釣り初心者デビュー特集:初心者必見の海釣りアイテム

ホーム > スポーツ > 釣具 > 釣り初心者デビュー特集 > 初心者必見の海釣りアイテム

Scene 01 : SEA BREAM

海釣り by Akari Fukuda

関東を中心に注目を集めているのが1つテンヤの真鯛釣り。もはや定番の“釣りもの”になりつつある。真鯛をライトタックルと簡単な仕掛けで狙えるのが魅力だ。

取材協力:浜茄子丸

Scene 01 : SEA BREAM 魚とのスリリングなやり取りが楽しい。海釣りデビューは1つテンヤの真鯛釣りで!

「海老で鯛を釣る」のことわざ通り、小さな労力で大きな利益を得られるのがこの釣りの醍醐味。ターゲットである真鯛のほか、“外道”も食卓では見かけない高級魚ばかりで、釣り上げたあとも楽しみに。簡単な仕掛けとライトタックルというシンプルな釣り方のため、老若男女を問わず挑みやすい。それでいて大鯛とのやり取りでスリルも味わえる、この夏チャレンジした釣りの1つだ。

ココは押さえておきたい!アイテム選びのコツ

1つテンヤの真鯛釣りは、タックルや仕掛けがシンプルな分、それらのバランスが求められる。できれば穂先の柔らかい専用竿を用意したい。細い糸を使用するため、リールはドラグ性能の高いものを選ぼう。テンヤは根がかりでロストすることもあるので、多少多めに。また、夏でも風が吹くと冷えるので、防風・防水タイプのウェアも用意するのが吉。照り付ける日差しも強いこともあり、対策は万全にしよう。BURITSUとともにアイテムをセレクトしたのは、240目以上の魚を釣った経験のある実力派の女性アングラー、ふくだあかりさん。イチオシアイテムも要チェック!

1つテンヤの釣りを教えてくれたのはこの方

ふくだ あかり Akari Fukuda

百目(ヒャクモク)ブログでお馴染みの女性アングラー。テレビや雑誌への出演を中心に活動中。過去に釣り上げた魚は240目を超えた。

Rod & Reel ロッドとリールを選ぶ

Tenya テンヤを選ぶ

Wear ウェアを選ぶ

Item 備品を選ぶ

Rod & Reel

まずは、ロッドとリールを揃えよう Rod & Reel

軽量のテンヤをフリーフォールさせるため、1つテンヤはスピニングタックルが基本。汎用的なロッドでも使用可能だが、繊細なアタリをとるためには専用のロッドを用意したい。

その他のロッドを探す

価格帯でロッドを探す >

  • 初心者向け 〜20,000円
  • 中級者向け 20,001円〜
  • 上級者向け 30,001円〜

その他のリールを探す

価格帯でリールを探す >

  • 初心者向け 〜20,000円
  • 中級者向け 20,001円〜
  • 上級者向け 30,001円〜
pagetop
TENYA

シンプルだけど奥が深い、テンヤ選び TENYA

海老を付けて使用するテンヤはカラーと重さがさまざま。カラーは赤金やグロー始めダーク系など好きなカラーを。重さは3号〜10号まで幅広く揃えたい。

  • テンヤ

    水の抵抗を受けてゆらゆらとゆっくり底まで落ちていくため、魚へのアピールが強く食わせやすい。着底が分かりづらいので、始めのうちはやや重めのテンヤを使用すること。

  • カブラ

    テンヤに比べて水の抵抗を受けにくい形状のため、フォールの速度が早く着底も分かりやすい、潮が速い時や深場などはカブラが有効。底がとりやすいため、初心者向き。

pagetop
Wear

機能性と見た目を両立して快適に! Wear

日差しを侮らず、しっかりと対策を。
潮風や波しぶきにも注意し、
暑くても薄手になりすぎないように。

  • 風と潮を防ぎ快適な釣りを

    MILLET TRILOGY GTX PRO ジャケット

    MILLET TRILOGY GTX PRO ジャケット

    船釣りでは、移動中に潮(海水)をかぶることもあり、濡れて不快なだけでなく、身体が冷えてしまうこともあるので、羽織れる防水ジャケットは必須。

  • 頭の保護と熱中症防止に

    ふくだあかりのイチオシ grace ハンチング

    grace ハンチング

    フックが頭に刺さるなどのトラブルを防いだり、日差しが直接頭にあたることを防ぐ、釣りの必須アイテム。ハンチングタイプがイシオシ。

  • ふくだあかりのイチオシ BUNNY WALK BW-005

    BUNNY WALK
    BW-005

    ルアーから目を守り、水中の様子を見やすくする偏光タイプのサングラスは釣りの必需品。

  • RBB タイタニュームグローブ3C

    RBB
    タイタニュームグローブ3C

    夏場でも急な雨で体が冷えることがあるので、忍ばせておきたい。手の保護のためなら薄手のタイプを。

  • がまかつ フローティングベスト

    がまかつ
    フローティングベスト

    船での釣りでは着用が義務づけられている。船宿で借りることもできるが動きやすいタイプを用意したい。

  • AIGLE レインブーツ

    AIGLE
    レインブーツ

    船釣りは足元に海水が流れているため、長靴かクロックスのような濡れてもよいシューズが必須。

pagetop

その他あったら便利!? な備品を紹介!

Items

  • DAIWA タックルバッグ

    DAIWA
    タックルバッグ

    備品やレインウェアなどを収納することができる。防水性もあり、船釣りの際に持ち込みたいアイテム。

  • DAIWA ピンオンリール

    DAIWA
    ピンオンリール

    ラインカッターなど、使用頻度が高い小物を付けることで紛失防止にもなり、探す手間も省ける。

  • SHIMANO ラインカッター

    SHIMANO
    ラインカッター

    海で使用する際は、錆びる可能性があるため、それに強いものをセレクトすると◎。

  • RAPALA ステンレスプライヤー

    RAPALA
    ステンレスプライヤー

    プライヤーの中でも錆びに強いのがこちら。釣った魚から素手で針を外さなくて済むアイテム。

  • SUNLINE 一つテンヤPE

    SUNLINE
    1つテンヤPE

    1つテンヤの道糸はPEラインが基本。0.8号から始めて、慣れてきたら0.6号に落としてもよい。

  • SUNLINE Vハード

    SUNLINE
    Vハード

    道糸(PEライン)の先に付けるショックリーダーはフロロカーボンで2号〜4号のものを用意。

  • DAIWA クーラーボックス

    DAIWA
    クーラーボックス

    魚を持ち帰る前提のテンヤ釣りではクーラーは必須。氷できちんと冷やすことが美味しくいただく秘訣。

  • Snow Peak キッチンシザースセット

    Snow Peak
    キッチンシザースセット

    魚を鮮度よく持ち帰るためにハサミか小型のナイフを使い血抜きをする。ハサミが扱いやすく便利。

  • エスエス製薬 酔い止め

    エスエス製薬
    酔い止め

    乗り物酔いしやすい人はもちろんのこと、船に慣れている人でも海が荒れている場合に備えて用意。

  • PROX フィッシュグリップ

    PROX
    フィッシュグリップ

    ヒットした魚を逃がさないため、また魚の受けるダメージ軽減のためにフィッシュグリップはいまや常識。

  • ZEXUS ヘッドライト

    ZEXUS
    ヘッドライト

    早朝や夕方、日が出ていない時間帯に準備や片付けをする際にヘッドライトは必須。

  • MEIHO 鯛テンヤストッカー

    MEIHO
    鯛テンヤストッカー

    段差マットでヘッドを安定させ、テンヤをスッキリ収納できる専用ケースがあると便利。

pagetop
  • 前へ 特集トップへ戻る

このページの先頭へ