ホーム > 価格.comリサーチ > 結果レポートバックナンバー > 番外編 クレジットカード利用状況調査 -気になる!みんなのカード事情-
価格.comリサーチ

結果レポート

リサーチの新着お知らせをRSSで受け取る

番外編 クレジットカード利用状況調査 -気になる!みんなのカード事情-

価格.comリサーチ番外編のテーマは「クレジットカード」。人気のカードや利用額、キャッシングの利用状況など、普段人には聞けない気になる情報がいっぱい!

クレジットカードの保有枚数:平均3.4枚。50代を境目に保有枚数は頭打ちの傾向に

価格.comリサーチ番外編として、今回はユーザーのクレジットカード事情について調査しました。 まず、クレジットカードを1人あたり何枚持っているかを尋ねたのが図1のグラフです。1〜3枚以下と回答した人が半数を超えており、平均して1人あたり約3.4枚のクレジットカードを保有しているという結果になりました。年代別(図1-2)に見ると、50代までは年齢が上がるほど保有枚数が増えていきますが、5枚以上持っている人は50代で最多となっており、「定年を期に整理した」という声も多くあがっていました。

【図1 クレジットカードの保有枚数】

【図1 クレジットカードの保有枚数】

【図1-2 クレジットカードの保有枚数(年代別)】

【図1-2 クレジットカードの保有枚数(年代別)】

保有しているクレジットカード:日本発の国際ブランド「JCB」(12.8%)や、種類が豊富な「クレディセゾン」(11.0%)、ネットショッピングがお得になる「楽天カード」(8.6%)などが人気

次に、保有している具体的なカード名(「VISA」や「MasterCard」などの国際ブランド名ではなく、カード名称)を自由回答でうかがいました。回答を発行会社別にまとめたのが図2のグラフです。かなりばらつきがある中、カード保有者の1割以上が持っていると回答した「JCB」(12.8%)は、日本で最も加盟店の多い日本発の国際ブランドとして知られ、自社で発行しているカードも広く普及していることがうかがえます。次いで多かった「クレディセゾン」(11.0%)は、主力となるセゾンカードのほか、ローソンやヤマダ電機(LABI)などの小売店とのコラボカードも多いことから回答が多く集まったと考えられます。その他、「楽天カード」(8.6%)や「ワイジェイカード」(4.5%)といった、インターネットでの買い物がお得になるカードや、大手小売店で割引サービスや電子マネー機能等が利用できる「イオン銀行」(6.3%)も上位にランクインしました。

【図2 保有しているクレジットカードの発行会社】

【図2 保有しているクレジットカードの発行会社】

※JCBやアメリカンエキスプレス等、自社カード発行を行う国際ブランドについては、発行企業としての回答と国際ブランドとしての回答が混ざっている可能性があるため、必ずしも厳密な数値ではないことをご了承ください。

次のページ:カードを選んだ理由は?

このページの先頭へ