ダイニングのリフォーム ポイントと基礎知識

ホーム > リフォーム > ダイニングのリフォーム

ダイニングのリフォーム

ダイニング リフォームのポイント

ダイニングは、キッチンやリビングルームの一部と考えてリフォームすることが多いようです。古い間取りでは、キッチンの前で食事をするDK(ダイニングキッチン)と言われるスタイルが多く見られましたが、キッチンを適度に隠しながら、リビングルームとダイニングをひとつの空間にしたLD(リビングダイニング)や、キッチンも含めて1部屋と考えるLDK(リビングダイニングキッチン)が増えてきました。また、ダイニングテーブルで仕事や家事をしたり、ご近所の方々とお茶を飲みながらくつろいだりと、ダイニングにも使いやすさや快適さが求められています。
ここでは、具体的な間取りを見ながらダイニングのリフォームについて考えてみます。

主な間取りは3パターン

ダイニングをキッチンやリビングルームと組み合わせた代表的な間取りには、「LDK」・「L・DK」・「LD・K」の3つのパターンがあります。広さや部屋の形によって家具の種類やレイアウトは異なってきますが、リフォームの参考にしてください。

ダイニングの主な間取り

LDKのパターン

LDKのパターン

リビングルーム・ダイニング・キッチンが一体となった、ひとつの部屋を広々と使う間取りです。広さに余裕があれば、間取図のようにキッチンを対面式にし、奥の壁際を収納スペースにあてることもできます。
家族がゆったりとすごせるだけでなく、大人数の来客にも対応できる間取りです。スペースに余裕がなければ、キッチンを壁際に設置してオープンタイプにすることも検討しましょう。

L・DKのパターン

L・DKのパターン

リビングルームとダイニングキッチンに仕切りを設置した間取りで、それぞれの部屋を独立して使えます。間仕切りに、開閉式のパーテションやスクリーンウォールなどを取り付ければ、簡単に開け閉めができます。
このタイプの間取りの場合、少人数の来客はリビングで、来客が多い場合はダイニングキッチンにも自由に出入りできる、といった具合に状況に応じた使い方ができます。

LD・Kのパターン

LD・Kのパターン

料理に集中できるよう、キッチンの独立性を重視した間取りで、リビングダイニングをくつろぎ用の部屋としてゆったりと使えます。専用の部屋を作らなくても、キッチンだけを取り囲むことで、独立性を高めることもできます。
写真の事例はキッチンを仕切りながらも対面式にしたものです。さらにリビングルームとダイニングを間仕切りで分けられるようにすれば、L・D・Kのパターンとなり、それぞれを独立した部屋として使えます。

ダイニングでは動線を意識した広さと余裕が必要

動線を意識した広さと余裕が必要

ダイニングのリフォームで気をつけたいのは、部屋に置かれるダイニングテーブルやイス、食器棚などの大きさと配置です。テーブルの大きさに加えて、イスを後ろに引くスペースと、テーブルの周囲を通れるスペースが確保できないと安心して料理を運べません。イスを置く場合はテーブルからおおよそ80cm、テーブルの脇を通るには65cm(お盆を持つ場合はさらにプラス5cm)程度の余裕が必要です。

部屋の大きさと他の家具からの距離にも配慮して、ダイニングテーブルなどを購入するようにしましょう。

DIYでできること

DIYでできること

ダイニングは、DIYの力を発揮しやすい場所のひとつです。例えば照明器具をおしゃれなペンダントライトに替えると、ダイニングがレストランのような落ち着いた雰囲気に一変!なんてことがあるかもしれません。

ダイニングテーブルやイス、収納棚などは自作も可能です。最近は、高級感のあるトチノキやケヤキなどの一枚板も入手できるので、自分だけのこだわりのダイニングテーブルを仕上げてみてはいかがでしょうか。

DIYでできること

また、キッチンで使う細々とした雑貨や食器などを整理するため、空いているスペースを利用して棚を作ってはみてはいかがでしょう。なお、背の高い収納棚を作る場合は、地震などの揺れによる倒壊や、収納物の落下には十分配慮しましょう。

  • 相見積もりで比較
  • 平均3社以上ご紹介
  • 瑕疵保険対応の安心施工店

※「リフォーム相談サービスに関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。リショップナビのページに移動します。

ダイニング リフォームの費用・相場

ダイニング リフォームの費用と相場

ダイニングのリフォーム工事の価格帯は「50万円以下」「51万円〜150万円」「151万円〜300万円」「301万円以上」と分かれています。

簡単な壁・床の張り替えなら50万円以下でできることが多く、カウンターの造作をプラスすると一段上の価格帯になります。リビング・キッチンとの間取り変更を行うと価格はさらに上がります。

ダイニング リフォームの費用・相場を詳しく見る

ダイニング リフォームの事例

吹き抜けのあるダイニング

吹き抜けのあるダイニング

費用
200万円
建物種別
一戸建て
工期
17週間

リフォーム会社からの声

LDKを吹き抜け天井は構造物が不自然にならないよう、バランスを考慮いたしました。

日差しが気持ちいいです。

家族で団らんできるダイニング

費用
150万円
建物種別
一戸建て
工期
13週間

リフォーム会社からの声

南に面した2間続きの和室の壁を取り払い、日差しが届かなかったダイニングキッチンを移動。無垢材を使い、優しく明るい空間に変身しました。

シンプルなのが良さを際立たせます。

シンプルさが美しいダイニング

費用
380万円
建物種別
一戸建て
工期
13週間

リフォーム会社からの声

ダイニングセットの購入が決まっていたので、内装はシンプルに仕上げ、工事後に入るダイニングチェアに主役の座を譲りました。ダイニングの天井は写真右上のロフトへのアプローチになり、その階段部分から上部への視線の動きがあるため、より広がりの感じられる空間となりました。

自然素材が雰囲気を柔らかくしています。

居心地の良いダイニング

費用
120万円
建物種別
一戸建て
工期
4週間

リフォーム会社からの声

吊戸棚に代わる収納は、対面式カウンター下のキャビネットで補うように設計。床と天井には無垢の赤松材を使用して、自然素材の風合を活かした内装仕上げに。

ダイニング リフォーム関連商品

  • 相見積もりで比較
  • 平均3社以上ご紹介
  • 瑕疵保険対応の安心施工店

※「リフォーム相談サービスに関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。リショップナビのページに移動します。

このページの先頭へ