価格.com

パソコンパーツ部門

マザーボード

金賞

H110M GAMING

MSI

H110M GAMING

フォームファクタ:MicroATX CPUソケット:LGA1151 チップセット:INTEL/H110 メモリタイプ:DDR4

評価スコア
3,367pt
価格.com 最安価格
¥

レビューピックアップ

  • うたたね猫さん

    満足度5

    個人的に初めてのDDR4規格メモリ仕様のマザーボードです。


    【安定性】
    半年以上使用して特に問題はありません。ド安定の一言です。

    【互換性】
    今年の1月に登場したモデルだけあってCPUはBIOSバージョンを
    気にする事無く組み込めました。
    (組み込んだ当時のCPUはPentium G4500で今現在はi3-6100Tです)

    メモリはDDR4・CFD W4U2133PS-4Gを組み込んで問題無く起動しました。
    ただ、このCFD W4U2133PS-4GはMSIサイト内のH110M GAMINGの製品情報に
    ある「検証済メモリリスト」を見ても製品名が見当たりません。
    メモリパッケージを見ると『(Panram)PUD42133C154G2VS 』の
    文字があり再度検証済メモリリストを見るとその製品名でありました。
    CFD・Panram製メモリを購入する場合はCFDでなく、Panramの
    製品ナンバーで照らし合わせた方がいいと思います。

    その後、ADATA AD4U2133W8G15-2(DDR4 PC4-17000 8GB 2枚組)に
    交換しましたが問題無く稼動しています。
    勿論、検証済メモリリストにも(1枚名称のG15-Bですが)記載されて
    いるメモリですので安心です。

    【拡張性】
    このモデルはゲームに特化しているとはいえ拡張性に関しては
    他のH110モデルと同じくメモリ、各スロット類は必要最低限で
    M.2スロットもありません。メモリも最大32GB対応までです。
    (それでも少し前の中〜上位モデル並みに内容はあるとは思いますが)

    あと、CPU電源コネクターがスタンダードなATX12Vコネクターで
    EPS12Vコネクター(8ピン)ではないのが残念。
    もっともこの手のモデルを選ばれる方は最初から割り切っていると
    思いますし、拡張性を求めるのであればH170やZ170モデルを
    選択された方がいいと思います。

    ちなみに小さな事ですがH110モデルでシステム(ケース)ファン
    コネクターが2つあるのは便利です。
    B150やH170、Z170モデルでは当たり前に2つある物でも
    H110モデルだと1つだけの物が多いので前後にファンを
    付けれる事は熱を抑える意味でも良いと思います。


    【機能性】
    CPU、メモリ、グラフィックスカード等の障害を検査・表示する
    EZ Debug LEDは便利です。
    あとは最近の流行とも言えるイルミネーションも赤く光っています(汗)
    個人的にはこのモデルの「オーディオ部分」に期待していましたが
    謳い文句の通りポップコーンノイズも無く、ヘッドホンで音楽を
    聞いてもノイズも無くクリアで良い音だったので満足しています。

    【設定項目】
    他社(ASUS、GIGABYTE)や以前使用した同社H81M-P33に比べて
    地味なBIOS(※)画面で、もうちょっと派手さが欲しいなぁと
    思いましたが内容的には細かい設定が出来ます。
    個人的にWindows7でインストールするのでPS/2キーボードや
    マウスは用意してあるのですがBIOSメニュー内の
    「Windows7 installation」項目で確実にWindows7が
    インストール出来るので助かります。

    (※)
    BIOSはCLICK BIOS 5ではなく、スタンダードなCLICK BIOSです。

    【付属ソフト】
    十分すぎるほどソフト類があります(汗
    その中でも「COMMAND CENTER」と「LIVE UPDATE6」の2つのソフトは便利です。
    本来BIOSで見るPCの状態(温度・回転数)も「COMMAND CENTER」で簡単に
    確認できますし、「LIVE UPDATE6」ではメーカーサイトを一々見て確認しなくても
    最新のドライバを簡単にDL出来て更新出来るのでとても便利です。

    【総評】
    PC起動直後に画面に映し出されるレッドドラゴン、そして派手なMSIの壁紙。
    艶消しブラックのマザーボード地に鮮烈な赤色スロット。
    チップセットヒートシンクにもドラゴンマークと今まで地味目な物を
    選んできた僕には華やか過ぎるマザーボードです(汗
    ただ、派手なパッケージの割には中身は「質実剛健」。真面目だと思います。
    ゲームをする人は勿論の事、ゲームをしない人にもこのマザーボードは
    お勧めです。

    (※ 2016・11・2 一部文章を変更し再レビューしました)

    投稿日:2016/11/2 23:47

  • toms00jpさん

    満足度4

    【総評】
    H110チップセットを採用することによって、非常に低価格ながら高負荷の用途にも使えるマザーボードに仕上がっています。
    高価格帯に位置する他のゲーミングマザーボードに比べると、チップセットの制限の為どうしてもの拡張に難がありますが、繋げるデバイスの数がそれほど多くないならばハッキリ言ってこれ1枚で十分です。
    この値段で上位クラスの性能を得られるというのはかなり魅力的。高い信頼感は、常時起動させる用途に向いていると思います。


    【安定性】
    マザーボードの構成部品は、同価格帯よりも耐久性のある物が使われています。
    PCI-E X16のソケットは力のかかる部分がハンダ付けされています。オンボードのサウンドは。どちらもゲーミングモデルでは流行りのつくりですね。
    不安定な動作も見られず、信頼できるマザーボードでした。

    【互換性】
    CPUは1151LGA、メモリはDDR4専用です。これ以前のものとは互換性がありません。

    【拡張性】
    拡張性を犠牲にして価格を抑えているため、特にSATAやPCI-Eの数は少なめです。
    ただ、2スロット占有型を想定したPCI-Ex16スロットを作るなど、制限をうまく生かしての設計によって最大限の拡張性が考えられています。

    USBは背面にUSB3.1x4、USB2.0x2。あとはピンヘッダによる追加で、USB3.0のコネクタは1つ。
    SATAはx4で、SSD+ディスクドライブ+HDDx2が想定される最大でしょうか。
    PCI-Eは3か所で、グラフィックボードx1とすると、無線LANやTVチューナーなどであと2か所。ちょっと少なめ。
    メモリのスロットは2本。メモリ相場を考えると16GB(8GBx2)まで。ほとんどのユーザーはこれで十分でしょう。

    【拡張性2】
    メモリスロットが2本のため、基盤のサイズが通常のMicro-ATXよりも幅が37mmコンパクトです。
    大きな電源ユニットを小さなケースに入れてもケーブルの干渉が避けられます。
    いろいろなものが狭いスペースに刺さる配置なので、大きなCPUクーラーは他のデバイスと干渉する可能性があります。夏場はケースファンが一つくらいあった方が排熱がうまくいきそうです。

    【機能性】
    デバッグランプは便利ですね。安いパーツで揃えると、特にメモリのエラーが分かるのはありがたいです。
    イルミネーションとして、マザーボードの裏側が赤く光ります。これもゲーミングモデルでは流行り。上位ではカスタマイズとかができるけれど、このモデルはそこまでの機能はありません。

    【付属ソフト】
    簡易版ながら、キーボードなどのユーティリティやRamDisk作成など、実用的で充実しています。
    RamDiskは簡易ながら使いやすく、この手のソフトウェアにありがちなエラーも発生しませんでした。
    他、定番ともいえるモニタリングやファンの制御など、ゲーミングモデルでは一般的なものは一通りあります。

    【設定項目】
    H110ではBIOSの設定などたかが知れており、それを求めるのは違います。
    ファンのコントロールは専用のユーティリティソフトが便利です。これは非常に使いやすかったです。

    【レビュー構成】
    【CPU】インテル Core i7 6700
    【CPUクーラー】サイズ 侍ZZリビジョン
    【メモリ】Patriot Memory 8GBx2
    【マザーボード】GIGABYTE GA-Z170MX-Gaming 5
    【ビデオカード】ASUS STRIX-GTX750TI-OC-2GD5
    【SSD】SANDISK SDSSDHII-480G-J25
    【HDD】WESTERN DIGITAL WD25EZRX
    【光学ドライブ】内蔵5インチディスクドライブ
    【ケース】クーラーマスター Elite 361
    【電源】Corsair RM550x

    投稿日:2016/4/6 2:04

  • Takesi_38さん

    満足度5

    GAME向け製品という事で派手目の見た目になっています。マザー背面四隅で光る赤LEDなどは最たる演出の一つですが、電源ON状態を一目で確認できたりするメリットも(PCケースによりますが)。

    他の製品にもつけてほしいと感じたのは「EZ DEBUG LED」不具合を起こしているユニット(CPU/MEM/VGA)の判別が一目瞭然で便利です。
    正常な場合は起動時に一度点灯し消えます。異常だと点灯しっぱなし。

    容易となったOverClockも付属ツールから容易にできます。CPUなど構成環境が対応している必要あり。

    付属ツールが実用的でかなり軽く作られている様子で、常駐型もありますがメモリを占有する感じも受けません。メモリ領域を擬似ディスク化するRamDiskツールもチェック一つでキャッシュ用途orディスク用途が選択できたりして実用的です。

    DDR4Boostなる名称で、メモリ回路を他回路から分離させ安定化させているという事で、他コンポーネントからのノイズに影響を受けにくい設計となっているらしく、実際に2GBのRamDiskを使っていますが一度も不具合はもちろん不安定になった事がなく安定感が高いです。ただ、RamDiskは定格でしか使っていないため、OverClock時の挙動は不明です。

    Game向けという特長は主に下記となるかと。
    ・LANの占有度をツールにて設定可能。
    ・安定感の高いRamDisk。
    ・Bios設定項目の豊富さ詳細なメモリクロックやCPUクロック調整項目。構成環境によっては無効。
    ・6チャンネルAudio出力搭載(7.1-Channel HD Audio)
    ・HDMI 4K出力対応(CPUに依存部分有り)
    ・PS/2 マウス、キーボード対応

    GAME向けというカテゴリの製品ですが、シンプルな構成で扱いやすい製品という印象を受けました。

    背面I/Oパネルも黒に赤デザインで今回黒いPCケースを使ったので統一感が出て、なかなか納まりが良いです。

    至極真面目な造りで良品だと思います。

    投稿日:2016/7/11 11:13

全てのレビューを見る

銀賞

Z170A GAMING PRO CARBON

MSI

Z170A GAMING PRO CARBON

フォームファクタ:ATX CPUソケット:LGA1151 チップセット:INTEL/Z170 メモリタイプ:DDR4

評価スコア
3,353pt
価格.com 最安価格
¥

レビューピックアップ

  • kage1208さん

    満足度5

    【安定性】
    BIOSでもWindows上のユーティリティからでも簡単にクロックアップの設定ができます。
    ドライバーやユーティリティも付属のDVDで簡単にインストールできるので誰でも簡単にインストールでき安定した動作につながっていると思います。

    【互換性】
    気になるのはPCIスロットとVGA出力が無いところです。最近はPCIで増設する機器もほとんどないのでほぼ問題はないでしょう。
    拡張性にも書きましたがUSB3.1Gen2 Type-CやM.2など新しい規格をサポートしています。

    【拡張性】
    USB2.0、USB3.1 Gen1、USB3.1 Gen2、同Type-Cと外付けには十分なポート数があります。
    Type-Cポートが付いているのは新しいですね。
    内部にはUSB2.0コネクターx2、USB3.1Gen1コネクターx2
    またディスプレイはDVI-D、HDMIのみでVGAがありません。まあ最近はVGAがなくても困りはしないですね。
    PCIeスロットは7本あります。PCIe3.0 x1が4本。PCIe 3.0 x16が3本(16/0/4か8/8/4)。
    2番と4番のスロットは重いVGAカードの重量に耐えられるように補強されています(Steel Armor)。
    ストレージではM.2スロットを搭載しています。

    【機能性】
    最近では珍しいPS/2ポートも搭載しています。このあたりはGAMINGの名の通りでしょうか。
    EZ Debug LEDでCPUやDRAM、VGAの認識をハード的に確認できるのは便利ですね。
    今はまだコスト的に主流にはなっていませんが、将来的にはM..2やUSB3.1 Gen1も活用したいですね。

    【設定項目】
    i7-6700K、i5-6600KならGAME BOOSTで簡単にクロップアップできます。設定もWindows上のユーティリティで簡単です。
    Base Clockの変更もユーティリティ上で可能です。もちろん上げすぎたりするとそのまま固まりますが...再起動時には前回の設定に戻っていました。

    【付属ソフト】
    ドライバーやユーティリティのインストールは付属のDVDから簡単にできます。
    いらないソフトはちゃんとはずしてインストールできるところも良いですね。
    マザーのLEDの色の調整などはWindows上のソフトで行います。最初BIOS上で設定を探してました ^^;

    【総評】
    KモデルのCPUを使えば簡単にオーバークロックできますし、細かく調整してクロックアップすることもできます。
    マニュアルはちゃんと日本語でかかれています(英語、中国語、韓国語も)し、YouTube上で動画でも説明していて非常にわかりやすく、初心者でも間違いなく組み立てられるのではないでしょうか。

    投稿日:2016/4/24 22:38

全てのレビューを見る

銅賞

X99 Taichi

ASRock

X99 Taichi

フォームファクタ:ATX CPUソケット:LGA2011-3 チップセット:INTEL/X99 メモリタイプ:DDR4

評価スコア
2,399pt
価格.com 最安価格
¥

レビューピックアップ

  • 野良猫のシッポ。さん

    満足度5

    【安定性】
    ROG Strix X99 Gaming→X99-E WS/USB3.1→X99 Taichi と綱渡りして来ましたが、どうやらぶっとい綱だった様で前2枚のマザボより安定動作しているようです。
    PT3、CineS2 V7共に不具合無く動作しています。
    初期BIOS(UEFI)1.10にて、Q4U2133PSN-4G+W4U2133PSN-4G計8枚を盛った状態でもすんなり起動してくれたので、メモリへの対応も優秀かと思われます。

    【互換性】
    x1スロットにPT3、x16スロットにCineS2 V7(4チューナー)を載せていますが、無事動いていますね。
    前2枚のマザボでは、PT3の動作が不安定でしたね。

    【拡張性】
    一番目のx16スロットの上にx1スロットを配置してある為、このまま取り付けた場合
    PT3等の基板とブラケットを固定するネジがアーマー部と干渉してしまいますね。
    軽くネジを緩めると何とかなりますが、少し釈然としませんね・・・
    マニュアルにもありますが、片ラッチでは無い為メモリを取り付けた後で
    増設してね^^と、書かれていますね。
    少しでもグラボから離そうという為なのか、上過ぎますよね^^;
    ASUSのZ170-寺、PREMIUMも同じ様な事になっていますから、困ったものです・・・

    【機能性】
    何と言っても 除湿機能 ですね^^ 効果あるのかな・・・?
    FAN設定もAUTOのままで丁度良い回転数になってくれていますね。
    起動時の全開ブローが無い様です。
    メイン画面にメモリのメーカー名が出るのは相変わらずの様ですね。
    忍者さんMicronだったのね^^

    【設定項目】
    過不足無く揃っていますね。 基本的にAUTOのままにしてしますけど、良好かと。

    【総評】
    一番上のx1スロットが不満なくらいで、今の所点けっ放し安定稼働中なので不満は無いですね。
    お値段も安く、ASUSのSTRIXの様な第一PCIe3.0x16スロットの謎の折半も無く拡張カードを取り付けられますね。
    ASRock翻訳も相変わらずで安心しましたね^^

    ちなみに
    2016 年 8 月 12 日午前 0 時〜 2016 年 12 月 31 日午後 11 時 59 分(UTC+8)のプロモーション期間中のご購入が対象となります。
    プロモーションは期間限定、または、在庫がなくなり次第終了となります。
    注)
    ゲームコードの数量は数に限りがある為先着順とさせていただきます。
    期間中であっても在庫がなくなり次第終了とさせていただきますのでご了承下さい。

    との事でしたのでアサシンクリードシンジケートを頂いときました^^

    初期BIOS(UEFI)1.10→1.40へ更新
    ME FW=9.1.30.1008→9.1.37.1002

    CPU:Xeon E5-1650 v4
    クーラー:EK-Supremacy EVO - Full Nickel + Black Ice Nemesis 560GTX
    メモリ:Q4U2133PSN-4G + W4U2133PSN-4G 32GB
    SSD:CSSD-S6T256NHG6Z
    PSU:SuperNOVA 1000 T2 Power Supply
    OS:Windows10 Pro 64bit

    投稿日:2016/9/3 13:28

全てのレビューを見る

Copyright c Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止

このページの上へ戻る