ホーム > 価格.comリサーチ > 結果レポートバックナンバー > No.048 スマートフォン徹底調査! -購入の決め手は?-
価格.comリサーチ

結果レポート

リサーチの新着お知らせをRSSで受け取る

No.048 スマートフォン徹底調査! -購入の決め手は?-

価格.comリサーチ第48回のテーマは、「スマートフォン」!主要3キャリアの冬春モデルが出揃い、今後ますます成長を続けると見られるスマートフォン市場ですが、みなさまはお持ちですか?お持ちの方は所有端末や購入の決め手、お持ちでない方は理由などをお伺いしました。
(回答者:価格.comID登録ユーザー 10,360人)

スマートフォン所有率:29.3%。2009年8月に比べ7.8ポイント増加

まずはスマートフォンの所有率を聞いた。この結果によれば、「スマートフォンのみを持っている」というユーザーが16.3%、「普通の携帯電話とスマートフォンを持っている」というユーザーが13.0%で、合計すると全体の3割弱となる29.3%がスマートフォン所有者ということになった。2009年8月に行った調査(図1-2)に比べて所有率は7.8ポイント増加という結果になった。

MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)が、2010年6月に発表した同様の調査の結果でも、全体の20.7%がスマートフォンを所有しているという結果になっており、それより半年後の調査としては、おおむね妥当な値となっていると言っていいだろう。

【図1-1 スマートフォン所有率】

最新版のFlashPlayerをインストールしてください。

【図1-2 スマートフォン所有率(前回調査と比較)】

最新版のFlashPlayerをインストールしてください。

スマートフォンの利用開始時期:「1年以内」が6割

現在スマートフォンを使っているユーザーが、いつ頃からスマートフォンを使い始めたのかを聞いた。もっとも多かったのは、「3ヶ月未満」という回答で25.7%。次いで、「2年未満」が21.9%。さらには「1年未満」が19.1%、「半年未満」が15.6%と続く。全体としては、この1年以内にスマートフォンを使い始めたという人が半数以上(60.4%)という結果になった。

この結果を見る限り、1/4程度の人がここ数ヶ月(2010年9〜12月)のうちにスマートフォンを使い始めたと回答しているが、これは、ちょうど2010年後半に起こった、ドコモやauによるスマートフォンの本格ラインアップ化の時期と一致する。つまり、比較的多くの人が2010年後半にスマートフォンへの乗り換えや買い増しを行ったと見ることができるだろう。なお、「半年以内」という回答の中には、アップルの「iPhone 4」のユーザーが多く含まれると思われ、「1年未満」という回答の中には、ドコモの「Xperia」のユーザーが多く含まれると推測される。それ以前のユーザーはほとんどが「iPhone 3G/GS」か、Windows Mobile系の端末の所有者であろう。

【図2 スマートフォンの利用歴】

最新版のFlashPlayerをインストールしてください。

スマートフォンの利用歴:「現在使用しているスマートフォンが1台目」約75%

現在使っているスマートフォンが何台目になるかを聞いた。もっとも多い回答は「1台目」で、全体の3/4程度を占めたが、「2台目」と回答したユーザーも17.0%いるなど、すでにスマートフォンからスマートフォンへの買い替えや買い増しもかなりの割合で行われている。全体としては、1/4程度のユーザーが、すでにいくつかのスマートフォンを使用した経歴があるという結果となり、スマートフォン自体がすでにかなり定着したデバイスとなっていることがわかる。

【図3 現在使用しているスマートフォンは何台目か】

最新版のFlashPlayerをインストールしてください。

次のページ:所有しているスマートフォンのキャリアは?

このページの先頭へ