竣工検査のチェックポイント

ホーム > リフォーム > リフォームガイド・ノウハウ > 竣工検査のチェックポイント

リフォームコラム

竣工検査のチェックポイント

竣工検査のチェックポイント

リフォーム工事が完了した直後に、リフォーム会社の担当者とともに工事内容を検査することを、竣工検査(工事完了検査)といいます。計画どおりにリフォーム工事が完了しているかどうかを確認するための検査で、不具合の有無を細かくチェックする必要があります。この段階でチェックをしておかないと、後々不具合が見つかっても、スムーズに修理に応じてもらえないことにもなりかねません。また、キズや汚れなどは、後になると工事中のものかどうかの判別が難しくなります。面倒でも、竣工検査の時にしっかりチェックをしておきましょう。

もし竣工検査で不具合が見つかった場合は、引渡しまでに修理をしてもらうか、入居後に修理をしてもらうかのいずれかになります。どの場所を・どのように・いつまでに修理するのか、といった内容を書面で取り交わしておけば、後から「言った」「言わない」のトラブルも回避できます。

竣工検査時のチェックポイント

竣工検査時のチェックポイント

工事が完了すると喜びで舞い上がってしまい、ついつい検査は担当者にまかせっきりということもあるようです。竣工検査では、あくまで冷静に客観的にチェックすることが必要です。

竣工検査で大事なのは、図面や仕様書・チェックシートなどと現場を付き合わせながら、約束どおりの工事がきちんと行われたかどうかをチェックすることです。細かなキズや汚れを探し出すのが主目的ではないので、ご注意ください。チェックすべき内容は工事によって異なります。以下にポイントをまとめてみました。

内装

  • 指定したとおりの色や柄・素材が使われているか
  • 床を歩いた時、きしみや床鳴りがしないか、浮きがないか
  • 壁や天井のクロス類にしわやたるみがないか。また四隅に隙間やはがれがないか

建具

  • 寸法やデザイン・材料などが図面や仕様書どおりになっているか
  • ドア類の開閉方向に間違いはないか、開閉はスムーズか
  • 大きな傷やへこみ、目立つ汚れはないか
  • 棚板やパイプなどの取り付けはしっかりしているか

スイッチ・コンセント・端子

  • スイッチ・コンセントの位置や数に間違いはないか
  • スイッチのオン/オフはスムーズにできるか、また対応機器がきちんと作動するか
  • テレビ・電話などの端子の位置や数に間違いはないか

設備機器

  • しっかりと取り付けられているか
  • スイッチがあるものはスイッチを入れるとしっかりと動作するか(コンロや給湯器など)
  • 給水(給湯)や排水はきちんとしているか、水漏れはないか(キッチン・トイレ・お風呂・洗面台など)
  • 大きな傷やへこみ、汚れはないか

外装

  • 屋根材や外壁材にはがれやひび割れ・反り・浮き上がりがないか
  • コーキングはしっかりとされているか
  • 塗装材の色むらがないか
  • 塗り残しや液垂れがないか

そのほか

竣工検査時のチェックポイント
  • 設備機器の搬入などで、壁や床などに傷やへこみ、汚れがないか
  • 養生していた場所に傷やへこみ、汚れがないか
  • 廃棄物の処理や掃除がしっかりとされているか
  • 電気や給排水などの設備機器の保証書や取扱説明書はあるか

竣工検査と引渡し

竣工検査で不具合があった場合は、すぐに手直しをしてもらいましょう。その後、不具合が完全に修理されているかどうかを改めてチェックし直します。修理されていることを確認したら、「工事完了確認書」を取り交わし引渡しを受けます。この書類に押印や署名をすると、契約どおりに工事が完了したと確認したことになります。中には、竣工検査と引渡しを同時に行うこともありますが、手直しが残っている場合は決して押印や署名をしないでください。また、代金(残額)の支払いは、不具合の修理が終わって、「工事完了確認書」を取り交わしてからにしましょう。

竣工検査と引渡し

また、引渡し後に設備機器が故障したり、竣工検査で発見できなかった不具合が見つかることもあります。引渡しを受けたら、引渡し後の担当者の連絡先、工事の保証書、設備機器の保証書や取扱説明書などを受け取ることも忘れないでください。こうした書類は、リフォームの契約書や図面などと一緒にまとめて保管しておきます。メンテナンスやアフターサービスを受けたり、次回のリフォームの際に必要になります。

瑕疵保険制度(リフォーム瑕疵保険)の加入も一案

リフォーム費用とは別に保険料がかかりますが、リフォーム瑕疵保険に加入するという方法もあります。リフォームの工事中や工事完了後に建築士の資格を持った第三者が検査を行ってくれるので(検査回数や検査のタイミングは工事内容によって異なります)、質の高い工事が期待できます。また、検査完了後でも工事内容に瑕疵があり補修などが必要になっても、一定の負担で施工会社が修復を行いますし(施工費用の一部が保険会社から支払われるため)、もし施工会社が倒産してしまった場合も補償が受けられます。リフォームを検討中の方はこうした制度の検討も一案かと思います。

ただし、リフォーム瑕疵保険は、国土交通省が指定した保険会社(住宅瑕疵担保責任保険法人)だけが保険業務を行っており、一般的な生命保険会社や損害保険会社とは異なります。また、一般の保険と異なり、保険に加入する(保険契約を行う)のは施主でなく、リフォーム工事を実施する施工会社になります。そのため、リフォーム瑕疵保険を利用するには、施主が施工会社に保険に加入するよう依頼し、施工会社がこのリフォーム工事に関して保険会社に申し込み手続きを行うことになります。

関連ガイド・コラム

  • 相見積もりで比較
  • 平均3社以上ご紹介
  • 瑕疵保険対応の安心施工店

※「リフォーム相談サービスに関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。リショップナビのページに移動します。

このページの先頭へ