ホーム > 価格.comリサーチ > 結果レポートバックナンバー > 番外編 クレジットカード利用状況調査 -気になる!みんなのカード事情-
価格.comリサーチ

結果レポート

リサーチの新着お知らせをRSSで受け取る

番外編 クレジットカード利用状況調査 ?気になる!みんなのカード事情-

総評

今回の価格.comリサーチでは、「クレジットカード」をテーマとし、ユーザーがどんなカードをどのように使っているのかについて総合的に調査しました。

【保有しているカードについて】保有枚数は平均して3.4枚と、複数のカードを使い分けている人が多く、50代までは年齢が上がるにつれ、その枚数も増える傾向にあります。保有している具体的なカードとしては、日本唯一の国際ブランドとしても名の知れた「JCB」(12.8%)が最も多く、次いでコラボカードが豊富な「クレディセゾン」(11.0%)という結果に。その他、インターネットでの買い物がお得にできる「楽天カード」(8.6%)や、大手小売店で割引が受けられる「イオン銀行」(6.3%)などが人気のようです。

【申し込み前の行動について】現在保有しているカードを知った場所としては、インターネットが店頭を上回る結果となり、申し込み前の情報収集の場所もインターネットが最多と、ユーザーがカードを選定する際の重要な情報源となっている様子。申し込みに至った理由としては「ポイントがたまるから」(76.8%)、「ポイント還元率が高いから」(49.6%)といった、ポイントに関する割合が高く、ほとんどのユーザーがポイント機能を重視していることがうかがえます。

【使い方について】利用頻度は、「週1回程度」(34.5%)が最多と、まだまだ現金と同じようには使われていないようです。1ヶ月に使う金額は、1万円〜10万円程度に収まる人がほとんど。利用先は、「ネットショッピング」(85.0%)が頭ひとつ抜ける結果となりました。

最後に、今後クレジットカードを作る際に重視する点を尋ねると、引き続き、ポイント機能やその内容を重視する意見が多い結果となりました。また、約半数が「空港ラウンジ/空港サービスが利用できること」と答えており、従来以上のサービスを求めるユーザーの意向も明らかとなりました。

調査対象:
価格.comID 登録ユーザー
調査方法:
価格.comサイトでのWebアンケート調査
回答者数:
2,654人
男女比率:
男93.0%:女7.0%
調査期間:
2015年6月23日〜2015年6月29日
調査実施機関:
株式会社カカクコム
>>内容やデータ使用に関するお問い合わせはこちら

バックナンバー

このページの先頭へ