価格.com

オーディオ部門

プリメインアンプ

金賞

PMA-2500NE

DENON

PMA-2500NE

定格出力:80W/8Ω/160W/4Ω 対応インピーダンス:8Ω/4Ω 再生周波数帯域:5Hz〜100kHz アナログ入力:4系統 アナログ出力:1系統

評価スコア
3,283pt
価格.com 最安価格
¥

レビューピックアップ

  • け〜ずさん

    満足度5

    普段は読むばかりの私ですが、あまりにも衝撃的になったので、初レビュー致します。
    PMA-1500RE→PM-14S1→PMA-2500NE
    と買い換えてきました。
    スピーカーはFOSTEXのGX100basicです。
    PMA-1500REは不満はありませんでしたが、マランツの綺麗な高音を試聴したら即欲しくなり買換えましたが、どこかパンチが無く綺麗すぎる音に飽きてしまいDAC内蔵のプリメインアンプを探していたところ、本機を試聴したらスピーカーの駆動力が尋常ではないものすごいパンチがある音が飛び出してきたので即決しました。パンチがあるのにスピーカーの存在感を感じさせない広がりある音と、今までのDENONには感じられなかった高音の伸びと綺麗さで惚れてしまいました。
    私からすれば以前所有していたPMA-1500REとは比較対象外です。全てが違いすぎます。
    スピーカーのGX100basicが化け物の様にでかくなったかの様な変化です。決して大袈裟な表現ではありません。私の自慢のJBLが立場無くなりました 笑
    一般量産型のプリメインアンプによってここまでの違いを体感できたのはこの20年で初体験でした。
    セパレートアンプも外付けDACも物欲が無くなりました)^o^(
    中途半端なプリメインアンプを買うぐらいなら最初からこのクラスのアンプをおすすめしたいです。
    このPMA-2500REの音を聴くと、この価格設定は安すぎる気がします。

    投稿日:2016/10/17 13:18

  • bmwロードスターさん

    満足度5

    【デザイン】ボリュームが大きくいいですね。

    【操作性】残念なのは、SACDとCDで入力切り替えをしなければならないこと、

    【音質】1500SEからの買い替えです、あくまで1500SEとの比較です。CDプレイヤーは、デノン1650SEで、スピーカーは自作スピーカーでフォステクス限定20cmバックロードホーンからMARK AUDIO Alpairシリーズ各種(10組)です、全てのSPでの感想ですが、素晴らしいいです、低音から高音までいいです。実はあまり期待してなかったのですが(PCで、ハイレゾ目的)。とにかく良いです、1500SEと比較にならないですね、メインシステムでは、アキュフェーズのパワーアンプ(p−500)を使用してますが、音の輪郭や空間、低音の質などが似ています、低音の量も倍増でSPユニットが壊れるかなーと思いコーン紙の動きを観察しました、が、今までより量感アップしてるのに動きが小さいのに驚きました、、多分SPの制動が効いているんでしょう。今までSACDの良さがあまり分からなかったが2500NEでは、DSDサウンドの良さが良く分かりました。



    【パワー】十分です。

    【機能性】スピーカーA・Bの切り替えがあってほしいです。ディスプレイをもっと大きくしてほしかった。

    【入出力端子】普通

    【サイズ】1500より厚く重いですが、見た目高級感があっていいです。

    【総評】とにかく、1500SEからの感想ですが、ぜんぜん比較にならないくらい良いです。アンプでこんなにも違うのって感じです。

    投稿日:2016/6/4 2:38

  • ソフィールさん

    満足度5

    今までの私のアンプ履歴ですが
    PMA-1500→マランツ PM-11S3→PMA-2500NEと買い替えてきました。
    それぞれの音の特徴を書きます。

    PMA-1500
    音質傾向としては、逆かまぼこ型です。低音と高音が出て、中音が抜けてしまうような感じです。若干、くもりの有る音です。
    低音は制動が効くというよりかは出るところまで出尽くすタイプです。
    音は団子状になり分離感があまり良くないです。
    中音は、張り出しが弱くもう少し厚みがあればと思います。
    高音は、非常にクリアで音の分離感は高いです。小さな音まで良く聞こえます。
    総体的には、温かみがありロックやジャズ、ボーカルに向いてますが、時として低音が出過ぎる(迫力がある)ことがあり、ストレスになることがあります。

    PM-11S3
    音質傾向としては、中高音型です。色付けが無く、ストレートで着色料を使っていない音です。
    1500から買い替えた理由として、中音がクリアで、中高音の押し出しが高いことを考えてのことです。
    聞いてみた感想として、低中高音が誇張なく全ての音が均一に出ることです。傾向としては、アッサリ、サッパリという感じでしょうか。
    低音は、過不足なく広く全体的に振動する感じで、制動が良く効いてます。音場が広いため、ステレオ感は少し薄れます。

    ジャンルとしては、クラシック音楽を聞くには持って来いです。各楽器が生音のように鳴ります。また、ボーカルはマイク越しにストレートで着色の無い声が聞き取れます。目の前で歌を聞いているようです。
    いつまでも安心して聞いていられる音です。
    ただし、私は映画やポップス中心なので、もう少し迫力や色付けが欲しいといったところもあり、またDENONに戻ることにしました。

    PMA-2500NE
    音質傾向としては、ピラミッド型です。1500と比較しても中音も良く鳴ります。
    低中音をグリップし続け、充分な厚みをベースに音が展開します。低音も1500と比較し、分離感もあり制動が効いてブーミー感がない(出過ぎる事は無い)です。
    聞き疲れすることなく、安心して聞いてられます。途中で慌てて音量を絞るということも無くなりました。音色も暖かく、女性ボーカルも色気があり、しっとりと歌い上げてくれます。
    高音は、澄んだ音色で解像感が高いです。
    クラシックは、低中音をベースとして、各楽器の音を分離し聞かせてくれます。バイオリンの倍音も良いです。ステレオ感も有り、前後左右の楽器の位置も分かります。
    映画やドラマも、臨場感があり迫力があります。
    総体的に、映画やロック、ポップス、クラシック等の全てのジャンルにおいて、満足のいく音を出してくれます。

    やっと求めていた音色に出会いました。素晴らしいです。気持ちも暖かくなります。恐らく、買い替えることはもう無いでしょう。

    投稿日:2016/10/30 9:21

全てのレビューを見る

Copyright c Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止

このページの上へ戻る