ベランダ・バルコニーのリフォーム ポイントと基礎知識

ホーム > リフォーム > ベランダ・バルコニー

ベランダ・バルコニーのリフォーム

ベランダ・バルコニー リフォームのポイント

ベランダ・バルコニーでは、洗濯物を干したり、太陽の光を浴びながらティータイムを楽しんだり、ちょっとした植物を育てたり、時にはBBQと、さまざまな使い方ができます。

ベランダもバルコニーも、住居の外に張り出した手すり付きのスペースのことですが、厳密に言うと屋根がないものがバルコニー、屋根があるものをベランダといいます。ただし、最近は、屋根の有無に関わらず、ベランダとバルコニーをあまり区別せずに使うことが多いようです。

また、住居の1階に、ウッドデッキなどで外に張り出したスペースを作る場合もあります。こうしたスペースはテラスと呼ぶのが一般的です。なおマンションでは、ベランダ・バルコニーは占有部分ではありませんので、サッシの交換などリフォームはできません。

外観も居住性も大幅アップ

外観も居住性も大幅アップ

ベランダ・バルコニーは、住居の外観イメージを決める大きなポイントになります。また、さまざまな使い方ができ、リフォームによってくつろぎの場所としての機能も期待できるため、満足度の高いリフォームのひとつと言われています。一方で、風雨にさらされることもあり、汚れやさびなどの傷みが進みやすい場所でもあります。定期的なメンテナンスや老朽化による交換が必要です。とくに木製のベランダ・バルコニーの場合は、3年おきくらいに塗装をすべきです。

ベランダ・バルコニーには、建物の工事とは別に後からでも設置できるタイプもあります。軽量鉄骨などを使い、地面まで足を持つしっかりした構造なので、後付けでも強度面での不安はありません。

ベランダ・バルコニーリフォームのチェックポイント

ベランダ・バルコニーのリフォームについてチェックしておきたいポイントをご紹介します。

ベランダ・バルコニーリフォームのチェックポイント

ベランダ・バルコニーに使われる素材

ベランダ・バルコニーでよく使われる素材には、木材や金属(スチール・アルミニウム)があります。木材やスチール製の場合は、塗装や傷んだか所の交換などのメンテナンスを定期的(3〜5年ごと)に行う必要があります。アルミ製のものは、軽量でスチールのようなサビもでないので人気があります。

風通しや日当たりもチェック

風通しや日当たりもチェック

ベランダ・バルコニーを設置する時は、デザインやカラーリングだけでなく、風通しも重要です。風通しが悪いと、湿気がたまったり、部屋の中に風が入らなくなったりします。同時に、中が丸見えにならないようなデザインや形状のものを選びましょう。掲載した写真のように、内側に木製のフェンスを設置すれば、風通しもよく外からの目隠しにもなるガーデン風のベランダ・バルコニーができあがります。

また、ベランダ・バルコニーを新たに設置する場合は、下の部屋の日当たりや、柱がジャマにならないかといったことも事前に検討してください。またスチール製のものは重量があるため、耐震性に影響がないか念のため確認すると安心です。

ルーフバルコニーではしっかりした防水対策を

ルーフバルコニーではしっかりした防水対策を

屋上や屋根の上に設置するベランダ・バルコニーをルーフバルコニーと言います。スペースが広く開放感があるので、パーティーなどで使うこともあります。一戸建ての住居でも、新たにルーフバルコニーを設置することは可能ですが、しっかりした防水対策が必要になります。雨漏りしはじめると修理費用がかさむので、異常が無いか定期的に確認するようにしてください。排水口に枯葉などが溜まって水はけが悪くなると、ほかの部分の腐食が進むこともあるので要注意です。

物干し場として使うなら屋根も

ベランダ・バルコニーを、洗濯物や布団などを干す場所として使うことは多いはず。収納式の物干しは設置しておきたいものの1つです。また、物干しとして使うなら屋根も必要です。UVカット機能がある屋根材を使えば、肌はもちろん、部屋のカーテンや家具などの日焼けを防ぐ効果も期待できます。

DIYでできること

木製やスチール製のベランダ・バルコニーの塗装、木製のフェンスを新たに設置するといったことならDIYで対応できます。また、部屋とベランダ・バルコニーに段差がある場合、ウッドデッキなどを敷き高さを合わせると、部屋が広がったような印象を受けます。最近は、高さ調整が可能なウッドデッキも発売されているので、チャレンジしてはいかがでしょうか。

なお、マンションの場合は、ベランダ・バルコニーにウッドデッキやタイルなどの床材を敷くことを禁止している場合もあるので、事前に管理規定などを確認しておきましょう。

  • 相見積もりで比較
  • 平均3社以上ご紹介
  • 瑕疵保険対応の安心施工店

※「リフォーム相談サービスに関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。リショップナビのページに移動します。

ベランダ・バルコニー リフォームの費用・相場

ベランダ・バルコニー リフォームの費用と相場

ベランダ・バルコニーのリフォーム工事の事例は「20万円以下」「21万円〜100万円」「101万円以上」という価格帯に分けられます。

床の防水加工などの工事は10万円から20万円前後が中心の価格帯です。小型のベランダ設置であれば50万円以下でできることが多いでしょう。大型のものになると100万円を越すことも珍しくありません。

ベランダ・バルコニーリフォームの費用・相場を見る

ベランダ・バルコニー リフォームの事例

ベランダ防水を施し、窓廻りにはコーキングをうちました。

ベランダ防水工事で安心

費用
28万円
建物種別
一戸建て
工期
1週間

リフォーム会社からの声

長年お悩みだったベランダからの雨漏り、放っておくと劣化も早く進んでしまうので、今回は、ベランダの立ち上がり部分まで全体的にしっかりと防水処理をさせていただきました。

景観の良いテラスルーム

シャッター雨戸から眺めの良いテラスルームへ

費用
60万円
建物種別
一戸建て
工期
1週間

リフォーム会社からの声

シャッター雨戸をテラスルームへと改修しました。とっても人気の【ほせるんです】シリーズを設置。鹿児島特有の、桜島の灰対策にも大活躍しそうです。

2階に柱立てのバルコニーを設置しました

柱立てのバルコニーを設置

費用
25万円
建物種別
一戸建て
工期
1日間

リフォーム会社からの声

2階に柱立てのバルコニーを設置しました。隣家との境界が狭い為、奥に進む際に柱が邪魔にならない様、梁を延長して施工しております。

ベランダ・バルコニー リフォーム関連商品

  • 相見積もりで比較
  • 平均3社以上ご紹介
  • 瑕疵保険対応の安心施工店

※「リフォーム相談サービスに関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。リショップナビのページに移動します。

このページの先頭へ