ホーム > 価格.comリサーチ > 結果レポートバックナンバー > No.074 冬のボーナス2013 -消費税増税前のボーナス、気になるみんなの使い道!-
価格.comリサーチ

結果レポート

リサーチの新着お知らせをRSSで受け取る

No.074 冬のボーナス2013 -消費税増税前のボーナス、気になるみんなの使い道!-

価格.comリサーチ第74回のテーマは、「冬のボーナス」!2013年の冬季ボーナスについてお聞きしました。 消費税増税目前!支給額や使い道など、ユーザーの本音がいっぱい! みんなはいったいボーナスを何に使っているのか!? 要チェックです!

冬のボーナス推定支給額: 57.1万円。昨年より2.1万円増加する一方で、「ボーナス支給なし」も拡大。背景に、「非正規雇用」増加の可能性?

今年2013年冬のボーナスの推定支給額は57.1万円。この額は、昨年2012年冬のボーナス調査結果に比べて、2.1万円(3.8%)多く、若干ではあるが、景気が上向きになってきていることを感じさせる結果だ。

ただ、支給される金額レンジ別に見てみると、昨年よりも全体的に「ボーナスはない(もともと支給対象外)」という回答者の割合が増えていることがわかる。昨年は34.0%だったものが、38.2%へと4.2ポイントも上昇している。ここには、主婦やリタイアしたシニア層、自営業の方なども含まれるが、この割合がここまで大きくなったことはこれまでなく、いわゆる「非正規雇用」の割合が増加している可能性が高い。もちろん、上にあげたボーナス推定支給額は、こうした方々を除外して計算しているので、「ボーナスがもらえる人(正規雇用者)」に限って言えば上昇傾向にあるが、社会全体を見れば、「ボーナスがもらえない人」も増加していると言えるだろう。

なお、ボーナスをもらえる人では、男性・女性どちらも推定支給額が増加しており、男性で58.1万円、女性で43.4万円と、いずれも昨年に比べて2万円前後の伸びとなっている。年代別に見ても、ほとんどの年代で推定支給額は増加しているが、唯一40代のみが昨年に比べて7,000円のマイナスとなった。逆にもっとも増加率が高かったのは30代で、平均を大きく上回る8.5%の伸びを示している。同じ働き盛り世代でありながら、30代と40代でここまで対照的な開きが出たのは、やや意外だ。

【図1-1-1 2013年冬のボーナス推定支給額(全体)】

【図1-1-1 2013年冬のボーナス推定支給額(全体)】

【図1-1-2 2012年冬のボーナス推定支給額(全体)】

【図1-1-2 2012年冬のボーナス推定支給額(全体)】

【図1-2-1 冬のボーナス推定平均支給額 性別・年代・家族構成別(税込金額)】

2013冬(万円) 2012冬(万円) 増減(万円) 前年比
全体平均 57.1 55.0 2.1 3.8%
性別 男性 58.1 56.2 1.9 3.4%
女性 43.4 41.2 2.2 5.4%
年代別 20代 35.5 35.2 0.3 0.8%
30代 45.9 42.3 3.6 8.5%
40代 56.8 57.5 -0.7 -1.3%
50代 68.2 66.3 1.9 2.8%
60歳以上 46.1 45.7 0.4 1.0%
家族構成別 単身 45.7 43.2 2.5 5.7%
夫婦のみ 55.8 54.4 1.5 2.7%
夫婦(または
どちらか)と子供
63.0 61.0 2.0 3.3%
三世代 58.7 55.7 3.0 5.3%

次のページ:業種別・企業規模別の推定支給額は?

このページの先頭へ