った機器を選ぶ必要があります。

入力電圧

国内の商用電源は、東日本が100V、西日本では110Vです。この定格電源を基準として、入力電圧の最大値と最小値の間を一般的には「許容電圧範囲」と呼んでいます。入力電圧がこの範囲を上下に超えるとUPSが異常を察知し、通常運転からバックアップ運転に切り替わります。

入力電圧(最大)で探す
入力電圧(最小)で探す
対応入力周波数

国内における商用の定格入力周波数は東日本が50Hz、西日本が60Hzとなっており、国内に流通している家電製品はすべてこの周波数に対応しています。一方で一部の海外製品では47/63Hzに対応しているため、海外製品のバックアップとしてUPSの導入を考える人は、対応周波数に注意する必要があります。

対応入力周波数で探す

バッテリー性能をチェック

停電時はバッテリーから電力を供給するため、いざというときに作動しないということがないように、充電時間やバッテリーの寿命はしっかりチェックしておきましょう。

充電時間

バッテリーが完全に放電しきってから、フル充電されるまでの所要充電時間です。充電時間が短いほど、連続した電力トラブルにより、短い間隔での給電が必要なケースに対応できます。

充電時間で探す
期待寿命

使用環境20度の温度下で、月に1〜2回程度バックアップ運転を行ったと仮定したときの、バッテリー寿命を表します。停電時に寿命切れということのないよう、注意が必要です。

期待寿命で探す

サイズをチェック

UPSは精密機器であるため、本体周囲に換気用のスペースがないと本体に熱がこもり、故障の原因になります。とくに背面は余裕をもって配置しましょう。また、大型製品の場合は、保守点検作業用のスペースも考慮する必要があります。

このページの先頭へ

主なメーカー

APC

APC

導入しやすい手頃な価格と豊富なラインアップが魅力

UPSではトップシェアを誇るメーカー。低価格のエントリーモデルから本格仕様のものまで、幅広くラインアップしており、使用環境に合った製品が探しやすいのが魅力です。

APCの製品を探す

オムロン(OMRON)

オムロン(OMRON)

初心者も安心! 手厚いサポートの国内メーカー

京都市に本社を構える電気機器メーカー。扱いやすい正弦波UPSが強み。バッテリー交換をはじめとするサポートの手厚さから、初心者も安心して使用することができます。

オムロンの製品を探す

CyberPower(サイバーパワー)

CyberPower(サイバーパワー)

小型でリーズナブルな家庭用UPSに強み

家庭用として取り扱いやすい低価格・コンパクトな製品を多数取り揃えています。電源管理ソフトウェアを無償で提供している点も魅力です。

サイバーパワーの製品を探す

ユタカ電機製作所(YUTAKA ELECTRIC MFG)

ユタカ電機製作所(YUTAKA ELECTRIC MFG)

長寿命バッテリーや運転制御機能が優秀

UPS製造では長い歴史を誇る国内メーカー。コンパクトながら7年の期待寿命を備えた製品や、電圧変動を監視し自動でインバータ運転のON/OFFを制御するエコモードを搭載した製品などが特徴です。

ユタカ電機製作所の製品を探す

このページの先頭へ

FAQ(よくある質問と回答集)

QUPSの出力容量よりも接続する機器の消費電力が小さいと停電時のバックアップ(停電保持)時間は延びますか?
A接続機器の消費電力が小さいほど停電時のバックアップ時間は延びる傾向にあります。
接続する機器の消費電力の合計に対して、UPSの出力容量に余裕があるほど、停電時のバックアップ時間が延びる傾向にあります。消費電力以上の出力容量を選ぶのは基本ですが、ある程度余裕をもたせたほうが効率良い電源供給が可能となります。
Qバッテリーの交換推奨期間が過ぎてしまったのですが大丈夫ですか?
A停電が発生したとき、機能が正常に働かなくなる恐れがあります。
バッテリーは交換推奨期間に近づくほど機能が低下します。メーカーの交換推奨期間は、停電時に十分なパフォーマンスを発揮することを前提に定められていますので、交換推奨期間を過ぎてしまうと有事の際にバッテリーからの給電ができないということになってしまいます。また、放置することで液漏れ等のリスクもありますので、交換推奨期間内にしっかり交換しておくことが大切です。

このページの先頭へ

用語集

CVCF
UPSのうち、直流出力のものと区別するため、交流出力のものをCVCF(Constant Voltage Constant Frequency)と呼ぶケースが一般的です。通常のUPSが補助電源の役割を担うのに対して、CVCFは電圧の変化などの外的要因に対応して、常時電力の安定を図るといった目的があります。
矩形波・正弦波
電力の出力波形の違いで、波形の正弦波とブロックのように直線的な矩形波の2種類があります。UPSの出力波形も同様で、正弦波と矩形派の2種類があります。矩形派の機器は価格が安いというメリットがありますが、最近のPCや自宅用にクラウドを構築できるNASなどには正弦波のみに対応している機種が多いため、UPSも正弦波対応のものを選ぶのが望ましいでしょう。

このページの先頭へ

関連カテゴリの選び方ガイド

このページの先頭へ