耐震のリフォーム ポイントと基礎知識

ホーム > リフォーム > 耐震のリフォーム

耐震のリフォーム

耐震 リフォームのポイント

住宅の基本的な耐震性については、建築基準法に定められています。1981年にこの法律が改正され、耐震性に関する基準がより厳しくなりました。逆に言えば、1981年以前に建てられた住居の多くは、耐震性が低いということになります。さらに2000年にも、木造住宅の耐震性に大きく影響を与える建築基準法の改正が行われています。これらの改正以前に建てられた住居にお住まいの方は、まずは耐震診断を行ってみてください。耐震診断は、市区町村が相談窓口になっていたり、診断費用やリフォーム費用を補助している場合もあるので、確認してください。診断結果によっては、耐震リフォームが必要な場合もあります。ただし場合によっては大規模な工事になるので、耐震強化を機に他の個所のリフォームもあわせて行うことを検討してはいかがでしょうか。

なお、住居の耐震性は外観からは判断がつきません。そのため、不安をあおって高額のリフォームを強要する悪質な業者もあるので、くれぐれもお気をつけください。

耐震リフォームのポイントは「しっかりした基礎と土台」・「強い壁」の2点

耐震リフォームの大事なポイントは2つ。「しっかりした基礎と土台」と「強い壁」です。壁については、とくに1階部分の強度が重要です。基礎と壁、この2つを意識してリフォームを行うようにしましょう。

耐震リフォームの大事なポイント

しっかりした基礎と土台

木造一戸建て住宅の場合、基礎部分を除き1平方メートル当たりの重量は400kg程度と言われています。床面積が100平方メートルあれば40トンにもなるわけです。そうした家屋全体を支える基礎と土台がしっかりしていなければ話になりません。基礎部分はコンクリートで作られるのが一般的ですが、古い住居では鉄筋が入っていなかったり、基礎が独立していて家屋とつながっていなかったりと、強度不足が懸念される場合もあります。その場合は、コンクリートを入れて基礎を強化したり、家屋と一体化したりする必要があります。

しっかりした基礎と土台

基礎の上に乗る土台と言われる部分は、湿気やシロアリなどが原因で腐食していたり、基礎と固定するボルトが不足している場合があります。傷んだ部分は交換し、基礎と土台はアンカーボルトで固定します。さらに土台と柱も金物を使ってしっかり固定しておけば、耐震性がアップします。

強い壁

木造住宅は、壁・柱・梁(はり)が一体となって揺れに耐えるような構造になっています。壁の強度が低いと大きな地震で倒壊してしまう可能性があります。そのため、耐震リフォームには強い壁が欠かせません。

強い壁

古い住居では、筋交いがなかったり、あっても中途半端な場所に取り付けられている場合があります。耐震リフォームでは、一旦既存の壁を撤去して柱と柱の間にきちんとした筋交いを入れたり、耐震用の合板を貼るといった工事が行われます。筋交いは、金物などで柱・梁・土台としっかり固定することが大切です。また、外壁の上から「ブレース」と言われる金属製の部品を筋交いとして取り付ける工法もあります。

施工方法は3種類。住みながらのリフォームも可能

耐震リフォームには、以下のような3種類の施工方法があります。

(1)住居の外壁を撤去して外から補強工事を行う

(2)住居の内壁を撤去して中から補強工事を行う

(3)壁を壊さず外側から補強工事を行う

(1)は、土台・柱・筋交いなど、すべての状況を確認しながら工事ができるので、最も確実な方法です。ただし、費用は最も高くなります。

(2)は、周囲に住居が密集していて外からの工事が難しい場合に有効です。外側からの工事と比べると難易度は上がりますが、(1)と同様に、住居の状況を確認しながらリフォームができます。ただし、やはり費用は高くなります。

(3)は、住居全体を合板や重量鉄骨などで取り囲んで補強するといった方法がとられます。住居に住みながらでも工事が可能ですが、内部の状況がわからないというマイナスもあります。費用は工事内容によって大きく変化します。また、耐震リフォームとは異なりますが、室内に耐震シェルターを設置するという方法もあります。耐震シェルターは、万が一地震で住居が倒壊しても、寝室や睡眠スペースを守ってくれます。ベッド自体がシェルターとして機能する「ベッド型」と、基礎から新設し鉄骨部材を組み立てる本格的な「一部屋型」まで様々です。

断熱リフォーム

なお、耐震リフォームを行う時は断熱材のグラスウールなどを充填する断熱リフォームも同時に行いましょう。築年数が新しい住居でも断熱材が入っていない場合もあります。室内の結露防止にもなりますし、エアコンの効きもよくなります。

「耐震」から、「免震」や「制震」へ

耐震リフォームとは、文字通り住居を地震に耐えられる構造に造り変えることです。そのため、住居を堅固にすることが主な工事内容です。一方で、最近の建物、とくに高層のビルやマンションは、「耐震」に加えて、「免震」や「制震」といった震動をうまく吸収して揺れをおさえる構造になっています。一戸建てでもこうした「免震」や「制震」が可能になってきました。震動を吸収する特殊なダンパーを取り付けたり、住居と基礎の間に免震装置を設置するという特殊な工事もあります。

耐震性能を強化すると、地震保険料も安くなる!

耐震性能を強化するメリットは、地震などの被害に備えれるだけではありません。
耐震性能によっては、地震保険が最大50%割引になることもあります。
ご希望のリフォームで地震保険料がいくら割引になるのか、価格.comでは、保険料の見直しも無料で行っております。

耐震性能向上と共に、地震保険料・火災保険料も比較、検討してみてはいかがでしょうか。

完全無料!価格.comの便利な火災保険一括見積もりサービスはこちら

DIYでできること

耐震リフォームそのものは、DIYでやれることはほぼない上に、「中途半端な補強でかえって住居がねじれやすくなった」などがおきたら大変です。耐震リフォームは施工会社にお任せして、DIYでは「自宅でできる地震対策」を心がけてはいかがでしょう。住居が倒壊を免れても、大地震では家の中の意外なものが凶器になりかねません。特に大きな家具や家電は「転倒防止金具」を使って固定するようにしましょう。この時注意したいのは、しっかりとした場所に固定することです。厚みのない下地や石膏ボードではすぐに抜けてしまいます。柱などが入った強度のある場所に直接とめるようにしてください。

自宅でできる地震対策

収納扉が開いて中のものが飛び出し、大怪我につながることもよくあります。揺れを感知すると自動的にロックがかかる「耐震ラッチ」を取り付ければ、開き戸でも収納物が飛び出すことを防止できます。また、開き戸ではなく引き戸にするのも有効な対策の1つです。さらに、ガラスが割れた時用に「飛散防止フィルム」を貼っておけば散乱しにくくなるので安心です。強化ガラスやアクリルパネルの導入も検討しましょう。

  • 相見積もりで比較
  • 平均3社以上ご紹介
  • 瑕疵保険対応の安心施工店

※「リフォーム相談サービスに関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。リショップナビのページに移動します。

耐震 リフォームの費用・相場

耐震を目的としたリフォームはおおむね「50万円以下」「51万円〜100万円」「101万円以上」という価格帯になっています。

家の状態によって事情が異なるため費用は大きく変わりますが、構造に手入れをせず補強を行う場合は多くの場合が100万円以下で施工できるようです。それ以上の補強が必要と判断された場合、予算はそれなりに必要になってきます。

耐震 リフォームの費用・相場を詳しく見る

耐震 リフォームの事例

ガンコモン工法がお勧めです。

ガンコモンで耐震補強

費用
60万円
建物種別
一戸建て
工期
非公開

リフォーム会社からの声

耐震工事の殆どの場合は、耐力壁を増やしたり床や壁・天井など解体して補強するケースが多いですが、今回は診断の結果、内部については1箇所の押入れを解体して補強するだけですみました。これは、外壁に「ガンコモン補強」した結果です。

カラーベストは平板でスッキリしてシャープなデザインが特徴です。

安心安全な屋根

費用
90万円
建物種別
一戸建て
工期
非公開

リフォーム会社からの声

築40年の瓦屋根の建物ですが、1F屋根をカラーベストで葺き替えました。屋根面積は75uですが、屋根材の重量は葺き替え前後で約2トン程度軽くなりました。これは、カローラ2台分位です。屋根を軽くすると、地震の際には建物の負担が少なくなります。

施工後も落ち着いた和風イメージを損なうことはありません。

軽い屋根で地震対策

費用
250万円
建物種別
一戸建て
工期
非公開

リフォーム会社からの声

屋根面積で100平米位あると、和風の陶器瓦の場合の屋根重量は概ね4500〜5000kg位になります。ROOGAだと約2000kgになり、軽自動車4〜5台分の重量の差がでます。

  • 相見積もりで比較
  • 平均3社以上ご紹介
  • 瑕疵保険対応の安心施工店

※「リフォーム相談サービスに関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。リショップナビのページに移動します。

このページの先頭へ