VRゴーグル・VRヘッドセットの選び方

ホーム > パソコン > VRゴーグル・VRヘッドセット > VRゴーグル・VRヘッドセットの選び方

選び方ガイド 自分に最適な製品選びをサポート

ここ数年で、よく見聞きするようになった「VR」という言葉。しかし、「VRって何?」「どんなことが楽しめるの?」と、わからないことだらけの人も多いのではないでしょうか。さらに最近では「AR」「MR」といった注目技術も登場しはじめています。ここでは、VR・AR・MRの基礎知識や、それらを楽しむためのゴーグル・ヘッドセットの選び方を解説していきます。

VRゴーグル・VRヘッドセット選びの前に

VR・AR・MRの違いをチェック

VR(仮想現実)とは:
仮想世界に入りこんだような
体験ができる技術

VR

コンピュータ上に人工的な世界を構築し、あたかもそこにいるかのような体験ができる技術のこと。VR用のゴーグルを使用すれば、CGや360度カメラなどで撮られた映像が首を動かした方向に合わせて見えるため、本当にその場にいるような気分を味わえます。

AR(拡張現実)とは:
現実世界に付加情報を表示し
現実を拡張する技術

AR

現実の空間に付加情報を重ねて表示させることで、現実世界を拡張する技術のこと。仮想世界に入り込むVRに対し、ARの主体はあくまで現実世界。CGや3D映像を現実世界に投影することで、現実世界におとぎ話のキャラクターや世界観が表われたような体験も可能です。

MR(複合現実)とは:
仮想世界と現実世界を融合させた
世界を構築する技術

MR

「ミックスドリアリティ」と呼ばれ、現実世界と仮想世界を融合させる技術のこと。仮想世界に現実世界の情報を取り込むことによって、よりリアルなバーチャル情報が追加された世界を体感できます。さらに、MR空間では複数のユーザーが同時に体験することも可能で、あらゆる分野で今後の成長が期待されています。

現在主流であるVRの魅力は「仮想空間で高い没入感が得られる」こと

没入感を実現するポイント

頭の動きに合わせて視界が上下左右に

映像内でものに触れた感覚を楽しめる

このジャンルの主流は現在VR製品となっています。VRの魅力は、ゴーグルやヘッドセットなどの機器を通して見た映像の世界に没入(深く入り込むこと)でき、その仮想世界をまるで現実であるかのように楽しめるところにあります。自分の首をふればその方向に映像も動くため、上下左右360度好きな方向を見ることができ、本当にその場にいるかのような気分に。製品によっては、映像内で物体を触れたときに付属のコントローラーを振動させることで感触でも楽しめるものもあり、没入感をよりいっそう高めてくれます。

VR

このページの先頭へ

選び方のポイント

タイプをチェック

対応機器をチェック

ディスプレイ性能をチェック

ディスプレイタイプ

VRコンテンツを表示するディスプレイの素材の種類のこと。現在、ディスプレイを内蔵するモデルはいずれも「有機EL」を採用しています。その特徴は、動きの速い映像をクリアに描画でき、発色が鮮やかなこと。この有機ELは、液晶が主流だった薄型テレビでも近年使用されはじめています。一方、今後VRの普及が進めば、安価な「液晶」タイプのVRヘッドセットが登場するかもしれません。

視野角

どれくらいの範囲まで映像を表示できるのかを角度で示した値が視野角です。視野角が狭いと、視野の端で映像が途切れてしまい、リアリティが低下します。映像への没入感を重視する人は、100度を超えるような広い視野角を持つ製品を選択するとよいでしょう。

視野角で選ぶ

リフレッシュレート

ディスプレイは、静止画をパラパラ漫画のように連続表示することで映像を映しています。リフレッシュレートとは1秒間に画面を書き換える回数のことで、これが高いほど滑らかな映像を楽しむことができ、チラツキが少なくなるため目の疲労を抑制することもできます。なお、一般的な液晶テレビのリフレッシュレートは60Hzで、数値がこれ以上あれば極端な目の疲れは発生しにくいでしょう。

仕様をチェック

重量

VRゴーグル・VRヘッドセットは、バンドなどで頭部に固定して使用するアイテムです。そのため、重すぎると首が前のめりになり、疲れやすくなります。長時間利用するようなら、なるべく軽いもの、あるいは首に負担がかからないようにベルト部分に工夫が施された製品を選ぶとよいでしょう。

重量で選ぶ

接続端子

パソコン向けおよびゲーム機向けのVRヘッドセットは、HDMI端子とUSB端子を搭載し、映像、音声、制御データを伝送するのが一般的です。一方、スマホ向けVRゴーグルの場合は、給電やデータを必要としないスマホ本体を物理的にゴーグルにセットするため、接続端子がないモデルが大多数です。

搭載センサー

VRコンテンツを楽しんでいる際の頭の動きは、センサーで検知されます。スマホ向けの場合は基本的にスマホのセンサーを利用しますが、一部のスマホ向けモデルでは本体にもセンサーを搭載することで動きの検知および追従性能を向上させています。スムーズな映像の視線移動を求めるならセンサーの有無を確認しましょう。

このページの先頭へ

主なメーカー

SIE(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

SIE

PS4用のVRユニット「PlayStation VR」を展開

ゲーム機「PlayStation 4」(PS4)専用のVRヘッドセットとして「PlayStation VR」を発売しています。PlayStation VRは発売当初から品切れを起こすほどの人気で、対応ゲームソフトの数もどんどん増加中。有機ELディスプレイを搭載し、色鮮やかで滑らかな映像を楽しめます。コミュニケーション機能を搭載し、ほかのプレーヤーとボイスチャットで会話もできます。

SIE製品を探す

サムスン(SAMSUNG)

サムスン

センサー搭載で視線の移動がスムーズ!

サムスンはスマホ「Galaxy」シリーズ専用のVRゴーグルをラインアップ。「Galaxy Gear VR」は、直径42mmの大きなレンズを採用することで、101度の視野角を実現し、映像への没入を楽しませてくれます。本体にもセンサーを備えてスムーズな視線移動を実現したほか、操作ボタンやタッチパッドを搭載して使いやすさも追求しています。

サムスン製品を探す

HTC

HTC

広視野角のディスプレイでPC向けVR映像を満喫

パソコンでVRコンテンツを楽しめるVRヘッドセット「Vive」を展開しています。Viveではゲーム配信サービス「Steam」の「SteamVR」に対応し、1000を超えるゲームをプレイ可能。110度の広視野角を実現した有機ELディスプレイで、映像の世界へと飛び込めます。震動を伝えるViveコントローラーも付属し、視覚や聴覚だけでなく、触覚でもVRの世界を堪能できます。

HTC製品を探す

カールツァイス(Carl Zeiss)

カールツァイス

強みを持つレンズ技術をVRゴーグルに応用

レンズや双眼鏡などの光学機器で有名なドイツのメーカーです。「ZEISS VR ONE Plus」では、伝統の設計技術を生かし、装着時のピント合わせが不要に。裸眼でも、メガネをかけていてもすぐにVRを楽しめるので、複数の人で共有する場合にも便利です。視野角も100度と広いため、没入感にも優れています。

カールツァイス製品を探す

エレコム(ELECOM)

エレコム(ELECOM)

入門機から多機能モデルまで機種が豊富!

パソコンの周辺機器メーカーとして有名なエレコムは、エントリークラスを中心とした多彩なラインアップが魅力。紙製で軽量なVRグラス「P-VRG05シリーズ」や、ポケットサイズの小型モデル「P-VRG06シリーズ」、目の幅やピントの調整が可能な多機能モデル「P-VRG03シリーズ」など、多くの製品を揃えています。

エレコム製品を探す

サンワサプライ(SANWA SUPPLY)

サンワサプライ(SANWA SUPPLY)

ヘッドホン内蔵の高機能VRゴーグルをラインアップ

周辺機器メーカーとして老舗のサンワサプライは、エントリーモデルから中級モデルまでをラインアップ。最上位機種の「400-MEDIVR3」は、直販価格5000円以下の手にしやすい価格ながら、ヘッドホンを標準搭載。スマホのスピーカーよりも迫力のある音が、VRコンテンツの魅力をより引き出します。

サンワサプライ製品を探す

このページの先頭へ

FAQ(よくある質問と回答集)

QVRゴーグル・VRヘッドセットを使うと酔ったりしませんか?
A酔う人もいますが、製品選びに気をつければ、軽減も可能です。
VRで酔う人は、確かに存在します。その原因のひとつが、首の動きよりも遅れて映像が動くことによって発生する、認識と視覚のズレにあるといわれています。この対策として、リフレッシュレートの高いディスプレイを搭載したVRヘッドセットまたはスマホを選ぶことがあげられます。
Q眼鏡をかけたまま使えますか?
A多数の製品で利用可能です。
多くの製品で眼鏡着用に対応しています。ただし製品によって異なるため目当ての製品が対応しているかどうかは、事前に確認しましょう。ただし、眼鏡対応をうたった製品でも、フレームの大きさによっては装着時に機器と顔の間に隙間ができてしまう可能性もあります。可能なら、試着してみるとよいでしょう。
QHDMIセレクターを使って接続できますか?
A製品によって異なります。
「Vive」をはじめとするパソコン向けのVRゴーグル・VRヘッドセットは、HDMIセレクターを利用して、映像信号を分岐することができます。また、ゲーム機向けの「PlayStation VR」はPlayStation 4からの映像を、テレビに流す(パススルー)ことが可能です。しかし、色調が豊かな「HDR」対応テレビへのパススルーには対応していないので、その都度ケーブルを差し替える必要があります。
QVRを楽しむのに視力は関係ありますか?
A視力に関係なく楽しめます。
VRゴーグル・VRヘッドセットを装着できれば、目の良しあしにかかわらず、VRコンテンツに没入できます。ただし、視力によっては、映像がぼやけて見えてしまうかもしれません。そのような場合には、視力に合わせて補正できるピント調整機能搭載モデルを選びましょう。

このページの先頭へ

用語集

AR
「拡張現実」(Augmented Reality)のことで、現実の風景に情報を付け足すことをいいます。具体的な活用例としては、スマホのカメラやヘッドセット、ゴーグルを通して風景を見たときに、その風景上にイラストや3Dのキャラクターを表示させたり、観光施設の情報を表示したりすることなどが挙げられます。VRとの大きな違いは「見ている映像の違い」で、ARではユーザーが見ている現在の景色に情報を付与するのに対し、VRは制作者が用意した“今のその場にはない”映像に没入して仮想の現実に浸ります。

このページの先頭へ

このページの先頭へ