葬儀の費用を節約する方法

ホーム > 葬儀・葬式 > 葬儀のお役立ちノウハウ > 葬儀の費用を節約する方法
葬儀のお役立ちノウハウ

葬儀の費用を節約する方法

公開日:2015年04月30日

高額になりがちな葬儀の費用。行き当たりばったりで葬儀社を決めてしまうと想定以上の費用がかかってしまうことも少なくありません。しかし、少しだけ考えて行動すれば無駄な出費を防ぎ、内容にも納得したうえで葬儀を行うことができます。

葬儀の満足度を左右する3つのポイント

通常、どんなものでもお金をかければかけるだけサービスや商品は質の高いものになります。とはいえ、予算の範囲内で満足できる葬儀にするのが一番です。
どのように葬儀社を選ぶかによって、葬儀の満足度は大きく左右されます。
何も準備しないまま、いざという時にあわてて決めるようでは費用がかさんだり希望の条件での葬儀ができなかったりするかもしれません。葬儀の満足度を左右する3つのポイントを守って、後悔のない葬儀ができるようにしましょう。

[葬儀の満足度を左右する3つのポイント]
(1) 事前に複数の葬儀社から情報収集をしておく
(2) 葬儀社にまかせっきりにせず、しっかり希望を伝える
(3) 見積もりを取り、検討した後で契約

後悔のない葬儀にするために、しっかり事前準備をしておく

「広告が安かったのでそのまま頼んだら、かなり貧相で恥ずかしかった。」
「病院に紹介された葬儀社に頼んだら、ものすごい金額になった。」
「『密葬で』とお願いしたとたんに、担当者の愛想が悪くなった。」

これらは、葬儀の体験談でよく聞く話です。なぜこんなことが起きてしまうのでしょうか? その原因は単純なものです。

それは、葬儀社の選択。

やり直しがきかない葬儀で、葬儀社の選択を間違えてしまうと、納得のいく葬儀にするのは難しいでしょう。

多くの方は、「病院からの紹介で」「電話帳・インターネット検索で」「近所にあった」「チラシ・広告を見て」といった方法で葬儀社を探しています。

ここまではよいとして、問題なのは選び方を知らない、または間違えている場合です。内容や対応を検討してから選ぶわけではなく、いざという時になってから急いで探して、とりあえず話を聞いて、よく分からないからそのまま契約という流れが一番危険です。

事前の検討もなく、一社だけから話を聞いて、そのまま契約してしまう状態が「行き当たりばったりで葬儀社を選ぶ」ということです。なかには悪徳な葬儀社もいるので、当たり外れは当然出てきてしまいます。最初に出会うのが良心的な葬儀社であればよいのですが、そういったご縁はなかなか難しいものです。

たとえば、私立の病院が紹介する葬儀社がその病院に出入りするためにいくら使っているのか、そして、その経費分をどこで埋めているのかを考えてみると、費用が高いのも当然。

そもそも、消費対象として見れば、葬儀だけが特別なものではありません。葬儀社は「サービス業」ですし、葬儀を依頼することは「サービスを購入すること」と言えます。
たとえばリフォームだったら、施工内容や担当社員の雰囲気、費用は他社と比較して安いのかなど、何社も見積もりを取ってじっくり検討するのが一般的でしょう。葬儀でも同じことです。「今からそんなことを考えるなんて…」という、タブー意識が根強くあるのも事実ですが、そのまま何の準備もしないでいると必要以上の費用がかかったり、葬儀社の対応や内容に納得がいかなかったりしてしまうかもしれません。

葬儀はやり直しがきかないだけに、事前に葬儀社を探しておくのはとても大切なことです。何かしらの行動をしてみることは必ずプラスに繋がりますし、あなた自身を助けることになります。納得のいく葬儀にするために行き当たりばったりにせず、事前の準備を心がけることが大切です。

葬儀についてのご相談、資料・見積もり請求はお気軽に。24時間受付。

葬儀について調べたい方は ネットで簡単!複数の葬儀社にまとめて 見積もり依頼 資料請求
すぐに葬儀の手配をしたい方は ご危篤・ご逝去など 24時間相談可能 電話相談

電話相談窓口のある葬儀社のご紹介

ご依頼件数年間24,000件。葬儀のご依頼やご相談なら、まずはお電話ください。

【全国対応】
小さなお葬式

0120-968-276

相談員が“あなたの立場”にたってアドバイス。カード・ローン払いも可能です。

【全国対応】
シンプルなお葬式

0120-102-440

お葬式初心者の心配から生まれた新しいサービス。お葬式の心配を解決します。

【東京・神奈川・埼玉・千葉でのご葬儀なら】
はじめてのお葬式

0120-108-404

閉じる

このページの先頭へ