ホーム > 価格.comリサーチ > 結果レポートバックナンバー > No.050 空気清浄機 -2011年購入状況調査-
価格.comリサーチ

結果レポート

リサーチの新着お知らせをRSSで受け取る

No.050 空気清浄機 -2011年購入状況調査-

価格.comリサーチ第50回のテーマは、空気清浄機について。空気清浄機を所有していますか?購入した目的や購入後の効果などをお伺いしました。
(回答者:価格.comID登録ユーザー 6,844人)

空気清浄機の所有状況:「所有している」62.6%。

まずは空気清浄機の所有状況をうかがった。この結果によれば、空気清浄機の所有率は62.6%で、全体の3分の2近い人がすでに空気清浄機を所有しているという結果になった。所有台数については「1台」という人が全体のほぼ4割に当たる41.0%でトップだったが、「2台」という人も14.8%、「3台以上」という人も6.7%いる。すでに「家庭に1台」は珍しくない状態といえ、空気清浄機が家庭にかなり浸透していることがわかる結果となった。

【図1-1 空気清浄機の所有状況】

最新版のFlashPlayerをインストールしてください。

【図1-2 空気清浄機の所有状況(2009年10月調査と比較)】

最新版のFlashPlayerをインストールしてください。

空気清浄機の方式:「空気清浄機能のみ」「イオン放出機能付き」「加湿空気清浄機」の3タイプがシェアを分け合う

所有している空気清浄機の種類を、主に「空気清浄機能のみ」「イオン放出機能付き」「加湿空気清浄機」の3タイプに分けて聞いた。結果は、この3者がほぼ同じ程度の割合でほぼ3等分されるというおもしろい結果になっている。トップの「空気清浄機能のみ」が33.1%、2位の「イオン放出機能付き」が31.2%、3位の「加湿空気清浄機」が28.5%と、いずれも30%近いシェアを分け合うという形になった。 空気清浄機の進化の歴史を考えると、上記のシェアの順番で製品化が進んできており、「イオン放出機能付き」と「加湿空気清浄機」に関しては比較的歴史の浅い製品タイプであるが、今回の調査ではかなり所有率が高い。このことを考えると、ここ数年のうちに空気清浄機を購入した人が多いということがうかがえる。 なお、「空気清浄機」と近しいカテゴリである「イオン発生機」の所有割合も3.3%存在しているが、全体に比較するとまだまだ普及率は低いといえる。

【図2 所有している空気清浄機の方式】

最新版のFlashPlayerをインストールしてください。

次のページ:空気清浄機のメーカーは?

このページの先頭へ