価格.com

金賞

NW-ZX2

SONY

NW-ZX2

記憶媒体:フラッシュメモリ/外部メモリ 記憶容量:128GB 再生時間:61時間 主な機能:日本語対応/Wi-Fi(無線LAN)/歌詞表示機能/ハイレゾ インターフェイス:USB2.0/Bluetooth

評価スコア
8,079pt
価格.com 最安価格
¥

レビューピックアップ

  • mezzo_pさん

    満足度5

    NW-ZX2を買って2ヶ月くらいになるのでレビューします。
    元々F886を一年くらい前に買ったのですが、据え置き(HD-DAC1)を使い始めてから音質に満足できなかったので買い替えました。

    【デザイン】
    高級感があります。シンプルで好きです。

    【携帯性】
    ZX2は235gもあるのでやっぱり重いです。
    かばんに入れていても重さが体感できるレベル。
    ポケットで運用は辛いと思います。

    【バッテリ】
    とてもよく持ちます。ここが他の高価格帯DAPと比べるとすごいところです。
    毎日通勤と外出で2時間程使ってますが、1週間〜10日に1回の充電で済みます。

    【音質】
    アニソン(某スクールアイドルアニメ・花澤香菜)での比較です。
    F886と比べると音の厚みが違います。
    解像度も上がり、なめらかな音になります。
    全体的にフラット〜やや低音寄りな音ですが、高音の解像度も決して低くはなく綺麗です。
    手持ちのイヤホンだとER-4Pと組み合わせるとバランスよく感じます。
    DN-2000だとやや低音過多ですが、ボーカルが恐ろしい程艶やかに聞こえるのでこちらの使用頻度のほうが高いです。
    k712だと、音量は十分取れましたがHD-DAC1と比べると全体的に音が遠くなってしまい音場も狭くなってしまいました。
    駆動力の必要なヘッドホンとの組み合わせは避けたほうがよさそうです。

    また、同価格帯のCalyx Mの音を視聴したことがありますが、ZX2より音が厚かったです。
    ただしCalyx Mはバッテリーの持ちが5時間以下なので欲しいとは思いませんでした。

    ちなみにエージングしていないと低音が暴れているのでF886以下です。
    10時間ほどエージングしたところそれなりにマシになり、〜200時間で段々と全体的にクリアな音になっていく印象でした。

    【操作性】
    大きさは今時の大型スマートフォンに慣れていれば問題ないと思います。
    片手で操作可能です。
    音楽アプリとしてwalkmanが入ってますが、Xperiaとwalkmanで多少アプリの仕様が違います。
    個人的にはwalkmanのほうが直感的で使いやすい印象です。
    ZX2とF886も背景の色が違う等のマイナーチェンジはありますが、使い勝手は同じです。

    【付属ソフト】
    media goは使いやすくて良いです。
    ZX2に入っていない曲が人目で分かります。
    曲数が多くてもPCでプレイリスト作成→ZX2にそのまま転送すれば使い勝手を損ないません。

    【総評】
    音質・操作性・バッテリーの持ちのバランスが良く、日常でストレスなく使えるDAPです。
    音質は向上させたいが使い勝手を損ないたくないwalkmanユーザーには特にお勧めです。

    投稿日:2015/06/05 0:15:09

  • Sarusaru1977さん

    満足度4

    Xperia Z3 compactに直挿しの10pro+nullaudio luneリケーブル、ue6000、MDR-1RBTmk2などで聞いていたのですが、10proをXBA-A3に買い替えたのをきっかけにいろいろと変えてみたくなってしまい、悩みに悩み購入しました。

    流石に高い品物なので、通常の1年保証ではおっかなく、3年ワイド保証が無料+10%OFFクーポンがあったので、ソニーストアで購入しました。ケースとフィルムも一緒に。

    とにかく今まで体験したことがない音が手に入ればよかったので、最初は今の機材を活かしつつびっくりな音になりそうな、ポータブルヘッドホンアンプのPHA-3をバランスケーブルを借りて視聴しました。

    びっくりな音に、なりました。
    音が厚いというか、豊かというか。

    でも、曲によって、日によって、気分によって、イコライザーをつけたり消したり、いじったりして聞いているので、それが使えないのがひっかかり、DAPも探してみることにしました。

    普段良く聞いている音楽をSDに入れて、家電量販店で試聴しまくりました。

    大きさ、デザイン、価格的なことを考えて、AK Jrを第1候補として、AK 100ii、NW-A16、NW-ZX2を試聴したのですが、どれも聞いたことのない音の世界を提供してくれました。

    NW-A16はXperiaからの変化量が他のものと比べて少なく、早い段階で除外しました。

    結果、AK2機種と比べてイコライザーをいじった時の変化の振れ幅が大きく、イコライザーなしでもしっかり分厚い音だと感じたのがNW-ZX2でした。

    一番ワクワクできた、というのが率直なところです。

    まだエージング中ですが、さすがに満足な音を出してくれています。
    厚い、とか、豊か、とか、なんかそんな音です 。焼肉がステーキになった感じです(余計わかりにくいか)。

    同時にイヤホン(XBA-A3)のポテンシャルにも驚きました。まだまだならせるイヤホンだったんだなと。

    ちなみに、再生停止、曲送り戻し、ボリューム調整のたびに重デカイ本体をポケットから出すのがイヤだったので、後日Satechi Bluetooth メディアボタンを買い足しました。すごく便利です。

    と、macのiTunesを利用しているので、音楽同期用にプレイリストまで同期してくれるisyncr、ハイレゾ音源の転送用にAirdroid、ファイル管理でファイルコマンダーを使っています。
    ホームアプリはapexに変更、スクリーンを1枚にして、ドックにはPowerToggleでBluetoothとWi-Fiのオンオフウィジェットを置いて使っています。

    【エージング後追記】
    必要十分な低音と高音が確保できるようになってきたので、イコライザーをオフにしてみたら、ボーカルがぐっと近くなって、生っぽい声を感じられるようになりました。低音も深く鳴るし、高音も嫌味なく鳴るし、恐ろしい子です。
    また、よく見かける定位と言う言葉をはじめて感じることが出来ました。
    これは、ちょっと感動ものです。
    そして同時にPHA-3のバランス接続を改めて試聴したくなりました(汗)

    投稿日:2015-08-05 00:51:34

  • comeback太郎さん

    満足度5

    【デザイン】
    ゴツい感じでオーディオらしくて良い
    スマホに比べるとずっしり重いけど、
    個人的に好き

    【携帯性】
    大きさはiPhone6位の大きさで

    厚みはスマホの2倍位で多少重いけど


    意外と気にならない重さでポケットに入れて持ち歩いてます


    【バッテリ】
    NW-ZX1と比べると大分スタミナがある

    2〜3時間聴いていても1コマ減る気配なし

    【音質】
    10proでCD音源を聴いた感想

    DSEE HXのみONの設定
    殆どlosslessかwav


    DSEE HXを効かすとボーカルが妙に曇る(クセ)があるけど


    OFFに比べると音の厚みが増すので問題なし


    音の広がりもあって
    繊細な音の響きなんかも


    表現するので曲によっては生々しく感じる時がある


    特にドラムのスネアとかバスドラのキックがドスドス効いて良い

    でも凄いナチュラルで繊細なので上品な聴かせ方をする

    ただナチュラルな分、

    ROCK系の曲を聴くと物足りないかもしれない

    ギターとかドラムのキレが大分ナチュラルで角が丸くなるので

    ROCKを聴くならZX1の方がギターのキレ味があって刺激的で良かったけど

    音の立体感とか楽器表現の豊かさは断然ZX2の方が上なので不満はない

    1曲だけ木村カエラのハイレゾが入ってるけど、さらに繊細な音だなって感じで感動はなかった

    ハイレゾは曲によっても評価が大分変わると思う


    【操作性】

    普通のAndroidスマホと変わらない操作性で問題なし
    ただiPhoneとかtouchに慣れてるとモッサリしてる様に感じるかもしれない


    【付属ソフト】
    何年もXアプリ使ってるけど特に不満はない


    何でも慣れれば不満もなくなると思う

    最近Xアプリのヴァージョンが上がったけど

    今までと変わりなしでやっぱり不満はない

    【拡張性】
    マニアックな商品なので豊富ではないと思う

    ただSDカードが128GBまで使えるので長く使える機種だと思う


    【総評】

    ポータブルオーディオで
    ここまでの音を聴けると正直思わなかった
    むしろポータブルの域を超えてる

    なので

    かなり聴きいって音楽に酔いしれてます(笑)


    1ヶ月位、値段で悩んだけどZX2は本気で買って良かった
    大満足です
    大事に使っていきます

    投稿日:2015-10-16 20:46:51

全てのレビューを見る

後継機

NW-ZX100 [128GB]

SONY

NW-ZX100 [128GB]

価格.com 最安価格
¥

記憶媒体:フラッシュメモリ/外部メモリ 記憶容量:128GB 再生時間:70時間 主な機能:日本語対応/歌詞表示機能/ハイレゾ インターフェイス:USB2.0/Bluetooth

銀賞

X5 2nd gen

FiiO

X5 2nd gen

記憶媒体:外部メモリ 再生時間:10時間 主な機能:日本語対応/歌詞表示機能/ハイレゾ インターフェイス:USB2.0

評価スコア
4,989pt
価格.com 最安価格
¥

レビューピックアップ

  • アナログ&ハイレゾ ファンさん

    満足度5

    【デザイン】
     この金属の塊のようなデザインが気に入りました。

    【携帯性】
     半年前まではポタアンを持ち歩いていたことを思えば、比べ物にならないくらい携帯性は良いです。携帯性が良くなっても、音質や、バッテリによる使用時間は全く犠牲になっていません。

    【バッテリ】
     全く問題ありません。

    【音質】
     最近はずっと、ESS ES9018K2M 搭載の DAP (Calyx M)、ポタアン(XPA-700) 等を使っていたので、久しぶりの TI /Burr-Brown 系の DAC ですが、DSDネイティヴ再生の質の高さに改めて感動しました( SONY UDA-1 で初めて DSD ネイティヴ再生を聴いた時の感動が蘇りました)。
     この小型の筐体で、 UDA-1 に勝るとも劣らない音質を実現した Fiio に感謝したいです。
     ESS、TI系の DAC には、それぞれ得手、不得手はあると思いますが、手持ちの機器では、TI / Burr-Brown 系の機器( UDA-1、iDSD nano、X5 2nd.)は、いずれも DSD ネイティヴ再生の質が極めて高いと感じています。この超高音域の抜けの良さや、独特の艶めかしさは、 残念ながら手持ちの ESS 系の機器では得られません。
     もちろん、 Calyx M の音( 特に96kHz/24bit)も素晴らしいので、しばらくは、 Calyx M と X5 2nd. の2台を使い分けしていくことになりそうです。

    【操作性】
     あまり評価は良くないようですが、私は好きです(使い易いと思います)。

    【拡張性】
     microSD 2スロットは嬉しいです。

    【総評】
     今、1つだけ DAP を選べと言われたら、総合力(音質、バッテリ使用時間、大きさ、デザイン、価格)から見て、 X5 2nd. を選ぶと思います。ただし、低音域の厚みは必要量な分だけ出ている感じなので、低音好きの方には物足りないかもしれません。


    投稿日:2015/10/26 22:46:28

全てのレビューを見る

銅賞

FiiO X1

FiiO

FiiO X1

記憶媒体:外部メモリ 再生時間:12時間 主な機能:ハイレゾ インターフェイス:USB2.0

カラーバリエーション
シルバー
ゴールド
ブルー
ブラック
評価スコア
3,383pt
価格.com 最安価格
¥

レビューピックアップ

  • anakurooyajiさん

    満足度5

    総評

    iPodの音質を越え、携帯性を殆ど損なわず、5,000曲以上のファイルを持ち運べる比較的安価(64GBのmicroSDと一緒に買っても2万円でおつりがくる価格)なDAP。

    操作性のもたつき、文字データを頼りに手作業で行う収納後の楽曲データの管理と選曲の限りない不便さなどは、音質とのバーターで諦めることになりますが、一旦取り込んだデータの出し入れは最低限にし、通勤途中にシャッフル再生で使う分には、これらの不便さが気になることは殆どありません。

    今のところ、収納楽曲に5,800曲までの上限があって、iTunesから取り込んだ256bpsのAACファイルだと64GB/microSDでほぼいっぱいになるので、128GBのSDを使う場合はハイレゾ等の高音質フォーマットを使う場合でしか活かされません。今後ファームウエアの更新で改善されるかも知れませんが。
    これを買った後、つい買い増ししてしまった上級機のX5は、別次元の解像度とリアルな音場再生能力を備えており、他社の製品も含めて音質面だけで評価すればもっと上をいく製品も沢山あると思いますが、移動中に使うポータブル機としての性能も加味した総合的な価値は十分高いと思います。

    良い点

    @iPodやiPhoneと比較して、再生帯域が広く音の輪郭が明瞭で解像度が高く、ダイナミックレンジも凌駕しています。繊細さと音場感は程々ですが、楽器固有の響きやニュアンスもしっかり伝えてくれ、なにより音楽が心地よく弾んで聴く楽しみを味あわせてくれます。
    組み合わせるイヤホンの個性がより明確に表現されます。

    A安いです。ちょっと試にという気分にさせてくれました。

    B胸ポケットに入れるには厚いけれど、コンパクトで許容できる大きさの携帯性と、普段使いには十分なバッテリの持ち。

    残念な点

    @iTunesによるシンクロ管理に慣れてしまっている身に強いられる前時代的なファイル管理操作。

    A反応待ちが多い本体の操作感。押し間違えたかと何度もやり直す時があります。

    B初代iPodそのまんまの基本デザインながら、細部の仕上げはかなり安っぽく一見見下されそうな外観。でも付属のシリコンカバーを使えばそこそこ隠せますケド。

    満足度

    結局価格という要素を無視して評価はできないのですが、C/Pも考慮して個人的満足度はかなり高いです。
    初代iPodから、10台を超えるiPodだけを使い続けてきましたが、その間ちょくちょく目にしていた、「iPodの音はいまいち」という評価の意味にようやく納得しています。今後のiPodの開発にはすっかり熱が冷めてしまっていて、ましてや音質向上というアプローチは今のAppleに期待できそうも無い現実を前にして、今回のX1購入はさらなる可能性の世界を探す良い切っ掛けにもなったと思っています。

    投稿日:2015/03/04 14:42:44

全てのレビューを見る

Copyright c Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止

このページの上へ戻る