ホーム > 価格.comリサーチ > 結果レポートバックナンバー > No.080 スマートフォン利用状況調査
価格.comリサーチ

結果レポート

リサーチの新着お知らせをRSSで受け取る

No.080 2014年 スマートフォン利用状況調査

価格.comリサーチ第80回のテーマは、「スマートフォン」!ユーザーの使用機種やアプリから、話題の「iPhone 6」や低価格SIMカードについてまで、幅広くお聞きしました。3年前の調査と比べて変化はあったのか?気になる結果を要チェック!
(※2014年8月12日〜18日に行ったアンケートでは、「次期iPhone」「新型iPhone」という名称を用いて調査を実施)

所有率:「スマートフォンを所有している」62.6%、前回調査(2011年8月)から20.7ポイント上昇。若年層では7割超、60歳以上のシニア層でも約4割が所有

まず、スマートフォンの所有率から見てみよう。今回の調査では「スマートフォンのみを持っている」がもっとも多く、約半数の48.8%。さらに、「普通の携帯電話とスマートフォンを持っている」が13.8%おり、合計すると、全体の62.6%がスマートフォンを所有しているという結果になった。ちなみに、3年前に行った前回調査(2011年8月実施)では、所有率は41.9%だったので、この3年間でスマートフォンの所有率は、20.7ポイント上昇したことになる。

【図1-1 スマートフォンの所有率】

【図1-1 スマートフォンの所有率】

【図1-2 スマートフォン所有率 前回調査と比較】

【図1-2 スマートフォン所有率 前回調査と比較】

年代別にスマートフォンの所有率を見てみると、全体的に若年層ほどスマートフォンの所有率が高いことがわかる。20歳未満のスマートフォン所有率は81.8%で、全体の8割を超えた。20代も76.9%、30代も72.5%と、軒並み7割を超えている。50代でもすでに過半数を超える所有率となっているが、60歳以上となると、その所有率は41.1%とかなり下がる。しかしながら、シニア層でも4割の人がスマートフォンを所有しているというのは、かなりの割合だろう。価格.comユーザー限定という条件はあるものの、シニア層も含め、すでに年齢を問わずスマートフォンの利用は一般的になっていることがうかがい知れる。

【図1-3 スマートフォンの所有率 年代別】

【図1-3 スマートフォンの所有率 年代別】

スマートフォンの所有率を男女別に見たのがこのグラフだ。純粋なスマートフォン所有率で見ると男性のほうがやや多く、63.2%に達しているのに対し、女性は55.5%にとどまった。この差は、おもに従来の携帯電話とスマートフォンを両用している層の差で、男性の場合、この層が14.3%いるのに対し、女性では7.3%と半数くらいしかいない。仕事などでどちらの端末も使う必要がある男性に対し、主に通話メインで使いたい女性の場合、両方持つよりも、従来の携帯電話だけで済ませようとする傾向が強く、このような差になったものと思われる。

【図1-4 スマートフォン所有率 男女別】

【図1-4 スマートフォン所有率 男女別】

利用歴:「1〜2年前」(21.9%)、「2〜3年前」(21.7%)。Android端末の供給増がスマートフォンの普及に大きく寄与

スマートフォンを現在所有している人に、どれくらい前からスマートフォンを使用しているかを聞いた。結果はかなりまんべんなく分かれたが、「2〜3年前」(21.7%)と、「1〜2年前」(21.9%)という回答がもっとも多かった。この時期は、ちょうどAndroidスマートフォンが進化してきた時期と重なっている。Androidスマートフォンの種類が増え、端末を選びやすくなったことが、スマートフォンの普及に大きな役割を果たしたと見てよさそうだ。

【図2 スマートフォンの利用歴】

【図2 スマートフォンの利用歴】

所有歴:「1台目」(40.5%)が最多、次いで「2台目」(32.5%)

スマートフォンを現在所有している人に、現在メインで使っているスマートフォンが何台目の端末になるのか、スマートフォンのこれまでの所有歴を聞いた。もっとも多かったのは「1台目」で40.5%、次いで「2台目」が32.5%となり、この2つで全体の7割強を占めている。まだ多くの人は、1台目のスマートフォンを使っている状態で、一度乗り換えて2台目を使っているというユーザーも増えてはいるが、3台目以上となるとそれほど多いわけではないことがわかる。上記の設問結果とあわせて考えると、「ここ1〜2年くらいの間に初めてのスマートフォンを購入したユーザー」と「ここ2〜3年の間に初めてのスマートフォンを購入して、すでに一度乗り換えを経験したユーザー」というのが、もっとも多いパターンと言えそうだ。

【図3 現在使用しているスマートフォンは何台目か】

【図3 現在使用しているスマートフォンは何台目か】

所有台数:「1台」(86.9%)が圧倒的だが、「2台」(9.4%)使用するユーザーも一定数存在

スマートフォンを現在所有している人に、今何台のスマートフォンを所有しているかを聞いたところ、9割近いユーザーが「1台」と回答した。さすがに2台以上の複数台を持っているユーザーは少数派といえそうだが、「2台」使っているユーザーも1割近い数おり、使用用途などに合わせて2台を使い分けているユーザーも一定数いることがわかる。なお3台以上持っているというユーザーは、3.7%とごく少数となった。

【図4 スマートフォンの所有台数】

【図4 スマートフォンの所有台数】

次のページ:所有しているスマートフォンの機種・キャリアは?

価格.comリサーチお知らせメールに登録しよう!

このページの先頭へ