エコ・断熱リフォームとエコキュート

ホーム > リフォーム > リフォームガイド・ノウハウ > エコ・断熱リフォームとエコキュート

リフォームコラム

エコ・断熱リフォームとエコキュート

エコ・断熱リフォームとエコキュート

節電意識の高まりもあって、最近注目をあびているのが「エコリフォーム」や「断熱リフォーム」です。ここでは断熱をねらいとしたリフォームのほか、エネルギーを効率的に使うエコキュートについてもご紹介します。

断熱工法――内断熱工法と外断熱工法の違い

住まいの断熱性を高めることで、冷暖房の効きがよくなり光熱費が下がるだけでなく、居住性も格段にアップします。古い住居では断熱材がそもそも入っていない、また入っていても不十分なことが多くあります。部屋の暑さ寒さを根本から変える「エコ・断熱リフォーム」を検討してはいかがでしょう。

「エコ・断熱リフォーム」では、どのような工事を行うのでしょうか? 大きくわけて、内断熱工法と外断熱工法の2つがあります。

壁の「エコ・断熱リフォーム」

内断熱工法は、断熱材を室内から張り付け、柱などの構造物の間を断熱材で埋めていく、工法です。リフォーム費用が比較的安くすむため一般的ですが、柱や梁などは対象外、壁の内部で結露が起こりやすいというマイナス面もあります。そのため、吸湿・放湿作用の高い壁材を使う、防湿シートを組み込む、などの工夫が必要になります。

一方、外断熱工法は、既存の外壁に断熱材を張り付け、その上にサイディングなどの外壁材を設置していく工法です。住居全体を断熱材で包み込むので、壁の中で温度差ができにくいため結露しません。また、高気密・高断熱である反面、室内に湿気や汚れが溜まりやすいので、きれいな空気を取り入れるための換気システムもあわせて導入します。

外断熱工法は効果・人気ともに高いですが、内断熱工法と比べるとリフォーム費用は高くなります。

部屋ごと・部位ごとの「エコ・断熱リフォーム」について

外断熱工法が効果的なことはわかっていても、工事規模が大きくなりがちで、工期と費用がかかるため、なかなかリフォームに踏み切れないという方もいらっしゃいます。そこで、まずは部屋ごとや家の部位ごとに「エコ・断熱リフォーム」を検討してはいかがでしょうか。使用頻度の高いリビングルームで「エコ・断熱リフォーム」を行うだけでも、居住性がアップし光熱費の低下も実感できるはずです。また、ほかのリフォームとあわせて内断熱工法でリフォームを行うのも得策です。ここでは、具体的な事例についてご紹介していきましょう。

窓の「エコ・断熱リフォーム」

高い効果が期待でき、最もお手軽な部位が窓です。従来のサッシの内側に、さらにサッシを設置する「2重サッシ」を採用すれば、サッシとサッシの間に新たに空気の層ができて、断熱性がとても高まります。結露対策にも有効ですし、防音性を高めることもできます。マンションでは、サッシは共用部分と決められている場合がほとんどですが、2重サッシなら内側に取り付けるだけです。ただし、念のために規約などを確認しておきましょう。

壁の「エコ・断熱リフォーム」

壁の「エコ・断熱リフォーム」を行う場合は、一旦壁をはがし中に断熱材を入れます。断熱材を張り付けるだけでなく、壁の解体・補修などが必要なので、内装の模様替えや間取り変更、耐震補強とあわせて行うのが現実的です。

床の「エコ・断熱リフォーム」

古い住居では、床下に断熱材が入っていないことが多く、寒い冬には床から底冷えすることがあります。床下に断熱材があれば断熱効果が向上し、底冷えの程度も和らぎます。

床下に断熱材を設置するには、床下点検口から中に入って断熱材を張り付ける方法と、床材をすべてはがして断熱材を入れる方法があります。断熱リフォームだけを行うのであれば前者のほうが安くすみますが、フローリングの張り替えなど床のリフォームとあわせて行えば、後者の方法でもおトクな追加料金で対応してくれる場合があります。作業もスムーズですし、床・フローリングのリフォームや床暖房を検討しているのであれば、断熱工事もあわせて検討するのがベターです。

屋根の「エコ・断熱リフォーム」

屋根の「エコ・断熱リフォーム」

瓦屋根の住宅では、かつては屋根に屋根土を敷き、その上に瓦を並べていました。この屋根土が断熱材の役割をしていたのですが、最近は防水シートを敷いて横木を組み、そこに瓦を釘やビスで固定します。屋根のふき替えは数十年に1度しか行わない工事ですが、屋根材の下に断熱材を設置する、「屋根断熱」の事例が多くなっています。

一方、トタンなどの金属系の屋根材やスレート系の屋根材は、断熱性が高いとはいえません。そのため、断熱材は不可欠です。断熱材により、天井裏(小屋裏)への熱の影響を抑えることができます。また、金属系やスレート系の屋根をふき替える場合は、既存の屋根の上に重ねるように新しい屋根材を設置する重ねぶき(カバー工法)を採用すれば、新たに空気の層ができるので、断熱性が向上します。

屋根の「エコ・断熱リフォーム」

なお、天井裏の断熱も冷暖房効率アップのためにはとても重要です。天井裏にしっかりと断熱材を敷き詰める「天井断熱」で、夏の暑さや冬の寒さが緩和されます。また換気口があれば、通気がよくなり夏の暑さにも効果がありますし、結露の防止にも役立ちます。

簡単ではない「エコ・断熱リフォーム」。必ず専門の業者に相談を

ご紹介してきた断熱リフォームに使われるのが断熱材。建物の内外への熱の出入りをさえぎる建築材で、「グラスウール」や「ロックウール」、「セルロースファイバー」などがあります。正しく使えば高い断熱効果が期待できる材料ですが、断熱材をたくさん入れればいいというものでもありません。住宅の材質や構造をきちんと把握して、壁や床、天井に断熱材を入れるだけでなく、窓やドアのすき間などの熱が逃げる可能性がある場所も見つけて処置する必要があります。もちろん、お住いの地域の気候環境に応じて最適な断熱材を使用することも重要です。

安易な断熱リフォームでは結露が発生し、カビやダニの繁殖、建物の劣化をもたらすこともあります。施工業者の技量や手間のかけ方で断熱効果に大きな差がでることも考えられます。正しい知識と技術を持った専門の業者にリフォームを依頼することが最も重要です。

あわせて「エコキュート」の導入も検討!

エコ・断熱リフォームを行なうなら、あわせて「エコキュート」の導入も検討してはいかがでしょうか?

「エコキュート」とは

エコキュートの価格・費用

環境に配慮した「エコ」な「給湯(キュート)」システムの総称で、各社からエコキュートシステムが販売されています。

具体的には、外気の熱を吸収した自然冷媒(二酸化炭素)をコンプレッサーで圧縮することで高温にさせ、この熱を水に伝えお湯を沸かすという仕組みです(ヒートポンプシステム)。沸かしたお湯は貯湯ユニットに貯めておき、お風呂や台所などでいつでも使うことができます。

通常の給湯器は電気やガスのエネルギーをそのまま熱に変換してお湯を沸かしますが、エコキュートは電気エネルギーと大気の熱でお湯を沸かすため、使用する電力の約3倍の熱エネルギーが得られるといわれています。また、電気料金が割安な夜間・深夜に動いてお湯を沸かすため、光熱費の節約につながります。

エコキュートのタイプ

エコキュートはエアコンの室外機に似たヒートポンプユニットと貯湯ユニット(タンク)で構成され、使い勝手と機能が向上した様々な製品が各社から登場しています。

主なタイプ分けでは「給湯専用」「セミオート」「フルオート」があり、それぞれ「既存の給湯器と同等の機能」「設定した湯温と湯量で風呂をお湯はり」「お湯はりした後、自動で追いだきして保温」という機能があります。

最近では学習機能でお風呂の利用湯量を適切に判断して沸かすものや、つないだ配管の洗浄機能があるもの、入浴時に泡を出すタイプのもの、床暖房と連携したものもあります。また、塩害が予想される地域や温泉地域では対応したタイプのものを使うのがよいでしょう。

エコキュートの容量選びと設置方法

エコキュートを導入する際、迷うのが貯湯ユニットの容量です。シャワーをどれくらい使うかなどによって変わってきますが、おおむね2〜3人家族で300リットル、3〜5人家族で370リットル、4〜7人家族で460リットルが推奨されています。日中にお湯が少なくなった場合でも追いだきするものが多いですが、その際の電気代は割安ではないため注意が必要です。

設置にはヒートポンプユニットと貯湯ユニットの2つを置くスペースが必要になります。ヒートポンプユニットは、エアコンの室外機と同じくらいの大きさです。貯湯ユニットのほうは、一般家庭用として人気の高い370Lや460Lタイプで、高さ180〜220cm×幅60〜70cm×奥行70〜80cm(角型の場合)ほどになります。ほかにも薄型タイプのものもあります。

また、貯湯ユニットだけで100kg近い重量があり、そこにさらにお湯の重さが何百キロとかかるため、しっかりとした基礎工事は欠かせません。

エコキュートの価格・費用

タイプと機能・容量によりますが、設置にかかる総額費用は、本体価格が30〜70万円、工事費用が20〜30万円で合計50〜100万円程度が目安です。予算とメリットにあった最適なものを選ぶようにしましょう。

関連ガイド・コラム

  • 相見積もりで比較
  • 平均3社以上ご紹介
  • 瑕疵保険対応の安心施工店

※「リフォーム相談サービスに関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。リショップナビのページに移動します。

このページの先頭へ