エクステリア・外構のリフォーム ポイントと基礎知識

ホーム > リフォーム > エクステリア・外構のリフォーム

エクステリア・外構のリフォーム

エクステリア・外構 リフォームのポイント

住居や建物の内装を「インテリア」というのに対して、住居の外周の空間を「エクステリア」や「外構(がいこう)」といいます。インテリアとエクステリアの両方が調和することで、住居は快適で居心地のよいくつろぎの場所になります。

リフォームでは、部屋の間取りや設備機器などのインテリアを優先して、エクステリアは後回しになりがちですが、防犯の観点からもエクステリアのあり方は重要です。それを念頭に置いてリフォーム計画にのぞみましょう。

エクステリアの3つのスタイル

エクステリアには、「オープンスタイル」・「クローズドスタイル」・「セミオープンスタイル」の3つのスタイルがあります。それぞれに特長があり、また費用も大きく異なります。周囲の環境なども考慮してスタイルを選ぶようにしましょう。

オープンスタイル

オープンスタイル

「オープンスタイル」は、道路と敷地をフェンスなどで仕切らないスタイルで、開放的で建物のシルエットを活かすことができます。しかし、プライバシーの確保と、防犯面での一層の対策が必要になります。ある程度広い敷地が確保できて周囲の視線をあまり気にしなくてもよい、郊外向きのスタイルと言えそうです。

クローズドスタイル

「クローズドスタイル」は、門扉・フェンス・生垣などを設けて敷地の周りをぐるっと囲うスタイルで、プライバシーを十分に確保できます。また、全体的なコーディネートができるので、まとまりのある外観に仕上がります。複数の植物でいろどるなど植栽を上手に取り入れれば、季節感の演出も可能です。

セミオープンスタイル

「セミオープンスタイル」は、「オープンスタイル」と「クローズドスタイル」の中間的なスタイルになります。駐車スペースをオープンにし、そのほかはクローズドにしたり、全体を囲うフェンスや植栽を低めにして、仕切りつつ開放感を持たせたりと様々なタイプがあります。

エクステリアを構成する要素は多種多様

一言でエクステリアと言っても、門扉やフェンスなど要素はたくさんあります。デザインはもちろん機能面でもこだわりたいですね。以下では、場所別にポイントをまとめてみました。

エクステリアを構成する要素は多種多様

【1】門扉・門柱

門扉・門柱は、エクステリアの象徴とも言える場所です。門扉には開き戸と引き戸の2種類があり、素材にはアルミ・スチール・ステンレス・木などが使われます。門扉・門柱のデザインやカラーリングは多種多様で、金属系の素材でも柔らかな木目調のデザインを施したものもありますので、センスの見せどころとも言えそうです。基本的には、玄関ドア・窓サッシ・窓シャッター・バルコニーなどとの統一感を意識して選びましょう。インターフォンや郵便受けなどの調和もお忘れなく。

【1】門扉・門柱

門扉・門柱を設置する時に注意したいのはその位置です。少しでも庭や玄関・ポーチに通じるアプローチを広く取りたいという意識から門扉を道路ぎりぎりに設置する場合がありますが、あまりに道路に近いと門を出た時にいきなり自動車や自転車とぶつかる可能性があります。なお、門扉を開き戸にする場合は、安全のために住居側に開くようにしましょう。

【2】フェンス・塀

先に紹介した3つのスタイルのどれを選ぶかでフェンス・塀の作り方が変わってきます。防犯の意味が強いフェンスや塀ですが、美観も重要です。門扉とのデザインや素材などの質感はできれば統一しておきましょう。以前はブロックやレンガなどを高く積み上げる事例が多かったのですが、耐震性の問題や圧迫感があること、侵入者の隠れ場所になりやすいといった理由もあって、あまり見られなくなりました。最近は、見通しがよく、簡単に乗り越えられない形状や高さのものが防犯面のメリットから増えています。

隣家との境界にフェンス・塀を作り直す場合は、材質やデザイン選びとは別の注意が必要です。まずは、フェンス・塀を作ることを先方に必ず相談し、土地の境界をしっかりと確認しなければなりません。また、先方の要望を聞き入れたり、費用負担をお願いしたり、本来の境界線とずらして設置するなど様々なケースが考えられます。後々のトラブルにならないよう、きちんと対応しましょう。

【3】アプローチ

【3】アプローチ

門扉から玄関ポーチを結ぶ通路であるアプローチに求められるのは、歩きやすさだけではありません。段差やカーブをつくったり敷石を配置したりと変化をつけることで、見た目も美しく歩いていて楽しいアプローチに生まれ変わります。ここも門扉同様にセンスが問われるところです。

【4】カーポート・ガレージ

カーポート・ガレージは、エクステリアのなかでも、とくに慎重な設計が必要です。前の道路の状況をふまえて、車の出し入れのしやすさを最優先にプランニングしなければ、使い勝手が悪いだけでなく事故の危険性もあります。

ガレージには、一般的にカーポートを設置します。金属製の柱に屋根を取り付けた構造で、太陽光線による日焼けや雨・雪を防いでくれます。大きさは様々なので、ガレージのスペースと将来的に必要になりそうな車の台数を考えて選ぶようにしましょう。バイクに乗る人のために二輪用のものもあります。

【5】ウッドデッキ

【5】ウッドデッキ

ウッドデッキは、庭先に張り出して設置した木製のテラスのことで、第2のリビングルームとして、また庭の一部として人気があります。日に当たりながら、風に吹かれながらのひと時は、生活に潤いをもたらすくつろぎの時間です。材質にはウェスタンレッドシダー、ウリン、サイプレス、イペなどの天然木や、木材と樹脂を混ぜた樹脂ウッドがよく使われています。天然木の場合は水に強く、反り・ひび割れ・曲がりに強い素材を選びましょう。ベランダ・バルコニー同様、塗装のはがれや腐食対策が定期的に必要です。

DIYでできること

ウッドデッキをDIYで作る方は結構いらっしゃいます。ポイントは、床面をきちんと水平にすることです。基礎になる束石(つかいし)やコンクリートブロックも入手可能ですし、最近はウッドデッキを作るキットも販売されています。作業自体は、基礎を固めて、切った木材をネジや釘でとめるだけです。「自分で作った」というDIYの醍醐味を楽しみたい方は、チャレンジしてはいかがでしょうか。

  • 相見積もりで比較
  • 平均3社以上ご紹介
  • 瑕疵保険対応の安心施工店

※「リフォーム相談サービスに関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。リショップナビのページに移動します。

エクステリア・外構 リフォームの費用・相場

エクステリア・外構 リフォームの費用と相場

エクステリア・外構のリフォームの費用は「50万円以下」「51〜100万円」「101万円〜200万円」「201万円以上」と分かれています。

門扉の交換や取り付け、駐車場の補修は数十万円程度の見積もりになることが多いでしょう。一部の塀を取り払うなど家の構造に手を入れると100万円近くになることもあり、さらに大規模な改修になるとそれ以上の価格帯になります。

エクステリア・外構 リフォームの費用・相場を見る

エクステリア・外構 リフォームの事例

見栄えのいい仕上がりに。

雰囲気抜群のウッドデッキ

費用
154万円
建物種別
一戸建て
工期
1週間

リフォーム会社からの声

リビングを陶器ギャラリーにリフォーム。庭からもお客様が入れるようエントランスを兼ねたウッドデッキを作りました。硬く密度の高いアイアンウッドを使い、長く木の質感が楽しめるデッキはギャラリーの顔としても印象的。

洋風の建物にマッチした仕上りになっています。

解放感のあるウッドデッキ

費用
60万円
建物種別
一戸建て
工期
非公開

リフォーム会社からの声

樹脂製のウッドデッキにすることで、メンテナンスも不要で安心です。

車2台分のカーポートです。

庭造作とカーポートの新設

費用
140万円
建物種別
一戸建て
工期
1週間

リフォーム会社からの声

雨の日はお庭の泥が流れ、草取りも大変ということで、思い切ってコンクリ工事をすることに。カーポートも設置し、雨の日でも安心です。

圧迫感が無いように塀のブロックは低めに積み、フェンスでおしゃれに♪

シンプルで機能的な外構

費用
150万円
建物種別
一戸建て
工期
1週間

リフォーム会社からの声

ずっと手付かずだった外構をようやくリフォーム、既にあるお家とのバランスを考えシンプルなデザインのフェンスに。玄関まわりだけはアクセントにタイルを使用しました。

エクステリア・外構 リフォーム関連商品

  • 相見積もりで比較
  • 平均3社以上ご紹介
  • 瑕疵保険対応の安心施工店

※「リフォーム相談サービスに関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。リショップナビのページに移動します。

このページの先頭へ