価格.comプロダクトアワード2014 液晶モニタ・液晶ディスプレイ部門賞

ホーム > 価格.comプロダクトアワード > 価格.comプロダクトアワード2014 > 液晶モニタ・液晶ディスプレイ部門賞

価格.com プロダクトアワード2014 4,600万人ユーザーの声が選ぶ、本当に支持されているモノ。

  • トップ
  • パソコン本体
  • パソコン関連
  • AV家電
  • 生活家電
  • カメラ
  • 携帯電話・スマートフォン
  • 自動車関連
価格.com PRODUCT AWARD 2014
金賞
液晶モニタ・液晶ディスプレイ
FlexScan EV3237
EIZO

FlexScan EV3237

FlexScan EV3237の最安価格 ¥FlexScan EV3237の価格を比較する
FlexScan EV3237の評価ポイント 4240ポイント
カラーバリエーション
FlexScan EV3237のレビュー ピックアップ
FlexScan EV3237のすべてのレビューを見る
CM692さん満足度満足度5

WQHDモニターからの乗換え1週間使用でのレビューとなります。【PbyPとPinPについて】大画面4Kの利点を最も発揮できる、PCモニターらしい良い機能だと感じました。PbyPは下枠ボタンのモニターメニュー... 続きを読む

PbyP4画面表示
PinP4K親画面4K子画面表示
PS3は1080p@60Hzのフルスクリーン表示

PbyP4画面表示

PinP4K親画面4K子画面表示

PS3は1080p@60Hzのフルスクリーン表示

コンポジット→HDMI変換(720p)でレトロゲームも大画面表示に
4Kの圧倒的な広域表示
同時購入24型EV2455との大きさは歴然

コンポジット→HDMI変換(720p)でレトロゲームも大画面表示に

4Kの圧倒的な広域表示

同時購入24型EV2455との大きさは歴然

WQHDモニターからの乗換え1週間使用でのレビューとなります。

【PbyPとPinPについて】
大画面4Kの利点を最も発揮できる、PCモニターらしい良い機能だと感じました。
PbyPは下枠ボタンのモニターメニューより5種類のレイアウト・解像度が選択でき、最大4画面(FullHD)表示が可能です。
また写真の様に入力信号ごとに表示位置を指定でき、カラーモードと音源も個別/全画面とそれぞれに設定可能です。
大画面なので4分割でもそれぞれが見やすく、FullHDモニタ4枚揃えるよりもあらゆる点でシンプルにまとめることが出来ます。

PinPは親画面と子画面それぞれにカラーモードと音源の設定が可能です。子画面表示位置は上下左右の4種類大きさはラージとスモールの2種類を選択出来ます。
写真は親画面4Kの中に子画面4Kをラージサイズにて表示したものです。子画面の大きさ指定が2種類しかなく、ラージサイズでも小さく感じます。
PinPでの子画面表示はサブPC表示に便利ですが、あくまでも「補助表示」的なもので、常時表示するのであればPbyPの2画面レイアウトが大きく表示でき便利かと思います。

【入力端子とリフレッシュレートについて】
本製品は2系統のDisplayPort(以下DP)とHDMI,デュアルリンクDVIを搭載し、DP入力時は4K@60Hz表示出来ます。HDMIとDVI入力での60Hz出力は2560x1600までとなります。私の環境ではメインマシンのグラフィックボードGTX680(GK104)にてDP@4K60Hz表示とサブマシンintelHD4600のDP@4K60Hz表示を確認しております。
GTX680にはDPのほかにHDMI,DVIx2端子がありますが、4K同時出力できるのは2画面までで3画面目を設定するとブラックアウトします。HD4600のサブマシン(マザーGRYPHON Z97)にはDP,HDMI,DVIの3系統出力がありますが、4K2画面同時出力とDVI(WUXGA)の3画面表示出来ました。内臓グラフィックスはグラフィックボードに比べ非力ですが、動画サイト閲覧程度ならカクつくことなくスムーズで違和感はありません。

一方AV機器関係の入力は主にHDMI中心となりますが、こちらはPS3での1080p@60Hz表示とPS2,ゲームキューブ,SFCのコンポジット→HDMI変換による720p@45Hz表示と音声出力を確認しております。解像度は低いですが古いゲーム機も出力変換することで、IPSノングレアの大画面で違和感なく楽しむことが出来ます。
尚、一画面にて解像度をWQHDやFullHDに下げるとdot by dotで文字がややぼやけます。モニターメニューにて超解像を調整(2段階+オフ)することで、推奨解像度である4Kのシャープさと同程度までシャープにすることが可能です。

【その他機能について】
Auto EcoViewによる自動調光機能を備えており、モニターメニューで調光範囲を1〜100%の範囲で手動設定可能です。デフォルトでは5〜100%に設定されていますが、私は眩しいと感じたので手動で5〜40%に絞りました。
この明るさでの消費電力は非常に低く、仕様には標準で約30Wとありますがワットチェッカー読みで15W程度まで下がりました。31.5インチサイズの4Kモニターとしてワットパフォーマンスは非常に優秀と言えます。
また本体発熱がとても低く、気になるコイル鳴き等はありません。デザインは無駄がなくスタイリッシュで洗練された印象です。スタンドはピボット未対応ですが、この大画面・高解像度なら不便に感じる場面は少ないでしょう。
発色・応答速度・スピーカー等の仕様は、主流となっている他のIPSモニターと同程度のスペックで特に気になる点はありません。
EIZO社のMade in Japan品質も素晴らしく、これだけの高解像度でドット抜けは一つもありませんでした。

【総評】
2014年Q4現在、PC用4Kの主流はTNパネルで30インチを超えるものは希少です。
その中で31.5型4KIPS、DPx2@60Hz表示、PbyP/PinPと今後のトレンドと成り得る機能を先取りしたプレミアムのモニターと言えます。
約20万という価格や解像度とリフレッシュレートが注目されがちですが、PbyPの使用感とワットパフォーマンス抜群なので、考え方によってはFullHDモニター4枚購入するよりお得感があります。スペースや配線、消費電力面で4画面より圧倒的に有利です。
HDMI2.0に対応していない点だけが悔やまれますが、価格だけの価値は十分あります。今後数年間戦える「大画面4KPCモニター」として現時点で至高の製品ではないかと思います。

投稿日:2014/10/21 23:44:24すべてのレビューを見る閉じる
藤裏葉さん満足度満足度5

主にオフィスソフト利用、写真編集でPCを利用しています。もともとEIZO S1701を2枚並べて使っていたのですが、1枚1枚が小さいため、画像を表示するのに不便を感じ、この度購入いたしました。4Kということ ... 続きを読む

主にオフィスソフト利用、写真編集でPCを利用しています。もともとEIZO S1701を2枚並べて使っていたのですが、1枚1枚が小さいため、画像を表示するのに不便を感じ、この度購入いたしました。4Kということでドット抜けを心配しておりましたが、1つもありませんでした。もちろんこれは個体差によりますが。

当初DVI出力し、リフレッシュレート30HZ(DVI接続)で使用していました。これでも4K出力できていると思っていたのですが、これはDVI出力したものをディスプレイ側で拡大表示して4Kにするだけなのですね。そこで急遽グラボ(玄人志向のGF-GTX750Ti-E2GHD/OC)を購入し、DisplayPort出力にしました。その上でのレビューになります。

【デザインなど】
ベゼル幅も細く、シャープな印象のデザインではないでしょうか。色はブラックを購入いたしました。黒については、従来のEIZOのディスプレイと同じ黒ですので、店頭の別機種でも確認可能かと思います。

【発色・明るさ】
特に問題ないかと思います。ぎらつくこともなく、美しく表示されています。基本的な性能に関する安心感を求めてEIZOのディスプレイを予約購入いたしましたが、実際にとても満足しています。
明るさについては、使用者が少し姿勢を変えるだけでもその影に応じて、頻繁に自動調節機能が働きますが、気になるなら機能を切ってしまえばよいでしょう。

【シャープさ】
実用上、Windows側で文字サイズを150〜200%に拡大する必要があります。ただ等倍表示でも、小さな文字がクッキリ表示されているのには感動します。

【視野角】
全く問題ないです。ほぼ真横からでも映像を視認でき、色の変化などもありません。画面をみせながら人と話す時も、気を遣う必要は全くないでしょう。

【調整機能】
複数の入力に応じて画面を分割表示するPbyP、PinPの機能については、説明書を読まずとも設定できるくらい簡単だと思います。ただ設定切りかえにはボタンを数回押す必要がありますので、頻繁に変更するのにはあまり適していないかも知れません。
画面の表示モードは、「sRGBモード」「(書類を読むのに適した)ペーパーモード」「(動画をみるのに適した)Movieモード」の3モードに加えて、ユーザーがカスタマイズしたモードをを2つまで登録することができます。モード切替はボタン一つで完了しますので、極めて簡単です。また下記のユーティリティーScreenManager Proで、使用ソフトと画像表示モードを紐付けてしまえば、あとは自動的にモード切替してくれますので、そもそもボタンを押す必要すらないかもわかりません。とても親切です。

【サイズ】
上記の通り、ベゼル幅も狭いですので、特に大きい印象はありません。もちろん31.5インチ分の大きさはあるわけですが。
以下、設置に関わる情報などを記します。
脚の台座は直径25cm弱の円形になっており、かなり安定しています。大きなディスプレイなので、出来る限り目と画面との距離を離して使用したいかたもいらっしゃるかと思いますが、台座の後ろを壁にドン付けした状態で、壁から液晶画面までの距離は約19cmでした。また上下移動も容易です。特に高さを上げる時に、ディスプレイ部分を持ち上げても、台座はついてこずにディスプレイの高さだけがあがるあたりなど、絶妙の調整バランスだと思いました。ちなみに一番低くしたときのディスプレイ部の下端は机面から約2.5cm、上端は約45cmとなります。一番高くした時のディスプレイ部の下端は同じく机面から15cm強、上端は約58cmとなります。

【その他】
本機種だけならではのユーティリティーということではありませんが、本機種ではなかなか気の利いたユーティリティーを使うことができます。
ScreenManager Proはデスクトップ画面上でディスプレイ設定を変更できるソフトです。@基本的な明るさ、色の調整をソフト上でおこなう機能、A立ち上げるソフトに応じて色設定を自動的に変更してくれる機能、B目の疲れを軽減するためのEyeCare設定、C決められた時間毎に「そろそろ休憩して目を休めてはいかがでしょうか」などのことばを表示するEyeCareRemainder機能(お節介ですが笑)など気の利いた機能が揃っています。またホットキーでディスプレイ電源を落とすように設定できたりもしますが、ホットキーでのディスプレイ設定変更はもっと充実させて欲しいところですね。
またScreenSlicerは、4Kの巨大な画面を分割して使うための便利機能が揃っています。イメージ的には、windowsの「windowsキー+←」「windowsキー+→」でwindows枠の整理して配置する機能を、いろいろとカスタマイズできるようになる感じです。たとえばブラウザを立ち上げる時には必ず画面の右半分で立ち上げるとか、メーラーはつねに画面の右下に配置するなどができます。また分割位置も固定ではなく、かなり細かくカスタマイズできます。これも直感的に使える良いソフトですね。


フルサイズデジカメで撮影した画像などを編集する際も、かなりやりやすくなりました。長年愛用してきたナナオが出す初の4Kということで迷わず予約購入しましたが、大満足です。

投稿日:2014/09/23 20:35:42すべてのレビューを見る閉じる
アフロ紳士さん満足度満足度5

購入後10日経過したのでレビューを上げようと思ったのですが…言いたいことは先にレビューを上げられた方がほぼ書かれてますね(^_^;)詳細なレビューで、もはや何も言うことがありませんwですので何枚か画像を上げ ... 続きを読む

1920x1080
2560x1440
3840x2160

1920x1080

2560x1440

3840x2160

平均30fps、GTX680シングルではこれが限界

平均30fps、GTX680シングルではこれが限界

購入後10日経過したのでレビューを上げようと思ったのですが…
言いたいことは先にレビューを上げられた方がほぼ書かれてますね(^_^;)
詳細なレビューで、もはや何も言うことがありませんw

ですので何枚か画像を上げておきます
表示領域の差などを確認していただけたらと思います


個人的なことですが、以前使用していたWQHDの液晶は、応答速度が6msでした
コチラは5msということで、わずか1msの違いでしかありませんが、体感で違いが判るほどに表示が速くなりました
今まであまり気にしていませんでしたが、非常に快適で満足しています


ドット抜けもなく、発色も綺麗で良い製品でしたが…ただ1点、問題がありました
私の環境では、付属のソフトが「OSのバージョンが違う」と言われ、インストール出来ませんでした
結局、メーカーサイトのサポートからダウンロードして入れましたが、原因は不明なままです
これから購入される方は気を付けると良いかもしれません


※すみません、私が購入したのはセイレーングレイの方です、間違ってコチラに書き込んでしまいましたm(_ _)m

投稿日:2014/10/01 22:34:37すべてのレビューを見る閉じる
価格.com PRODUCT AWARD 2014
銀賞
液晶モニタ・液晶ディスプレイ
ProLite XU2390HS XU2390HS
IIYAMA

ProLite XU2390HS XU2390HS

ProLite XU2390HS XU2390HSのレビュー ピックアップ
ProLite XU2390HS XU2390HSのすべてのレビューを見る
さすらいのもふもふさん満足度満足5

三菱 RDT232WLMからの入れ替え。・デザイン枠が狭いのはいいですね。ただ、下のピアノブラックな出っ張りをどうにかして欲しい。・発色・明るさ発色に関しては、コントラストが高めでやや派手目な印象。色域に関 ... 続きを読む

三菱 RDT232WLMからの入れ替え。

・デザイン
枠が狭いのはいいですね。
ただ、下のピアノブラックな出っ張りをどうにかして欲しい。

・発色・明るさ
発色に関しては、コントラストが高めでやや派手目な印象。
色域に関しては、sRGBそのものだと思います。
明るさに関しては、テキスト表示には明るめな印象です。

・シャープさ
コントラストが思ったよりも高く、映画を見ると
部屋の蛍光灯の明かりの反射が気になるくらい。
反面、暗い部屋の中でも黒浮きが気にならない。

・調節機能
あまり多機能ではないので、必要最低限の調整項目。

・反応速度
TNと比較しても遜色ない反応速度。
アクションゲームにも十分使える。

・視野角
特に視野角が広いわけではないが、狭いわけでもない。

・サイズ
結構小さめで軽い。


・コメント
三菱 RDT232WLMから見ると、不思議なサイズ感です。
TNパネルとは比較にならないほど視野角は良いですね。
以前使っていたRDT232WLMと色域はあまり変わらないはずなのに、
コントラストのおかげで、色彩がとても良く感じられます。

安いモニターですが、sRGBとのズレがとても少なく、
色合せは楽そうなので気に入りました。

投稿日:2014/09/10 5:04:30すべてのレビューを見る閉じる
価格.com PRODUCT AWARD 2014
銅賞
液晶モニタ・液晶ディスプレイ
24MP76HM
LGエレクトロニクス

24MP76HM

24MP76HMのレビュー ピックアップ
24MP76HMのすべてのレビューを見る
s-shinさん満足度満足度5

【デザイン】クリアースタンド仕様、超狭額ベゼルでスタイリッシュな液晶パネルですね。特にパネル周り全体が非常にスッキリとしていて見ていても気持ちがいいです。とにかく、全体的に無駄な物を徹底的に排除していて余計 ... 続きを読む

外箱
付属品一式

外箱

付属品一式

台座

台座

【デザイン】
クリアースタンド仕様、超狭額ベゼルでスタイリッシュな液晶パネルですね。
特にパネル周り全体が非常にスッキリとしていて見ていても気持ちがいいです。
とにかく、全体的に無駄な物を徹底的に排除していて余計な物が一切無い秀逸なデザインだと思います。(物理的&視覚的にも)

スタンドの材質も台座ベース部は金属性で、剛性感と適度な重量感があり、あわせて、さりげなくそれなりに高級感もあります(値段のわりにチープ感無し)。
上下角度の変更もスムーズにできます。(節度ある硬さ加減です)

【発色・明るさ】
ノーマルでは少し明るすぎるので、要調整だと思います。(ギラギラ感有り)
ブルーライト低減モードを使用すると、青みがかった目に刺さるような青白色が、少し黄色味がかった暖色に変化(2段階)します。
ブルーライトによる目の疲れが軽減するのでとても助かります(今回購入を決めた理由の一つ)。
※私は、この機能に加えて、PC用のブルーライトカット眼鏡を使用してます(^^;

明るさ、照度を下げてもフリッカーフリーセーフ機能がうまく作用しているようで、チラツキ感が全く無いようです(眼精疲労の者には、この機能がホントに助かります)。
仕事柄、長時間ディスプレイを見る事が多い私にはちょうど良い発色・明るさですね。「異議無し!!100%満足」です。

【シャープさ】
鮮明なAH-IPSパネル&SUPER+ RESOLUTION搭載なので、とてもクッキリ&シャープな表示が可能になってます。
以前使用していた、廉価品の液晶ディスプレイと比較した場合、とてもいいと感じられます。

【調整機能】
調整機能については、ごく普通で、標準的だと思います。ただ、液晶パネル下側にタッチセンサー式のボタンが数個配置されておりますが、これは少し慣れが必要ですね。(ボタンが直接見れないのでわかりにくいw)
高級機、高額機にはリモコンが付属している機種がありますが、やはり頻繁に細かい調整、微調整にはリモコン等が有ったほうがより便利で調整しやすいかと思われます。
しかしながら、画質調整等は最初に一通りの設定を一度してしまえば、その後はあまり必要ありませんので。。。まぁいいか〜。(私の場合購入価格が安い方が助かります。。。)

【応答性能】
私は動きの激しいゲーム等をしないので、この部分に関しては最初からあまり気にしておりません。
映画等の動きの激しい動画等でも気になるような残像感も無いので問題無いかと思われますが。。。
動きの激しいゲーム等を常時しないのであれば、ノープロブレムでしょう。特にゲーム重視の方は、ゲーム対応のパネルが必要でしょう。

【視野角】
178°/178°AH-IPSパネル採用なので、どの角度からでも綺麗に表示され、これ以上は申し分が無いかと思われます。どの角度から見ても発色、画像のブレ等がほとんどありません。
まぁ最近の最新モデル=IPSパネルならどれでもそれ程大差無いと思われる部分なんですがね。。。

【サイズ】
スタンド付けてのサイズが540.0×181.0×429.0(mm)なのですが、24インチ相当のパネルのわりにはかなりコンパクトな部類だと思います。
表示領域=パネル本体サイズ:527.0x296.5(mm)なので無駄な面積が無く、非常にスッキリとした印象です。
普通のPC用デスクで使用するのであればジャストフィットではないでしょうか。(パネルまでの目視距離40〜60CM)
大きめの部屋&デスクであれば、27〜29インチの大型液晶が大迫力でよりいいかもしれませんが。。。
当方の使用環境では、24インチ相当がベストマッチしてるかんじです。

【総評】
今回、PC人生で初めてLG社の液晶ディスプレイを購入しました。
この製品を買うまでは、他社製・23インチの(廉価品?)ディスプレイを約2年程使用しておりましたが、フリッカー&ブルーライトの影響からか、眼精疲労が酷く困っておりました。(ブルーライトカットPC用眼鏡使用)
そうしていたところ、今回、LG社からフリッカー&ブルーライト対策済みの液晶ディスプレイが発売されましたので、満を持して購入した次第です(^^!
購入してまだ、間が無いので確実な効果の程はハッキリとわかりませんが、第一印象としてはかなり良い感じですね。久しぶりに買って良かったと思える液晶ディスプレイ・製品だと思います。

まぁ、値段に拘らず、高級機=高額機=高性能、(EIZO等)7万円〜8万円も出せば、もっと良い物もあるのでしょうが、この価格帯(24980円で購入)では抜群にコストパフォーマンスに優れている製品だと思います。

各機能面に関しては、上記に記したとおりですが、今回購入してみて解った特筆すべき点は、意外にも純正の内臓スピーカー(5W+5W)の音がいい事ですね。
普通にインターネットラジオを聴いたり、You tubeでの鑑賞等では十分な音質です(以外に音がこもらないで抜けが良い感じ)。これはあくまでも、以前に使用してた内臓スピーカーと比較した場合ですが。
Blu rey&DVDで映画を鑑賞する場合(爆音&重低音)は、外部AVスピーカーに切り替える&ヘッドフォン使用なので問題ないです。

また、この製品はディスプレイ部門で、2014年BCN AWARD 最優秀賞を受賞してるだけの事はあると思います。総合的にまとまっている感じです。(使えば実感できます)

実売価格3万円までで、良い液晶ディスプレイが欲しいなら、迷わずこの製品で、まちがいないのではないでしょうか?!

現時点では、お勧め!の製品ですね(^^!。

※最後に
ただ、MADE IN JAPAN製では無いので、初期不良や、経年劣化による不具合等、これから先、トラブルの不安は若干ありますが。。。その辺のところはどうなんでしょうかね?。。。
最低でも5〜8年くらいは壊れないで使えたらいいな〜とは思ってます。。。




投稿日:2014/02/05 15:14:08すべてのレビューを見る閉じる
CHECK! 最新関連情報
液晶モニタ・液晶ディスプレイ 部門

2015年のプロダクト大賞レースはもう始まっている!? いま人気の製品・これから人気の出そうな製品をいち早くチェックしておこう!

プロダクト大賞、部門賞の選考基準について

ユーザーによるレビューのレポート内容などを基に総合的に算出しました。
※尚、レビュー数が一定数に満たない製品に関しては選考対象外としています。(対象外となる人数は各部門によって異なります。一定数を満たした製品が1つしかない場合は金賞のみの選出となります。また一定数を満たす製品が1製品もない部門に関しては部門全体が対象外となります。)
・部門賞(金賞、銀賞、銅賞)・・・各部門の上位3位を選出します。(1位:金賞、2位:銀賞、3位:銅賞)
・各カテゴリ内で最も評価ポイントの高い製品をプロダクト大賞とします。

このページの先頭へ