防音・遮音リフォーム

リフォームコラム

防音・遮音リフォーム

防音・遮音リフォーム

音は快適な生活を送る上でとても大きな影響があります。車やエアコンの室外機など周りの音が気になるようでは、安心して眠ることもできませんし、足音やテレビ・ステレオなど室内の音がご近所とのトラブルの原因になることもあります。マンションなどの集合住宅はもちろんですが、一戸建て住宅であっても住宅が密集している地域ではこうした生活騒音によるトラブルは少なくありません。
静かで快適な生活のためには、音を外に出さない防音や、中に入らせない遮音がとても重要になります。今回は、住まいに静けさをプラスする「防音・遮音リフォーム」についてのお話です。

生活騒音を考えてみよう

具体的な防音・遮音リフォームの方法に進む前に、まずは、騒音の種類について簡単にご説明します。

生活騒音を考えてみよう

私たちが生活の中で聞く音には、伝わり方によって、空気音と固体音の2種類があります。
空気音とは、音の発生源から空気を伝わってやってくる音(振動)のことをいいます。話し声やテレビ、ステレオの音などです。空気があれば伝わる訳ですから、隙間や穴があれば(窓や扉の隙間、換気扇などの穴)外の音が室内に入ってきますし、逆に室内からも外に音が漏れていきます。
一方で音は、空気だけでなくさまざまな物質を通しても伝わっていきます。これらが固体音です。たとえば、スピーカーや楽器の音は空気を介して伝わると同時に、床や壁も振動させて伝わります。そのためマンションなどの共同住宅では、スピーカーから流れる音楽の一部は壁や床を通じて固体音として伝わり、お隣でも聞こえることになるのです。また、上の階でスプーンを落とした音や、子供が走り回る音が聞こえるのも同様です。上の階の振動が、フローリングの床材やコンクリートなどを介して固体音として伝わり、階下の空気を振動させているからです。

防音・遮音対策を行う場合は、こうした音の伝わり方や特性をよく理解して適切な対策を講じることが必要です。さらにもう一つ、ご自身がご近所に迷惑な音の発生源になっている可能性もあります。話し声や些細な生活音でも、他人にとっては騒音になります。これを機に、生活音について見直してみることも大切です。
空気音にしても固体音にしても、住居内で音が主に伝わる経路は、床・壁・天井・窓・ドアなどがあります。それぞれのリフォームポイントについてチェックしていきましょう。

床の「防音・遮音リフォーム」のポイント

生活騒音の苦情でもっとも多いのは、マンションなどの共同住宅で階下へ伝わる音です。こうした音には、スプーンやコップなどを落としたり、スリッパでパタパタ歩く時に発生する軽くて硬い感じの軽量床衝撃音(LL)と、子供がドタバタと走り回ったり、イスから飛び降りる時に起こる重くて鈍い感じの重量床衝撃音(LH)の2種類があります。
床の防音性・遮音性を高めるには、2種類の衝撃音に対してそれぞれ効果的な対策をとることが必要です。なお、上階からの床音(固体音)に関しては、階下で取れる対策は限られます。なるべく上階で防音・遮音リフォームを行い、固体音を減らすことがポイントです。

軽量床衝撃音の対策

基本的には、衝撃音を増幅しないよう防音性の高い床材やカーペット、ラグ、マット(シート)などを使います。もっとも簡単な方法はカーペットを敷き詰めることです。たとえば、コップやスプーンなどの落下音や、イスを引いたりする音であれば、ダイニングや子供部屋にカーペットを敷くだけも効果があります。その場合は、厚手の絨毯や、裏面にクッション層があり防音性が高い「防音カーペット」・「防音ラグ」・「防音タイル」などを選ぶようにしましょう。6畳の「防音カーペット」で3〜6万円、「防音ラグ」は2〜3万円、「防音タイル」は1枚1000〜2000円程度です。また、スピーカーやピアノなどを置く場合、床に直に置くと固体音として建物全体に広がります。防振台を設置することである程度の防音効果が期待できます。

フローリングの場合は、より防音性の高いフローリング素材を選ぶことが重要です。フローリング材の防音性能は、L-45やL-50といったL値や、特級や1級などの等級で表されます。以下に表でまとめましたので参考にしてください。

L値軽量床衝撃音重量床衝撃音生活実感・プライバシーの確保
L-40特級ほとんど聞こえない特級かすかに聞こえるが、
遠くから聞こえる感じ
上階で物音がかすかにする程度
気配は感じるが気にはならない
L-451級小さく聞こえる特級聞こえるが、
意識することはあまりない
上階の生活が多少意識される状態
スプーンを落とすとかすかに聞こえる
大きな動きはわかる
L-502級聞こえる1級小さく聞こえる上階の生活状況が意識される
イスを引きずる音が聞こえる
歩行などがわかる
L-552級発生音が気になる2級聞こえる上階の生活行為がある程度わかる
イスを引きずる音がうるさく感じる
スリッパ歩行音が聞こえる
L-603級発生音がかなり気になる3級よく聞こえる上階の生活行為がわかる
スリッパ歩行音がよく聞こえる
L-65級外うるさい級外発生音がかなり気になる上階の生活行為がよくわかる

*日本建築学会データより *等級は、集合住宅としての等級です

なお、フローリングの張り替え工事にかかる費用は、フローリング材の品質や防音性能によって異なります。1平方メートル当たりの単価は、普及品のフローリング材の場合で4000〜8000円、無垢材であれば10000〜15000円、マンション用の防音性能が高いものは8000〜15000円が目安です。さらに、工事費が5000円前後、下地の材料費が2000〜3000円程度必要です。たとえばマンションで6畳間(約10平方メートル)の場合、15〜23万円程度になります。

重量床衝撃音の対策

重量床衝撃音の対策

重量床衝撃音は床板の厚みや梁の位置が音の大小に影響します。とくにマンションの場合は、「床スラブ」といわれるコンクリートの床板の厚みがもっとも重要で、「スラブ厚」が厚い物件を選ぶことが一番の対策です。
理論上は、床を厚くする・床を重くするといった方法も考えられますが、一戸建ての新築であればまだしも、マンションなどの共同住宅ではこうした工夫は難しくなります。そのため、重量床衝撃音を軽減させるリフォームでは、防音性の高い床材やマットを施工することになります。

なお、フローリングの施工には、床スラブに直にフローリング材を貼る「直貼り(じかばり)」と、床スラブに制振構造の台座を設置し、フローリング材を貼る「二重床」があります。防音性能は二重床のほうが高いとされています。直貼りを二重床に変えるには、隙間に吸音材などを詰めてから、台座(下地材)に防音マットを敷いてフローリング材を貼っていきます。大掛かりな工事になりますが、重量床衝撃音だけでなく軽量床衝撃音にも効果があるとされています。

壁や天井の防音・遮音リフォームのポイント

壁を通して聞こえる隣戸からの音は気になるだけでなく、こちらの音も聞こえているのではと不安にもなるものです。

防音には壁や天井の密度が高く重量が大きいことが重要で、厚みが大きければ大きいほど音を反射する能力が高く、防音・遮音性能が高くなります。また、グラスウールやロックウールのような吸音材を利用することで音のエネルギーを減衰させることも有効です。要するに壁や天井の防音リフォーム・遮音リフォームでは、より多くの音を反射し吸収することがポイントになります。
壁・天井に防音対策でリフォームを行う場合、防音工事に適した建材を使用します。具体的には、壁や天井に「グラスウール吸音材」や「ロックウール吸音材」を貼り、「遮音シート」と「遮音ボード(遮音パネル)」などで固定します。また、壁や天井を珪藻土(けいそうど)や漆喰(しっくい)などの多孔質の素材で厚みを持たせて仕上げるという方法もあります。これらは吸音性にくわえて、消臭・調湿効果も期待できます。

窓やドアの防音・遮音リフォームのポイント

窓やドア(玄関ドア)は直接外と接すること、また隙間が多くあまり厚みがないこともあって、音を通しやすい弱点ともいえる部分です。

窓に対する防音・遮音リフォームには、既存の窓の内側あるいは外側に新しく窓を設置する二重窓のほか、既存の窓を防音・遮音性能の高い窓に交換する方法などがあります。マンションでは、管理規定で窓枠の交換ができない場合がほとんどなので、内側に新たに窓を設置する方法(内窓)がよく行われます。防音・遮音だけでなく断熱効果も得られるので、一石二鳥のおトクなリフォームといえます。あわせて、カーテンも「防音(遮音)カーテン」に変更すればさらに防音効果が高まります。
玄関ドアについては、ドアそのものを防音・遮音性能の高いものに交換することが基本的なリフォーム方法です(ただしマンションでは一般的に玄関ドアの交換はできません)。室内ドアについても、防音・遮音ドアへの交換が基本になります。この際、ドアだけでなくドア枠もあわせて交換することになります。

楽器演奏室やホームシアタールームは、防音だけでなく音響も意識して

いままでご紹介した部分ごとの防音・遮音対策からさらに進んで、本格的な楽器演奏室やホームシアターが楽しめる部屋を検討している方もいらっしゃると思います。高いレベルの防音性能が求められるだけでなく、音がきれいに聞こえるように余計な音の反射を防ぐ吸音も同時に行う必要があります。また、エアコンダクト用の穴を通じての音漏れにも配慮する必要がありますし、ホームシアタールームの場合は、遮光や照明の工夫も行わなければなりません。

楽器演奏室やホームシアタールームは、防音だけでなく音響も意識して

こうした防音ルームは、通常のリフォームと異なる特別な知識や技術が求められるので、専門の業者に相談するほうがよいでしょう。
費用については、部屋の広さや求める防音・遮音性能のレベル、内装材の品質、工事の難易度などによって、6畳の部屋でも200〜500万円と大きく変わってきます。また、賃貸マンションなどで工事ができない場合は、組立式防音室を室内に設置するという方法もあります。楽器メーカーとして有名なヤマハから発売されている、防音室(アビテックス)などの商品があります。価格は、天井高や防音・遮音性能によって異なりますが、グランドピアノが置ける3畳・3.5畳のタイプで100〜200万円程度です。

関連ガイド・コラム

  • 相見積もりで比較
  • 平均3社以上ご紹介
  • 瑕疵保険対応の安心施工店

※「リフォーム相談サービスに関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。リショップナビのページに移動します。

このページの先頭へ