無線LANルーター(Wi-Fiルーター)の選び方

ホーム > パソコン > 無線LANルーター(Wi-Fiルーター) > 無線LANルーター(Wi-Fiルーター)の選び方

選び方ガイド 自分に最適な製品選びをサポート

スマホやタブレットの普及で、もはや暮らしの必需品となりつつある無線LANルーター(Wi-Fiルーター)(以下、「無線LANルーター」)。しかし、メーカーのホームページを見ると、見た目は同じなのに種類ばかりが多くて、どれを買えばいいのか迷ってしまいます。ここでは、そんな無線LANルーターの選び方を解説します。

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)選びの前に

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)のトレンド

無線LANルーターは、パソコンやスマホなどのWi-Fi対応機器をインターネットに接続する役割を果たします。ワイヤレスで通信できるので、家中のどこにいてもネットを楽しめ、複数の機器の同時接続も可能。家庭内のWi-Fi対応機器同士が相互に通信するための仲介役としても活躍します。

複数機器の接続に対応、同時に使っても高速通信が可能に

複数機器の接続に対応、同時に使っても高速通信が可能に

現在、光ファイバーの高速通信に対応した無線LANルーターが増えています。また、パソコンやスマートフォンだけでなく、タブレット、ゲーム機から同時に接続しても速度を落とさずに利用することができます。

面倒な設定なし! ボタンを押すだけで簡単に使うことができる機種も

面倒な設定なし! ボタンを押すだけで簡単に使うことができる機種も

以前は使用する際に面倒な設定作業を行う必要がありました。しかし、現在では、ほとんどの無線LANルーターは、機器のボタンを押すだけで接続できる簡単設定機能を搭載しているので、初心者でも安心です。

子供の使用制限機能を搭載、安全・安心を強化

子供の使用制限機能を搭載、安全・安心を強化

無線LANは家中どこからでもネットに接続できるからこそ、子供が長時間使う心配も多いはず。そんな悩みを持つ親のために、ネットの使用制限機能を搭載するモデルも増えています。

このページの先頭へ

選び方のポイント

このページの先頭へ

主なシリーズ

バッファロー

バッファロー

AirStation

iPhoneを狙って届くビームフォーミングも

アプリをインストールすることなく、iPhoneやiPadなどのiOS端末を設定できる「AOSS2」に対応した無線LANルーター。上位機種では、対応したスマホにピンポイントで電波を届ける「ビームフォーミング」(EX)機能を搭載し、高速で快適な無線LAN接続を楽しめます。ペアレンタルコントロールにも対応。

AirStationシリーズを探す

NEC

NEC

Aterm

人工衛星の技術で高速化と安定化を実現

「らくらく無線スタート」に対応した無線LANルーターです。人工衛星にも利用されている「μEBG」技術を用いてアンテナへのノイズ侵入をブロックすることで、安定性を高め、通信を高速化することができます。ラインアップは豊富に揃っており、ペアレンタルコントロールも可能です。

Atermシリーズを探す

エレコム

エレコム

WRCシリーズ

子供の使用管理をスマホで設定できる

パソコン用周辺機器メーカーの大手「エレコム」が提供する無線LANルーターです。ペアレンタルコントロール機能に対応し、設定をスマホから行えます。さらに、スマホやタブレットを、ウイルスや情報流出から守る「イカロスモバイルセキュリティ」も初年度無料で利用可能です。

WRCシリーズを探す

アイ・オー・データ機器

アイ・オー・データ機器

WNシリーズ

AndroidスマートフォンNFC対応なら簡単接続

WPSに対応するほか、AndroidスマホのNFCをかざすだけで設定できる「NFCコネクト」、QRコードの読み取りで設定できる「QRコネクト」など、初心者にやさしい機能を搭載しています。上位モデルでは、USB端子を搭載し、複数のパソコンでプリンターやHDDを共有することも可能です。

WNシリーズを探す

このページの先頭へ

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)とは

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)の基礎知識

無線LANルーターは、パソコンやスマホなどのWi-Fi対応機器をインターネットに接続する役割を果たします。ワイヤレスで通信できるので、家中のどこにいてもネットを楽しめ、複数の機器の同時接続も可能。家庭内のWi-Fi対応機器同士が相互に通信するための仲介役としても活躍します。

1本の回線でも、複数の機器からインターネットへ接続できるルーター

1本の回線でも、複数の機器からインターネットへ接続できるルーター

そもそも、ルーターがなければ、1個のモデムに1台の機器しか接続できません。ルーターのおかげで、1本のインターネット回線に複数の機器を接続できますが、従来はLANケーブルでつなぐ必要がありました。

わずらわしいケーブルが一切不要、家中好きな場所から利用できる

わずらわしいケーブルが一切不要、家中好きな場所から利用できる

無線LANならLANケーブル不要で、家中どこにいてもケーブルなしでネットに接続可能。強力な電波を発する機器なら、3階建ての一戸建てや、100平方mを超える広いマンションの部屋の全域をカバーします。

パケット制限を気にせず、スマホやタブレットが快適に使える

パケット制限を気にせず、スマホやタブレットが快適に使える

スマホやタブレットでも、携帯話会社と契約していれば、どこでもネットに接続可能。しかし、通信量の上限のせいで、動画や音楽を思う存分楽しめず……。無線LANなら心ゆくまでネットを満喫できます。

このページの先頭へ

FAQ(よくある質問と回答集)

Q同時に何台までの機器を接続できるのですか?
A50台程度とされているメーカーが多いです。
50台程度とされているメーカーがほとんどですが、10台を目安に子機を増やすことが推奨されています。ただし、一般家庭で10台同時に通信を行うことはまずないでしょうから、事実上は制限を気にする必要はないでしょう。
Q無線LANのスピードが遅いのですが?
Aホームページやカタログに記載されている最大通信速度は、規格上の通信速度です。
実際には、データの暗号化やノイズ、無線LANルーターと機器との距離による減衰などによって、速度は遅くなります。ただし、一般的なホームページが表示できないほど速度が遅い場合には、何らかのトラブルの可能性がありますので、メーカーに問い合わせましょう。
QプリンタやNAS、ゲーム機は無線LANに接続できますか?
A対象となる機器がWi-Fiに対応していれば、もちろん接続可能です。
Q2.4GHz帯、5GHz帯とは何ですか?
A無線LANルーターと子機が通信を行うのに利用する周波数帯です。
周波数が同じ機器同士のみが通信でき、利用する周波数は通信規格によって異なります。IEEE802.11nでは2.4GHz帯と5GHz帯の両方に対応しているモデルと、2.4GHz帯のみに対応しているモデルの2種類があります。IEEE802.11acは5GHz帯のみを利用します。しかし、IEEE802.11acモデルはIEEE802.11nにも対応していることがほとんどなので、2.4GHz帯での通信も可能です。なお、最近は5GHz帯での通信が主流になりつつあります。その理由は電子レンジをはじめとした他の電化製品の電波干渉を受けにくいからです。
QIEEE802.11a、IEEE802.11b、IEEE802.11gとは何ですか?
AIEEE802.11acおよびIEEE802.11nが主流になる前の無線LAN規格です。
通信速度は、IEEE802.11aが54Mbps、IEEE802.11bが11Mbps、1IEEE802.11gが54Mbpsです。周波数は、IEEE802.11bとIEEE802.11gが2.4MHz、IEEE802.11aが5GHzです。

このページの先頭へ

用語集

DLNA
LAN経由で画像や動画、音楽などのメディアファイルを配信するための規格です。「DLNA」準拠の製品であれば、パソコン、スマホ、液晶テレビやブルーレイ・DVDレコーダーなどの機種を問わず、メディアファイルの再生・閲覧ができます。
IPv6
インターネット上の住所であるIPアドレスの方式のひとつです。現在の主流はIPv4ですが、将来的にIPv6に切り替わるといわれています。
NAS機能
無線LANルーターにHDDなどのストレージ機器を接続して、ネットワーク上で共有するための機能です。
VPN
屋外のネットワークから、自宅のサーバーに接続する際に使用する機能です。擬似的に専用回線でつないだ状態となるので、セキュリティが確保できます。
Wi-Fi
ワイヤレスで機器同士を接続するために策定された規格です。無線LANと同じ意味と考えても問題ありません。

このページの先頭へ

このページの先頭へ