ホーム > 価格.comリサーチ > 結果レポートバックナンバー > No.097 生命保険についてのアンケート -将来のこと、考えてる?-
価格.comリサーチ

結果レポート

リサーチの新着お知らせをRSSで受け取る

No.097 生命保険についてのアンケート -将来のこと、考えてる?-

価格.comリサーチ第97回のテーマは、「生命保険」。面と向かって聞きにくい生命保険のあれこれについて詳しく調査しました。みんながどんな保険に加入しているか、気になる結果がここにあります!

生命保険の加入率:約8割が加入も、若年層ほど低い結果に

価格.comリサーチ第97回は、「生命保険」についてアンケート調査しました。まず生命保険の加入率をみると、全体のおよそ8割が「加入している」と回答。年代別では若年層ほど加入率が低い結果となりました。2009年に実施した「生命保険徹底調査!」では全体の約9割が「加入している」と答えており、年代別でも高い水準の加入率でしたが、今回調査では20代で-18.9ポイント、30代で-15.8ポイント、40代で-16.7ポイントの大幅な減少が見られました。若年層を中心として、全体的に生命保険の加入率は下がってきているといえそうです。

【図1-1 生命保険の加入率】

【図1-1 生命保険の加入率】

【図1-2 生命保険の加入率(年代別)】

【図1-2 生命保険の加入率(年代別)】

加入している生命保険の種類:「生命保険(終身)」が7割を占める

次に、加入している生命保険の種類を聞きました。全体では「生命保険(終身)」が73.2%とダントツで、「生命保険(定期)」、「個人年金保険」と続きました。いずれの年代でも「生命保険(終身)」の加入率は高いですが、そのほかの種類では違いが見受けられます。

まず20代では「生命保険(定期)」が52.6%と、どの年代よりも高い結果となりました。ライフスタイルの変化による見直しも想定し、定期型を選んでいるようです。老後に受け取る年金などへの不安からか、「個人年金保険」もほかの年代より高い47.7%となりました。

子育て真っ盛りの世代である30代と40代では、高校や大学など、将来的な子どもの進学を見据えて「学資保険」に加入する方も多いようです。

【図2-1 加入している生命保険(複数回答)】

【図2-1 加入している生命保険(複数回答)】

【図2-2 加入している生命保険(年代別)】

【図2-2 加入している生命保険(年代別)】

生命保険に加入したきっかけ:「社会人になったから(28.6%)」、「自分で必要だと感じて(26.1%)」

生命保険に加入したきっかけを尋ねたところ、「社会人になったから」(28.6%)「自分で必要だと感じて」(26.1%)がそれぞれ全体の3割近くを占めました。40〜50代でも3割超が「社会人になったから」と回答しており、社会人になって間もない時期に加入した保険を長年にわたり継続している方が多いこともうかがえます。

30代では「家族構成が変わったため」(21.5%)との回答も目立ちます。【図1-2 生命保険の加入率(年代別)】で30代から加入率が急上昇したことからわかるように、結婚や子どもの誕生で家族が増えたことで、万が一に備えるため生命保険に加入する方が多いようです。40代以降は、年齢が上がるほど「自分で必要だと感じて」の割合が高くなり、自発的に保険を選んで加入しているようです。

【図3-1 生命保険に加入したきっかけ】

【図3-1 生命保険に加入したきっかけ】

【図3-2 生命保険に加入したきっかけ(年代別)】

【図3-2 生命保険に加入したきっかけ(年代別)】

次のページ:生命保険に加入している目的は?

価格.comリサーチお知らせメールに登録しよう!

このページの先頭へ