リノベーション・スケルトンリフォームのポイントと基礎知識

ホーム > リフォーム > リノベーション・スケルトンリフォーム

リノベーション・スケルトンリフォーム

リノベーション・スケルトンリフォームのポイント

スケルトンリフォームとは、住居を外壁や柱だけのスケルトン(骨組み・構造体)状態にまで解体し、中身を新しく創りなおす全面リフォームのことを言います。住居を一旦からっぽの箱にするわけですから、内装や設備はもちろん、自分たちの暮らしにあわせた間取りも実現でき、全く違う空間を創り出せます。

そのため、一般的なリフォームとは内容や規模、考え方が大きく異なります。それは呼称にもあらわれ、リノベーションという言葉もよく使われます。ライフスタイルや時代の変化にあわせて「新築時の目論見とは違う次元に改修する」という目的意識が込められています。

中身を新しく創りなおす全面リフォーム

一戸建て・マンションでのNGポイント

リノベーション・スケルトンリフォームであっても、まったく制約がないわけではありません。マンションの場合、リフォームできるのは所有者が所有権を持つ専有部分だけです。廊下・玄関ドア・外壁などの共有部分や、柱・梁などの構造体はリフォームできません。また、MB(メーターボックス)やPS(パイプスペース)の移動や、バルコニーをガラス張りにしてサンルームを作るといったこともNGです。マンションの場合は、こうしたことが「管理規約」に定められているので、内容をよく確認しておきましょう。

一戸建ての場合も、建築基準法に定められている基準に従わなくてはいけないという制約があります。例えば、建物を支えている筋交いが入った「耐力壁」を壊したり、「耐力壁」に大きな窓を設けたりすることは基本的にできません。間取りの変更についても、「2×4工法」や壁式構造の場合、壁が住居を支える重要な役割を持っているので、壁を取り除いての間取り変更はNGです。

なお、一戸建ての場合は、建て替えとほぼ同様の工事が必要になります。解体が機械ではなく手作業になることが多く、建て替えよりも費用がかかる場合もあるのでご注意ください。

中古マンションのリノベーション・スケルトンリフォームの注意点

リノベーション・スケルトンリフォームを行う時の注意点

中古マンションを購入し、リノベーション・スケルトンリフォームで自分好みの間取りにする事例はたくさんあります。外観は新築より見劣りしますが、ドアを開けば自分たちのライフスタイルを反映したオリジナルの空間が広がることが魅力です。加えて、新築を購入するよりも費用が安いケースが多いことも人気の秘密です。

そんなリノベーション・スケルトンリフォームを行う時の注意点をまとめてみました。

リフォームできない箇所の確認

マンションの場合リフォームできるのは所有権のある占有部分のみになります。もう一度、できること・できないことを確認しておきましょう。なお以下は一般的な場合です。施工する場合はマンションの規約を必ず確認してください。

玄関ドア

ドアの外側は塗装できませんが、内側の塗装は可能です。

窓・サッシ

外観に影響する窓ガラスやサッシ枠の変更はできませんが、内窓の設置なら可能な場合もあります。

壁・床

壁や床のコンクリートを壊すことはできませんが、壁材や床材の張り替えは自由に行えます。ただし、床に関しては一定以上の遮音性能を規定しているマンションもあります。

天井

コンクリートの内側までは専有部分になります。天井裏に空間がある二重天井の場合は、天井高を上げるといった工事も可能です。

設備機器

システムキッチン・トイレ・ユニットバス・室内ドアなどの設備機器の交換は、ある程度自由に行えます。

水周りの注意点
水周り

キッチン・洗面所・トイレといった水周りのレイアウト変更もできます。ただし、キッチンの場合は給排水の配管と換気扇の排気口が確保できること、洗面所・トイレの場合は給排水の配管ができることが条件になります。

オール電化時は使用可能な電力量に注意

オール電化時は使用可能な電力量に注意

リノベーション・スケルトンリフォームにあわせて、キッチンにIHクッキングヒーターを設置したり、電気床暖房を導入するケースがあります。IHクッキングヒーターでは200ボルトの電源が必要なことも多く、今までより電気の使用量が増えるので、最低でも60アンペア以上の電源は確保したいところです。しかしマンション全体で使える電気の総量は決まっているため、各住居に割りあてられる容量にも限りがあります。とくに古いマンションでは少ない場合があるので、事前にチェックしておきましょう。

リノベーション・スケルトンリフォーム前提のマンションの選び方

内装や設備はすべて取り払ってしまうので、室内を細かくチェックしてもしかたありません。「マンションは管理を買え」と言われるように、むしろ共用部分の管理状態をチェックすることが重要です。また、マンション選びの段階で、管理規約で規制されているリフォームの内容についても確認しておく必要があります。

気になる費用は?

リノベーション・スケルトンリフォームの費用は、1平方メートルにつき10〜15万円がおおよその相場です。例えば、60平方メートルのマンションなら600〜900万円が目安ということになります。もちろん設備機器のグレードや使う素材によって費用は大きく変動します。

一戸建てのスケルトンリフォームの注意点

一戸建ての場合も、リフォームできる場所とリフォームできない場所があることをまずご理解ください。さらに、費用がかかることは先ほどもお話したとおりです。とくに中古住宅を購入してリノベーション・スケルトンリフォームを行う場合は、骨組みや基礎の状況によっては建て替える方が安い場合もありえます。

リノベーション・スケルトンリフォームといった大規模なリフォームを前提に購入を検討されている場合は、建て替えも含めて相見積もりをとるなど、しっかりと計画性を持って打ち合わせにのぞんでください。

DIYでできること

新しく創るオリジナルなリフォームであり、DIYでできることはあまりありません。むしろ、リフォーム後の家電や家具などインテリア用品の充実が重要です。重要度に応じて、必要なものから揃えていきましょう。

  • 相見積もりで比較
  • 平均3社以上ご紹介
  • 瑕疵保険対応の安心施工店

※「リフォーム相談サービスに関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。リショップナビのページに移動します。

リノベーション・スケルトンリフォームの費用・相場

リノベーション・スケルトンリフォームの費用と相場

リノベーション・スケルトンリフォームの費用はおおよそ「600万円以下」「601万円〜1000万円」「1001万円以上」という段階にわかれています。

一戸建て・マンションともに、リノベーションする範囲や水まわりの変更有無、また利用する部材・新調する設備によって大幅に価格は変わってくるのが実情です。

リノベーション・スケルトンリフォームの費用・相場

リノベーション・スケルトンリフォームの事例

カフェをイメージにした無垢板のキッチン作業台。

カフェスタイルで♪ マンションリフォーム

費用
650万円
建物種別
マンション
工期
9週間

リフォーム会社からの声

ご夫婦のこだわりが詰まった、カフェのような住まい。 築30年以上のマンションがカフェのようなオシャレ空間に大変身!

見通しのよいLDK

間取りを変更して自由な空間へ

費用
1000万円
建物種別
マンション
工期
4週間

リフォーム会社からの声

配管を現し、無骨な雰囲気を出すために、電気・排気配管、給排水配管作業では、職人さん達は、苦戦しながらも工夫を凝らし、一緒に検討を重ねながら、作業を進めて行きました。 大工作業では、勾配のついた躯体天井に新規の壁を当てて間仕切りを造作し、巾木を付けずスッキリと納め、お持込みの収納を壁に造り付けのように納めるなど、手を掛けた造りとなっています。

リビングダイニングからキッチン。

上質なデザインテイストのくつろぎの空間

費用
320万円
建物種別
マンション
工期
3週間

リフォーム会社からの声

洗練されたシンプルデザインとやさしい風合い。ホワイトウッドの木目も美しく、スタイリッシュなイメージで空間を演出しました。また、壁面はご主人こだわりの珪藻土で職人が丁寧に仕上げました。約20帖のリビングダイニングとオープンキッチンの解放感は格別です。

奥様ご希望のアーチ型の下がり壁。お洒落な喫茶店をイメージ♪

築30年の趣と機能、バリアフリーの家

費用
1750万円
建物種別
一戸建て
工期
17週間

リフォーム会社からの声

段差をなくし、室内は引き戸に。 キッチン・ダイニング・洋室を一続きのLDKに。アーチ型の下がり壁、対面式キッチンでお洒落な喫茶店風に。食品庫で大容量の収納が可能になりました。奥様ご希望の部屋干しできるサンルーム、アイロンがけに使えるワークスペースもあります。

リノベーション・スケルトンリフォーム関連商品

リノベーション・スケルトンリフォームのクチコミ

  • 相見積もりで比較
  • 平均3社以上ご紹介
  • 瑕疵保険対応の安心施工店

※「リフォーム相談サービスに関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。リショップナビのページに移動します。

このページの先頭へ