グラフィックボード・ビデオカードの選び方

ホーム > パソコン > グラフィックボード・ビデオカード > グラフィックボード・ビデオカードの選び方

選び方ガイド 自分に最適な製品選びをサポート

「パソコンのグラフィックボードを増設したいけどどうやって選べばいいの?」「スペックの見方がわからない」「グラフィックボードとビデオカード、何が違うの?」など、商品選びの際に浮かぶ疑問を解決します。グラフィックボード・ビデオカード選びに必要な基礎知識、用語解説はこちらでチェックしましょう!

グラフィックボード・ビデオカード選びの前に

グラフィックボード・ビデオカードとは何か?

PCがディスプレイに映像を映し出すためのパーツがグラフィックボードで、ビデオカードとも呼ばれます。動画再生や簡単な映像編集レベルなら、PCに標準で搭載されているグラフィック機能で十分ですが、最新の3Dゲームをプレイしたり、本格的なビデオ編集をしたりという場合には、グラフィックボードが必要になります。

映像データを処理しディスプレイに表示命令を出すパーツ

映像データを処理しディスプレイに表示命令を出すパーツ

グラフィックボードも持つグラフィック機能とは、映像データを処理しディスプレイに表示命令を出す役割を担っています。この機能がなければ、ディスプレイに映像が表示されず、簡単な初期設定すらできません。PCには必須の機能なのです。

オンボードタイプが主流、グラフィックボードは必ずしも必要ではない

主流はCPU一体タイプグラボは必ずしも必要ではない

一般向けPCの多くは、CPUまたはマザーボードにグラフィック機能を内蔵しています。そのうえでグラフィックボードを追加するかどうかは、3D処理性能をどの程度求めるかによります。

高い処理能力が必要な3D映像の描画で実力を発揮する

高い処理能力が必要な3D映像の描画で実力を発揮する

グラフィックボードを導入することで、高度な映像処理が可能になり、PCでより快適に3Dを楽しめます。まさに、PCでゲームやCADなど高度で複雑な3Dグラフィックを用いる人向けのパーツです。

グラフィックボード・ビデオカードが必要なのはどんな人?

最新の3Dゲームをストレスなく楽しみたい人

最新の3Dゲームをストレスなく楽しみたい人

最新の3DゲームをPCでストレスなく楽しみたい人には、グラフィックボードが必須でしょう。PCの内蔵グラフィックでは処理能力が不足することも多く、グラフィックボードの導入により、高画質な画像でゲームを楽しむこともできます。

複数ディスプレイやTVなどへの出力をしたい人

複数ディスプレイやTVなどへ出力したい人

4Kディスプレイや、3つ以上のディスプレイへの同時出力など、高度なディスプレイ環境を構築したい場合にも、グラフィックボードが必要になることがあります。元の出力ポート数が足りない場合やテレビへHDMI端子で接続したい場合など、既存の出力ポートで対応できない場合は購入を検討しましょう。

このページの先頭へ

選び方のポイント

価格帯をチェック

性能は価格に比例する! まずは用途から買うべき価格帯を絞りこもう

初心者は1万円台前半で十分効果を実感できる

簡単な3Dゲームのプレイが目的なら、1万円台前半の製品を検討しましょう。1万円を下回る製品だと内蔵グラフィックと3D性能が変わらないこともありますが、新たな出力端子を導入したい人には十分です。

1万5千円以下モデル

2万円台であれば3Dゲームを十分堪能できる性能を実現

2万円を超えるグラフィックボードがあれば、ほとんどの3Dゲームを快適に遊ぶことができます。ただし、高精細な3Dゲームは描画設定を下げる必要があります。

1万5千〜2万円台モデル

3万円以上はプロゲーマーなど上級者向けハイレベル品

3万円以上するような上位のグラフィックボードがあれば、高精細な3Dゲームも高画質にプレイできます。プロゲーマーやベンチマークでハイスコアを目指す人向けには、10万円を大きく超える製品もあります。

3万円以上モデル

やりたいゲームが決まっているなら必要スペックをチェックしよう

プレイしたいゲームが決まっているのなら、グラフィックボードの選び方は簡単です。メーカーが発表しているハードウェア要件を満たす製品を選択すればよいでしょう。もし、予算に余裕があるならば、必要な性能を上回る一台を選んでおくと、将来的にも困りません。

ソフト例 必要条件 推奨条件
Fallout 4 NVIDIA GeForce GTX 550 Ti(2GB) もしくはAMD Radeon HD 7870(2GB) 以上 NVIDIA GeForce GTX 780 (3GB) もしくはAMD Radeon R9 290X (4GB) 以上
Call of Duty:Black Ops 3 NVIDIA GeForce GTX 470(1GB)もしくはATI Radeon HD 6970(1GB) 以上
METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN NVIDIA GeForce GTX 650 (2GB) 以上 NVIDIA GeForce GTX 760

出力端子をチェック

ディスプレイとつなぐための接続口である出力端子は、どのような種類が何口あるか確認が必要です。使用したいディスプレイに合う端子を搭載しているか、必要な数の端子数を備えているか、をチェックしましょう。種類は、デジタル出力できる「DVI」や「HDMI」、「DisplayPort」のうちから複数を搭載するモデルが一般的です。将来、4Kなどの高解像度ディスプレイの導入を検討している人は、大容量データを転送できる「DisplayPort」搭載モデルが選択肢となるでしょう。

D-SUB

D-SUB
ポート数から選ぶ

HDMI

HDMI
ポート数から選ぶ

冷却方式をチェック

冷却方式をチェック

冷却方式には、ファンタイプとファンレス、水冷の3種類があり、ファンタイプが一般的です。水冷は、静かですが価格が割高な傾向があります。ファンレスはあまり処理性能が高くないものが多いですが、ファンが無い分占有スペースが小さく、ケースの空きが少ない場合には有効です。

ファンレスモデル

スロットサイズ/占有数をチェック

スロットサイズ/占有数をチェック

グラフィックボードは、マザーボードのPCI Express2.0または3.0スロットに接続します。製品よっては、2スロット分の体積を占有するので、ケースに収納できるか確認しましょう。またPCケースが小さい場合は、省スペースで取り付けられる「ロープロファイル」対応モデルがおすすめです。

ロープロファイル対応

4K対応をチェック

4K対応をチェック

近年、高精細な4K(解像度3,840×2,160ドット)コンテンツが注目を集めており、PC用の4K対応ディスプレイも登場しています。4Kで出力するには、グラフィックチップ(実際に描画を担当するパーツ=GPU)が対応していること、DisplayPortまたはHDMI(2.0)の出力端子が必要です。

4K対応

保証期間をチェック

多くの場合、保証期間は1年間ですが、なかには2年間保証をうたうメーカーもあります。長期の保証を希望する場合はチェックしましょう。

消費電力をチェック

グラフィックボードの消費電力は、基本的に性能に比例します。電力が高くなると補助電源が必要となるので、PCの電源ユニットの仕様も調べましょう。

バンドルモデルをチェック

3Dゲームや、人気ゲームの優待クーポンをバンドル(付属)している製品も。目当てのゲームがあるなら、製品選びの際に念頭に入れておきましょう。

このページの先頭へ

主なメーカー

ASUS(エイスース・アスース)

ASUS(エイスース・アスース)

マザーボードなどでも有名な、PCパーツの世界的メーカーです。エントリーモデルからゲーマー向けの「R.O.G.」シリーズまで、ラインアップが豊富です。

エイスース・アスース

MSI(エムエスアイ)

MSI(エムエスアイ)

老舗のPCパーツメーカーです。独自開発のファンを搭載したり、大型のファンを複数装備したりと、排熱性を考えた製品づくりが特徴です。

エムエスアイ

GIGABYTE(ギガバイト)

GIGABYTE(ギガバイト)

発熱の多いグラフィックチップを効率的に冷却するファン「WINDFORCE」を搭載。付属のユーティリティーソフトの使いやすさにも定評があります。

ギガバイト

ZOTAC(ゾタック)

ZOTAC(ゾタック)

同じグラフィック性能でも、他社モデルよりも比較的コンパクトな製品を多く提供しています。PCケース内の排熱性を高めたい場合に検討してみましょう。

ゾタック

玄人志向(クロウトシコウ)

玄人志向(クロウトシコウ)

その名のとおり、PCのベテラン向けのメーカーです。サポートは手薄いですが、コストパフォーマンスは抜群。他社にはない、キワモノモデルも用意しています。

玄人志向

ELSA(エルザ)

ELSA(エルザ)

サポートが手厚く、2年間保証で安心して利用できるメーカーです。ミドルクラスでも補助電源が不要など、使いやすさにこだわった設計が施されています。

エルザ

このページの先頭へ

FAQ(よくある質問と回答集)

QGPUメーカーはどんなものがありますか?
ANVIDIAと、AMDの2社が圧倒的なシェアを持っています。
GPUとは、PCで画像の描画を担当するグラフィックチップのことで、グラフィックボードはこのGPUを製造するメーカーと、完成品としてのグラフィックボードを開発するメーカーとに分かれます。GPUは、NVIDIA社「GeForce」シリーズと、AMD社「Radeon」シリーズの2社2ブランドが圧倒的なシェアを占めています。いずれも十分な性能をもつGPUを提供するメーカーですが、「GeForce」はシェアの高さが裏打ちする信頼性、「Radeon」はコストパフォーマンスの高さでユーザーの支持を集めています。前述のASUSやMSIなどのメーカーは、NVIDIAおよびAMDからGPUの提供を受け、ファンなどで独自性を加えながら、製品をつくりあげています。
QPCがマザーボードにグラフィック機能を内蔵するタイプなのですが、あとから増設できますか?
A増設スロットがあれば可能です。
使用しているデスクトップPCに増設用のスロットがあれば、グラフィックボードの増設は可能です。ほとんどのデスクトップPCはケースを簡単に開けられてマザーボードが露出でき、接続にも特別な機器や技術は不要です。
Qノートパソコンにもグラフィックボードを増設できますか?
Aできません。
海外では外付けのグラフィックユニットも販売されていますが、それほど普及はしていないようです。
Q補助電源はどうやって確保しますか?
APCの電源ユニットから供給します。
3Dゲームを滑らかに動かせるグラフィックボードは、多くの電力を消費します。そのため、接続するPCIスロットから供給される電源のほかに、PCの電源ユニットから電力を供給する必要があります。これが、「補助電源」と呼ばれるものです。グラフィックボードの説明書を参考にしながら、PCの電源ユニットから伸びるケーブルから適切なものを接続しましょう。

このページの先頭へ

用語集

GPU
GPUは、Graphics Processing Unit(グラフィックス プロセッシング ユニット)の略称で、PCがモニターなどに映像出力する際の画像処理を担当するチップです。大量のデータを複数のプロセッサで並列に処理するよう設計されている点が、CPUとは異なります。近年では、CPUで行う処理の一部をGPUが担当して、処理の高速化を図る技術も普及し始めています。
汎用シェーダーユニット
グラフィックボードの中にあり、実際に処理を担当するパーツです。同じユニットなら、数が多いほど能力は向上します。
コアクロック
描画を担当するGPUの動作周波数で、単位はMHzで示します。同シリーズのGPUであれば、周波数が高いほど処理能力も向上します。
ブーストクロック
より負荷の高い描画処理を行ったときに、どれくらいまでコアクロックを上昇させて処理作業を行えるか示す数値です。
容量(VRAM)
ディスプレイに表示する映像データを一時的に保存しておく場所です。現在、発売されているグラフィックボードなら、3Dゲームをプレイするのに十分な量を搭載しているものがほとんどです。
メモリ規格
VRAMのメモリの種類です。現行のメモリは、GDDR5 SDRAMとDDR3 SDRAMの2種類で、前者のほうが高速です。
メモリクロック
メモリの動作周波数で、単位はMHzで示します。メモリクロックが高いほど、処理能力も向上します。
バス幅
グラフィックメモリとCPUの間で、どれくらいの量のデータのやり取りができるかを示す数値。単位はbitで、高いほうが高速。
SLI・CrossFire
2基のグラフィックボードを連動させて、より高い描画性能を得る技術。SLIはNVIDIAが、CrossFireはAMDが提唱する名称です。
バスインターフェイス
グラフィックボードとマザーボードの接続口のこと。一般的に、PCI Express 2.0または3.0を用い、その中でも幅の広いx16スロットに接続します。
DirectX
3Dをはじめとしたマルチメディア技術のためのプログラム群で、Windowsに搭載されています。3Dゲーム目的なら、最新のDirectXに対応したグラフィックボードを選択しましょう。

このページの先頭へ

このページの先頭へ