ホーム > 価格.comリサーチ > 結果レポートバックナンバー > No.049 2010年買い替えてよかったモノは?
価格.comリサーチ

結果レポート

リサーチの新着お知らせをRSSで受け取る

No.049 2010年買い替えてよかったモノは?

2010年、エコポイントの後押しもあって今まで使っていたテレビやエアコンなどを買い替えた方も多いのでは?買い替えてよかったモノとその理由などをお伺いしました。
(回答者:価格.comID登録ユーザー 7,142人)

2010年に買い替えた製品:「薄型テレビ」(44.1%)が断トツ、次いで「携帯電話」(25.0%)。

まずは、2010年中に「買い替え」を行った製品の種類を聞いた。この結果を見ると、エコポイント制度の影響もあって、「薄型テレビ」を買い替えた人が44.1%と圧倒的に多い。回答した人の4割以上が、2010年に薄型テレビを買い替えたというのは、かなりの数だろう。

次いで多かったのは「携帯電話」で25.0%。携帯電話は約2年ごとに買い替えサイクルが訪れる製品と言われているだけに、買い替えを行うユーザーは元から多いのだが、2010年は特に「スマートフォン」の人気が、買い替えを後押ししたものと考えられる。

以下、それほどポイント的には変わらないが、「コンパクトデジカメ」(17.8%)、「ノートパソコン」(17.2%)、「ブルーレイ/DVDレコーダー・プレーヤー」(17.2%)、「PCパーツ」(15.8%)、「プリンター」(15.6%)といったところが、比較的買い替えの多かった製品カテゴリということになった。いずれも、価格.com上では人気があり、常に買い替え需要は高いカテゴリであるが、なかでも「ブルーレイ/DVDレコーダー・プレーヤー」の買い替え割合は比較的高いといえる。人気の薄型テレビの買い替えに合わせて、DVDからブルーレイへの買い替えも進んできているようだ。

逆に価格.com上で人気のカテゴリの中でも、「MP3プレーヤー」(9.1%)、「デジタル一眼レフカメラ」(7.2%)、「ゲーム機本体」(7.2%)などは、10%に満たない低い買い替え率となっている。いずれも、買い替えに値するような強力な新製品がなく、2010年については、やや低調な動きとなったカテゴリだ。

【図1-1 2010年に買い替えた上位5製品(複数回答)】

順位 製品 割合
1位 薄型テレビ(液晶テレビ、プラズマテレビ) 44.1%
2位 携帯電話 25.0%
3位 コンパクトタイプのデジタルカメラ 17.8%
4位 ノートパソコン 17.2%
4位 ブルーレイ/DVDレコーダー・プレーヤー 17.2%

【図1-2 2010年に買い替えた製品(複数回答)】

最新版のFlashPlayerをインストールしてください。

買い替えてよかった製品:「薄型テレビ」(28.4%)が断トツ。高評価のポイントは高画質、録画機能搭載など。

今度は、2010年中に買い替えた製品の中で、購入満足度の高かった「買い替えてよかった」と思う製品を聞いてみた。結果としては、ここでもやはり「薄型テレビ」の満足度が28.4%と高く、ほぼ断トツの人気となっていることがわかる。フリーアンサーで、どういった点に満足しているかを聞いたが、「画面がとにかくきれいでびっくりしました」「今までのブラウン管のテレビとは雲泥の差」「全てにおいて感動ものでした。もっと早く買い替えておくべきだった」など、アナログからデジタルハイビジョンに変わったことによる画質のキレイさに改めて驚くケースが多い。また、録画機能を搭載した製品を購入した人の満足度も総じて高いといえる。このように、テレビのような製品は、見た目にもその違いがわかりやすく、なおかつ長時間触れるものなので、購入後の満足度も非常に高くなっている。

1位の「薄型テレビ」が断トツ人気だったため、2位以降はそれほどポイント差が開いていないが、比較的満足度の高かった買い替え製品としては、「携帯電話」(8.7%)、「ノートパソコン」(7.5%)、「デスクトップパソコン」(6.2%)、「自動車」(5.5%)などがあげられる。フリーアンサーでその理由を見てみると、「携帯電話」に関しては、やはりスマートフォンへの乗り換えによって、その機能・性能に満足している人が多く、「ノートパソコン」「デスクトップパソコン」については、およそ5年以上前のパソコンから乗り換えた人が、そのスピードの進化に驚いているというパターンがよく見受けられた。また、「自動車」については、「エコカー補助金」などの後押しもあって購入に踏み切ったという人が多く、ミニバンなどの大型自動車に乗り換えたり、ハイブリッドカーなどのエコカーに乗り換えたりしたことで、快適性や燃費のよさなどに満足するケースが多く見受けられた。

逆に、買い替えた割合が高かったのに比べて、満足度がやや低めだったカテゴリとしては、「ブルーレイ/DVDレコーダー・プレーヤー」(4.6%)や、「コンパクトデジカメ」(4.0%)、「PCパーツ」(2.8%)などがある。いずれのカテゴリも、2009年以前に比べて技術的な進化などがとぼしく、買い替える必要はあって買い替えたものの、それほど驚くようなことがなかったという感じを受けるカテゴリばかりだ。

【図2-1 2010年に買い替えてもっともよかった上位5製品】

順位 製品 割合
1位 薄型テレビ(液晶テレビ、プラズマテレビ) 28.4%
2位 携帯電話 8.7%
3位 ノートパソコン 7.5%
4位 デスクトップパソコン 6.2%
5位 自動車 5.5%

【図2-2 2010年に買い替えてもっともよかった製品】

最新版のFlashPlayerをインストールしてください。

次のページ:2010年買い替えなければよかった製品は?

このページの先頭へ