リフォームの業者探し・見積もり依頼のポイント

ホーム > リフォーム > リフォームガイド・ノウハウ > リフォームの業者探し・見積もり依頼のポイント

リフォームの基礎知識・初めてガイド

リフォームの業者探し・見積もり依頼のポイント

リフォームの業者探し・見積もり依頼のポイント

リフォームの成否は施工会社で決まる

リフォームの成否は施工会社で決まる

リフォームの内容が固まったら、ネットや雑誌などを参考に施工会社を探しましょう。リフォームを行なっている施工会社にはいくつかのタイプがあり、それぞれに得意分野や持ち味があります。大手ではないけれど、自然素材を使ったリフォームを得意にしている、スタイリッシュなインテリアをウリにしている、といった得意分野や個性をもっている施工会社もあれば、システムキッチンの入れ替えや便座の取替えといった専門分野に強い施工会社もあります。大規模のリフォームであれば、大手や建築設計事務所に依頼するという方法もあります。

まずは、自分たちが希望するリフォームを実現してくれそうな施工会社に狙いを定めることから始めましょう。なお、頻繁な打ち合わせが必要なリフォームの場合は、遠方の施工会社は避けたほうが無難と言えそうです。

施工会社はおおむね4タイプ。それぞれの特長は?

施工会社はおおむね4タイプ。それぞれの特長は

上に書いたとおり、施工会社にはいくつかのタイプがあり、それぞれに得意分野や持ち味があります。施工会社のタイプを特長ごとに整理してみました。

大手ハウスメーカー

豊富なノウハウと実績が魅力

新築を含む住宅建築の実績が多いので、リフォームのノウハウが豊富。大手ならではの安心感と幅広いサービス内容が特長。

住宅設備機器メーカー

専門分野に強い

キッチンや浴室、トイレなどの専門分野に強い。導入したい設備機器が絞られているなら、検討の価値あり。

地元工務店・建築会社

地域に密着して迅速に動ける

地元に密着して長く仕事を続けられるのは、それなりの信用と実績の証。近所であれば、打ち合わせや将来的なメンテナンスも便利。

建築設計事務所

デザインや個性にこだわれる

デザインを重視したリフォームや、こだわりを持ったオリジナルのリフォームを考える方に最適。ただし、リフォーム費用とは別に設計料が必要。

施工会社の実力を知るには

候補を数社に絞り込めたら、問い合わせをして、先方の対応をチェックしてみましょう。価格.comのサイトでは、匿名で相談や複数の会社に提案の依頼を行うこともできるので、利用してはいかがでしょうか。なお、価格.comのサイトでは、建設業許可もしくは建築士事務所登録のある事業者だけを掲載しているのでご安心ください。実際にリフォーム会社と接触する段階になると、ポイントになるのは窓口となる担当者です。リフォームのプランニングから現場での工事の管理まで、幅広い業務をこなすので、担当者の力量や相性がリフォームの成否にも影響してきます。担当者の能力を見極めるには、とにかくたくさん質問することです。チェックポイントは、質問に対して誠実に対応しているかどうか。あやふやな答えをする、答えをごまかそうとしているようではダメです。

さらに、時間がとれるなら、施工会社に出かけてみることをおすすめします。オフィスを見れば、普段の仕事ぶりや、社員のマナーなどいろいろなことがわかります。

悪質な会社もある訪問販売には要注意!

悪質な会社もある訪問販売には要注意!

施工会社を探しているタイミングでたまたま訪問してきた施工会社に、「今ならキャンペーン期間中で安くなります」、「今日契約していただいたらサービスします」などと言われ、その場で契約をするようなことは避けたほうがよいでしょう。すべての訪問販売会社が悪質という訳ではありませんが、「屋根を無料で点検しましょう」、「床下を点検します」と言って家に上がりこみ、壊れてもいない屋根や床下の修理を持ちかける「点検商法」や、「シロアリがいます」、「耐震補強が必要です」、「床下がカビだらけです」などと次々と工事を増やしていく「次々商法」は、いまだに後を絶ちません。キチンと工事をするならまだしも、法外な費用を請求し、無意味な工事だけを行うケースも多いのでお気を付けください。

見積書依頼のポイント

見積書依頼のポイント

施工会社が絞り込めてきたら、複数の会社に見積書の作成をお願いします(相見積もり)。見積もりをお願いするには、実際にリフォームしたい現場を調査してもらい、自分たちの要望を伝えます。この段階でも、複数の施工会社の担当者と打ち合わせをすることが肝心です。いろいろな担当者と話をすることで、会社の姿勢や相性を見ることができます。こちらの質問に的確に答えられるか、現場できちんと採寸しているかなども、最終的に施工会社を選ぶ際の大事なポイントです。

見積書の依頼は、すべての施工会社に同じ条件で行ってください。また、見積書に工事の具体的な内容(使用する機器や素材の名称、工事の範囲、施工方法など)を明記してくれるよう伝えましょう。伝えた内容は、リストにまとめるなど自分でもきちんと把握しておくようにしてください。それをやっておかないと、後々で見積書の比較が難しくなります。この時点でおおよその予算も伝えておいたほうがよいでしょう。

なお、見積書の書き方には、工種別見積や部位別見積といった方法があり、施工会社によって異なります。工種別見積は、内装工事・コンクリート工事・仮設工事といった工事の種類ごとに金額を集計していく見積書の書き方。部位別見積は、各部屋の床・壁・天井といった施工部位ごとに金額を集計していく見積書の書き方です。部位別見積のほうが、具体的なリフォーム内容と金額の関係をイメージしやすいので、できれば部位別見積書をお願いしましょう。

リフォーム内容を具体的に伝えるのも大事なポイントです。「かっこいい部屋」とか「おしゃれに」では、完成形がはっきりしません。「木の温もりを感じられるナチュラルな家」といった場合も、自分たちはアジアンテイストの住居をイメージしているのに、先方はログハウスをイメージするかもしれません。イメージが伝わる写真を使うなど、要求を具体的にすることが重要です。

まだ具体的なイメージがなく、あえて抽象的なイメージを伝え、先方にプランと見積書を提出してもらう方法もあります。大規模なリフォームや、建築設計事務所にデザインを含めて依頼する場合には有効な方法です。ただし、通常は無料が一般的な見積もりが有料となることもありますのでご注意ください。

見積書依頼時のタブー

見積書関連でやってはいけないこともあります。信頼関係を築くどころか、反対に壊しかねませんのでご注意ください。

見積内容が施工会社ごとにバラバラ

すでに書いたように、これをやってしまうと後から比較検討ができなくなります。

依頼する会社が多すぎる

数多くの施工会社との打ち合わせは時間がかかるだけでなく、依頼内容にばらつきが出る可能性もあります。ある程度まで絞り込んで、担当者との打ち合わせに時間をかけるほうが得策です。

見積書を他社の担当者に見せる

値引き交渉でやってしまいがちですが、これはタブーというよりはマナー違反です。見積書にはその業者なりの情報やノウハウが詰まっています。他社の見積書を見せられた担当者は「ウチのも他社が見ているかも・・・」と疑心暗鬼になって、せっかくの信頼関係が崩れてしまうかもしれません。また、他社の安い見積書を見せたからといって、必ずしも値引きに応じてくれるとは限りません。

施工会社探しから見積もりの依頼はリフォームの成否を握る重要なポイントです。担当者との打ち合わせも含めて時間がかかるのは仕方ありません。自分たちのやりたいリフォームにあった施工会社をじっくり探しましょう。

費用の透明性を増す「定価制リフォーム」

「リフォームをしたいけれど、どれくらいの費用がかかるのか簡単にわかればいいのに」と感じている方は多いのではないでしょうか。そんな状況を反映してか、「定価制リフォーム」の事例をネットや雑誌でもよく見かけるようになりました。とにかく明快な料金設定が特長です。リフォームをする面積に、坪や平方メートル単位に応じた単価をかければ総額がわかります。価格の中には、標準的な設備機器(システムキッチンなど)、内装材、建材などが含まれており、豊富なバリエーションの中から選べます。さらに、標準仕様にはないこだわりの設備機器や材料を使うなど、定価以外の追加工事はオプションとして選ぶこともできます。

残念ながら、「定価制リフォーム」を採用したからといって、劇的に費用が安くなることや、工事のグレードが格段にアップすることは考えられませんが、わかりづらかったリフォーム費用がスッキリするのは助かります。

関連ガイド・コラム

  • 相見積もりで比較
  • 平均3社以上ご紹介
  • 瑕疵保険対応の安心施工店

※「リフォーム相談サービスに関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。リショップナビのページに移動します。

このページの先頭へ