お墓のありなしによって異なる、納骨・埋葬の時期と費用

ホーム > 葬儀・葬式 > 葬儀のお役立ちノウハウ > お墓のありなしによって異なる、納骨・埋葬の時期と費用
お墓のありなしによって異なる、納骨・埋葬の時期と費用 公開日:2015年12月10日

墓の有無や宗教で納骨時期に違いあり

納骨とは読んで字のごとく、火葬後の遺骨を墓や納骨堂に納めることです。一方、埋葬とは遺体を土に葬ること。今でも一部地域や宗教上の理由で土葬を行っていることもありますが、実際はほぼ100%が火葬なので遺骨を納めることも埋葬と呼んでいます。
いつまでに納骨しなければならないという法律上の決まりはありませんが、四十九日、一周忌、三回忌になどの法要に合わせて行われることが多いようです。

墓がある場合

仏教

初七日から四十九日に納骨するのが一般的です。

※地方によっては火葬後すぐに納骨するところもあります。

キリスト教

プロテスタントの場合は一カ月後の昇天記念日、カトリックは一カ月後の追悼ミサに行うことが多いようです。

神道

五十日祭までの十日ごとの霊祭に合わせて行うことが多いようです。

※どの宗教の場合も、一年後(一周忌、記念式、記念ミサ、一年祭)に納骨することもあります。

墓がない場合

まずは墓、納骨堂など、遺骨を納骨する場所を決めて契約し、納骨の準備します。

仏教

一周忌までに納骨することが多いようですが、無理な場合は三回忌をめどにします。

※地方によっては火葬後すぐに納骨するところもあります。

キリスト教

一年後の記念式(プロテスタント)、記念ミサ(カトリック)が目安となりますが、その後は特に決まりはありません。きりのよいところで記念式や記念ミサを行い納骨します。

神道

一年祭に納骨することが多いようですが、無理な場合は仏教と同様に三年祭がめどとなります。

納骨場所には一般墓地以外の選択肢も

納骨場所としてまず思い浮かぶのは墓です。墓を所有していない場合は、どこに葬るかをまず決めましょう。
墓には「一般墓地」だけでなく「納骨堂」「霊廟」「合祀」などさまざまな選択肢があります。樹木葬や散骨を希望する人も増えています。また信者や檀家でないと入れない墓もあるので、確認が必要です。

納骨には数万円〜10万円程度の費用が必要

仏教で墓に納骨する場合、必要な費用は下記の通りです。

納骨時
  • 作業料(ふた石の開閉、焼香台の設置など)・・・10,000円〜30,000円前後
  • 彫刻料(墓石に戒名などを彫る)・・・30,000円〜50,000円前後
  • お布施などの謝礼(僧侶など宗教者への謝礼)・・・30,000円〜50,000円前後
  • 塔婆料(供養のために墓に立てる板)・・・2,000円〜5,000円前後※寺により異なる
  • 部屋の使用料(霊園の法要室などを使用した場合)・・・10,000円〜30,000円前後

この他、花や菓子、飲み物などの供物を用意することもあります。

※墓ではなく納骨堂などに納骨する場合は、作業料や彫刻料は発生しません。塔婆は場所によります。

納骨後
  • 会食代(参列者の会食費用。仕出しやレストランの食事など)・・・一人5,000円〜10,000円前後 
  • 引き物(粗供養)代(香典へのお返し)・・・香典の3分の1〜半額程度

※時間によっては食事ではなく、お菓子とお茶のこともあります。

キリスト教、神道の場合も納骨にかかる費用はほぼ同様と考えてよいでしょう。仏教の塔婆のように、神道では玉串など、宗教儀式に必要なものは事前に確認します。

納骨の事前準備は各所への連絡と必要なものの手配

法要などと合わせて納骨する場合、事前に必要な準備は下記の通りです。

  • 親族と相談し、日程・時間を決める
  • 法要・ミサ・祭を行う場所を決める
  • 墓地・霊園・石材店などへの連絡
  • 宗教者(寺、教会、神社)へ日時の連絡
  • 料理や会食場所の手配
  • 親族への連絡
  • 宗教者(寺、教会、神社)へ必要なもの・費用の確認
  • 墓地・霊園石材店などに必要なもの・費用の確認
  • 法要場所から納骨場所への移動手段の手配
  • 花、供え物、線香などの手配

納骨当日のスケジュールをチェック

最後に、四十九日法要などと一緒に行う、仏教の一般的な納骨当日のスケジュールをご紹介します。

スケジュール
  • 法要(寺・霊園・自宅など)
  • 納骨場所への移動
  • 読経
  • 焼香
  • 納骨
  • 会食場所へ移動
  • 会食
  • 会食

※納骨後に再度、読経を行う場合もあります。

当日の持ち物
  • 遺骨
  • 埋葬許可証
  • 墓地使用許可証と印鑑(不要のところもあるので確認)
  • 数珠、線香、ろうそくなど
  • 花や供物
  • 塔婆
  • 宗教者への謝礼

※宗教、宗派によって必要なものが変わるので、事前に必ず確認を。

当日の服装
  • 喪服・・・四十九日、一カ月後の記念式や記念ミサ、五十日祭で納骨する場合
  • 略式礼装・・・一周忌以降に納骨する場合

葬儀についてのご相談、資料・見積もり請求はお気軽に。24時間受付。

葬儀について調べたい方は ネットで簡単!複数の葬儀社にまとめて 見積もり依頼 資料請求
すぐに葬儀の手配をしたい方は ご危篤・ご逝去など 24時間相談可能 電話相談

電話相談窓口のある葬儀社のご紹介

お葬式初心者の心配から生まれた新しいサービス。お葬式の心配を解決します。

【東京・神奈川・埼玉・千葉でのご葬儀なら】
はじめてのお葬式

0120-108-404

ご依頼件数年間24,000件。葬儀のご依頼やご相談なら、まずはお電話ください。

【全国対応】
小さなお葬式

0120-968-276

相談員が“あなたの立場”にたってアドバイス。カード・ローン払いも可能です。

【全国対応】
シンプルなお葬式

0120-102-440

閉じる

このページの先頭へ