洗面所のリフォーム ポイントと基礎知識

ホーム > リフォーム > 洗面所のリフォーム

洗面所のリフォーム

洗面所 リフォームのポイント

家族全員がひんぱんにお世話になる洗面所

朝起きて顔を洗い、帰宅して手を洗い、寝る前には歯を磨く。家族が何度も使い、何かとお世話になる洗面所。多目的ゆえに、リフォームは何を求めるかで内容が大きく変わってきます。配慮すべきポイントをチェックしていきましょう。

洗面所に求めるものでリフォームのタイプが決まる

「専用タイプ」と「多目的(兼用)タイプ」

洗面所のタイプは、大きく「専用タイプ」と「多目的(兼用)タイプ」の2つにわかれます。

部屋の広さにもよりますが、「専用タイプ」は洗面台と収納だけで部屋を使うもので、ちょっと贅沢な洗面所と言えます。洗面所で身だしなみを整えたり化粧をしたりする方は多いので、専用のパウダールームとして使うこともできます。一方「多目的(兼用)タイプ」は、文字通り洗面所の部屋をパウダールーム・脱衣所・家事室などと兼用することを目的にしています。

洗面所に求める目的ごとにポイントをまとめてみました。

パウダールームとして使うリフォームの場合

身だしなみを整えたり、パウダールームとして使うことを主な目的に考えているなら、顔色や化粧の色味がわかりやすいように、自然光を採り入れたり、自然光に近い色の照明を使う工夫が必要です。また、鏡を三面鏡にしたり手元まで鏡が飛び出てくるようにすれば、お化粧も楽になりそうです。洗面所は、歯ブラシ、歯みがき粉、ひげそり、コップ、タオル、化粧品など小物類が非常に多い場所です。しっかりと収納スペースを確保することや、長時間の化粧に備えてイスの用意もお忘れなく。

脱衣所として使うリフォームの場合

脱衣所として使うリフォームの場合

もともと浴室の近くにある場合が多い洗面所。脱衣所としての使い心地を充実させるのであれば、床や壁の素材に気をつけましょう。お風呂から出た後は、いくらバスマットがあっても水でぬれやすくなります。フローリングにする場合は、耐水性能が高い素材を選ぶようにしてください。そのためタイルやクッションフロアなどがよく使われています。また、湿気が多いので壁や天井にカビが生えやすくなります。カビを防止する効果がある塗料や、調湿機能のある壁紙を使うようにしましょう。最近は調湿機能や消臭効果がある珪藻土も人気があります。

さらに、脱衣所であれば冬でも快適に過ごせる寒さ対策にも配慮したいものです。

家事室として使うリフォームの場合

洗濯機を設置して、洗面所をユーティリティーの家事室として使っている方も多いようです。このタイプのリフォームの場合、洗濯機の位置に注意しましょう。洗濯機と洗面台をならべて置く時は、洗面台を窓の近くに置いてください。洗濯機を窓の前に置くと、将来乾燥機を設置した時に十分光が採れないことがあります。お風呂の湯を洗濯に使うことも多いので、洗濯機は浴室の近くに設置したほうが便利です。

洗面台の選び方

洗面所のリフォームに欠かせないものと言えば洗面台です。どのような洗面台を選ぶかは重要なポイントです。基本的な情報をおさえておきましょう。

「システムタイプ」と「ユニットタイプ」

洗面台には、「システムタイプ」と「ユニットタイプ」の2種類があります。「システムタイプ」とは、カウンター台、洗面ボウル、水栓金具、収納キャビネットなどの色や素材を自由に選んで組み合わせることができる洗面台です。セミオーダーに近く、寸法もリフォーム内容に応じて自由にプランニングできるので、オリジナルの洗面室を作ることができます。

「ユニットタイプ」とは、あらかじめ決まった間口(横幅のことで、60cm、75cm、90cmなどがあります)で作られた洗面台で、さまざまなタイプがあります。「キャビネットタイプ」と呼ばれることもあり、洗面ボウル、水栓金具、収納キャビネット、鏡、照明などが組み込まれています。

使いやすい高さ

洗面ボウルまでの高さは、75cm、80cm、85cmのものが一般的で、標準タイプと言われているのは80cmです。ただし、洗面台は小さなお子さんも使うものです。家族の構成や身長を考慮して選ぶようにしましょう。

洗面台本体の高さも要チェックです。天井につかえたり、窓をふさいだりしないよう、設置場所に適した高さのものを選びましょう。

収納方法と収納スペース

収納方法と収納スペース

洗面台の主な収納スペースは、下部と鏡の裏になります。洗面台の下には、配水管があるので、より多くの収納スペースを確保したいなら、配水管の左右のスペースまで使える観音開きの収納扉のものが安心です。また、一部を引き出しにしたタイプもあります。

鏡の裏の収納スペースも要チェックです。三面鏡タイプですべての鏡の裏に収納スペースがあれば、かなりの小物類の収納ができます。

洗面ボウルの使いやすさ

洗面ボウルの素材や形状にも、さまざまなものがあります。素材としては、陶器、人造大理石、樹脂などがあり、最近では汚れにくい表面加工をしたものも発売されています。洗面ボウルの形は丸いボウルや広くて平たいなど多様で、年々大きくなる傾向にあるようです。

水栓金具やコンセントもチェック

最近はシングルレバーの水栓金具がほとんどですが、使いやすさや機能などもチェックポイントです。引き出して使えるシャワータイプや、高さが変わるものであれば、バケツなどに水を入れる時や、洗面ボウルで髪を洗う時にも便利です。また、洗面所ではドライヤーやひげそりなどの電気製品を使う機会も多いので、コンセントの有無も要チェックです。

洗面所のユニークなオプション機能

基本的な機能は押さえた上で、予算に応じてさらにオプション機能まで検討できれば、リフォーム計画も盛り上がりそうです。洗面台にあるユニークな機能をいくつかご紹介します。

足元暖房

脱衣所も兼ねる洗面所では、寒い冬に足元が冷えます。床暖房ではあたたまるまで時間がかかりますが、温風式の足元暖房ではすぐです。

タオルウォーマー

洗面所のタオルは湿って冷たくなりがちです。タオルウォーマーがあればかけておくだけで湿気をとってあたためてくれるので、いつでもさわやかなタオルを使うことができます。

フットスイッチ

足で操作して水を出したり止めたりできるスイッチです。両手がふさがっていたり、手が汚れていたりして水栓を触りたくない時に便利です。

DIYでできること

例えば、洗面台ユニットに取り付けられた水栓金具は、特殊なものでなければ1人でも交換可能ですが、お湯と水の2種類の配管があること、水漏れの心配があることなどを考えると難易度は高そうです。

洗面室でのDIYは、壁紙の張り替えや、防カビ効果のあるペンキの塗布にとどめておいたほうがよさそうです。また、壁埋め込みの棚にタイルを貼り付ければ、見た目のイメージも変わってきそうです。

  • 相見積もりで比較
  • 平均3社以上ご紹介
  • 瑕疵保険対応の安心施工店

※「リフォーム相談サービスに関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。リショップナビのページに移動します。

洗面所 リフォームの費用・相場

洗面所 リフォームの費用と相場

洗面所のリフォーム事例はおおよそ「20万円以下」「21万円〜40万円」「41万円以上」の価格帯に分かれています。

洗面台の単純な取り換えだけなら20万円以下でできることが多く、一緒に床や壁も新しくする場合はそれ以上になります。既製品ではなくカスタマイズできるタイプの洗面台を選ぶとさらに費用はかかります。

洗面所 リフォームの費用・相場を詳しく見る

洗面所 リフォームの事例

造作洗面台に可愛い小粒のタイル。レトロな印象が暖かい感じです。

ボルダリングウォールがある理想の住まい

費用
40万円
建物種別
一戸建て
工期
4週間

リフォーム会社からの声

造作洗面台に可愛い小粒のタイル。レトロな印象が暖かい感じです。

無駄な機能は一つもありません。

シンプルで実用的な洗面

費用
30万円
建物種別
マンション
工期
4週間

リフォーム会社からの声

シンプルな機能のものをご提案させていただきました。

水栓、洗面ボウル、鏡、タイルを選んでいただき、施工しました。洗濯機上にもオープン棚を造作。

オリジナル洗面室のある家

費用
40万円
建物種別
一戸建て
工期
2週間

リフォーム会社からの声

水栓、洗面ボウル、鏡、タイルを選んでいただき、施工いたしました。洗濯機上にも梁をかわしたオープン棚を造作。 オープン棚、洗面台造作、床はフロアタイルです。 施工前

リビングと同じ白基調です。清潔感があり気持ちいいです。

おしゃれな洗面室

費用
48万円
建物種別
一戸建て
工期
5日間

リフォーム会社からの声

壁の一面だけクロスの色を変えることによって、より広々と感じるだけでなく、合わせてお洒落な空間も演出しています。洗面化粧台はそのまま使用しています。また、窓の断熱改修工事も行いました。

洗面所 リフォーム関連商品

  • 相見積もりで比較
  • 平均3社以上ご紹介
  • 瑕疵保険対応の安心施工店

※「リフォーム相談サービスに関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。リショップナビのページに移動します。

このページの先頭へ