リフォーム全体の流れ

リフォームの基礎知識・初めてガイド

リフォーム全体の流れ

リフォーム全体の流れ

大きな流れを頭に入れておきましょう

リフォームすることを決意してから、完了するまでにはいくつかのステップがあります。まずは大きな流れを理解しておくことが重要です。そのうえで、それぞれの段階で気を付けたいことを事前に整理しておきましょう。自分なりのチェックリストを作っておけば、つまらない失敗や後悔も防げます。

一般的なリフォームの流れは、次のようになります。

大きな流れを頭に入れておきましょう

リフォーム完了までの6つのステップ

リフォームの完了までは、先にご紹介したように6つのステップがあります。それぞれのステップで気を付けることやチェックすべきことをお伝えします。

【ステップ1】リフォームしたい場所の整理

リフォーム完了までの6つのステップ

まずは家族で、今の住居のどこが不満なのか、どこに問題があるのか、何が欲しいのかを話しあい、「書斎が欲しい」、「リビングに床暖房を入れたい」、「もう1つ子供部屋が必要」といった要望を洗い出しましょう。そして5年先、10年先のことも考えてリフォームする場所を整理し、優先順位を決めます。リフォームの場所と目的が不明瞭なまま次のステップに進んではいけません。またこの段階で、おおよその予算も決めておきましょう。

【ステップ1】 チェックポイント
家族全員の不満や要望を洗い出し整理する
将来を見越した計画を考える
リフォームしたい場所に優先順位を付ける
リフォームに使えるおおよその予算を決める

後悔しないリフォーム計画・段取り

【ステップ2】情報収集&会社選び

インターネットや雑誌などで、リフォームに関する基礎知識や設備機器(システムキッチンや温水洗浄便座など)、工事費用といった情報を収集しておきましょう。同時に、自分たちが希望するリフォームをかなえてくれる施工会社を探します。電話をかけると営業されるのではと不安の方もいらっしゃるかもしれません。価格.comのサイトでは、インターネットを使った匿名相談や、匿名での複数の会社に提案を依頼することもできますので、ぜひご利用ください。

なお、この段階では施工会社を複数選びましょう。後々、打ち合わせや見積もりを通して、1社に絞り込んでいきます。

【ステップ2】 チェックポイント
リフォームに関する基礎知識を身に付ける
リフォームにかかるおおよその費用を調べる
実績などから希望するリフォームをかなえてくれそうな施工会社の候補を調べる

事例チェックのポイント

【ステップ3】現地調査と打ち合わせ、見積書の依頼

施工会社を数社に絞り込んだら、実際にリフォームしたい現場を調査してもらい、自分たちの要望を伝えます。この時、リフォーム後のイメージを施工会社と共有することが重要です。「かっこいい部屋」とか「女の子っぽい部屋」だけでは、具体的な希望が伝わりません。打ち合わせ前によく考えておきましょう。イメージを伝える時は、具体的な写真を用意するのも効果的です。

複数の施工会社の担当者と打ち合わせすることで、会社の姿勢や相性を見ることができます。こちらの質問に的確に答えられるか、現場できちんと採寸しているかなども、施工会社選びの大事なポイントです。なお、すべての施工会社に同じ条件で見積書を依頼しなければ、後々正確な比較ができないので注意してください。また、複数社に見積もりを依頼していることは、マナーとして先方に話しておきましょう。

【ステップ3】 チェックポイント
施工会社の姿勢や担当者との相性を見極める
現場をチェックしてもらい、希望のリフォームが可能かどうかを確認する
複数社に見積もりを依頼する際は、リフォーム内容を同じ条件で具体的に伝える

業者探し・見積もり依頼のポイント
打ち合わせ時の注意点

【ステップ4】リフォームプランと見積書の比較・契約

【ステップ4】リフォームプランと見積書の比較・契約

複数社から見積書が出揃ったら、比較検討して最終的に1社に絞り込みます。この時、価格だけで速断しないことが重要です。リフォームには、ある程度の適正価格というものがあります。見積価格が極端に高かったり、低かったりする場合はそれなりの理由があります。事前に【ステップ2】で調べた費用や情報と照らしあわせながら、見積書の内容をよく検討しましょう。必ず担当者と打ち合わせを重ね、リフォームプランと見積書の内容に納得いくまで質問をして、疑問点をなくしておきましょう。

最終的に1社に絞ったら契約となります。ハンコを押す前に、契約は要望どおりの内容になっているか、工事の内容に変更はないか、さらには工事終了後の保証や、費用の支払い方法・時期はどうなっているのかといったことも確認しておきましょう。

【ステップ4】 チェックポイント
価格だけでなく使われている設備機器や工事の範囲、素材などの違いもチェックする
契約書は必ず隅々まで目を通す
口約束はNG。お願いしたいことは、必ず契約書に明記する

費用内訳チェックのポイント
契約時のポイント

【ステップ5】工事開始

【ステップ5】工事開始

大規模なリフォーム工事では、転居や家具・荷物の移動などが必要な場合もあります。こうした費用は見落としがちですので注意しましょう。

工事には騒音や振動がつきものです。ご近所へのあいさつは必ず工事が始まる前に済ませておきましょう。スケジュールを伝えておくこともお忘れなく。また、時々現場へ足を運び、進捗状況や内容を確認することも大事です。

【ステップ5】 チェックポイント
リフォーム中の住居や、家具・荷物の保管場所の確保
ご近所へのリフォーム開始のあいさつ
時々工事現場へ足を運び、内容を確認する

工事中のFAQ

【ステップ6】工事完了と費用の支払い

工事が完了したら、まず仕上がり具合を隅々までチェックしてください。契約書どおりの設備機器や材料が使われているかはもちろん、細部の仕上がりやキズの有無についても確認します。また、後々施工ミスが見つかった場合の修理や保証内容、連絡先などについてもキチンと再確認しておきましょう。リフォームの内容に納得して「工事完了確認書」に押印したら、残りの費用を支払います。

【ステップ6】 チェックポイント
契約書どおりの機器や材料が使われているかどうかを確認する
仕上がりに不備や足りないものがないか確認する
保証内容・期間・連絡先など必要な情報を確認する

【ステップ1】から【ステップ6】までの流れとチェックポイントに気を配り、万全の態勢でリフォームにのぞみましょう!

関連ガイド・コラム

  • 相見積もりで比較
  • 平均3社以上ご紹介
  • 瑕疵保険対応の安心施工店

※「リフォーム相談サービスに関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。リショップナビのページに移動します。

このページの先頭へ