価格.com

投資・資産運用

2月23日は3社同時上場、3月は「ほぼ日」などIPOラッシュの様相

2月23日は3社同時上場、3月は「ほぼ日」などIPOラッシュの様相 2017年2月20日 更新

今週の新興市場は、2月23日にフュージョン<3977>が札証アンビシャスへ、レノバ<9519>とユナイテッド&コレクティブ<3557>がマザーズへ新規上場します。同時上場による資金分散が懸念されるものの、いずれも投資家の関心は高いようです。なお、先週は10社の新規上場が発表され、ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を運営するほぼ日<3560>(3月16日、ジャスダック)や、ラーメン店「一風堂」を展開する力の源HD<3561>(3月21日、マザーズ)など、注目度の高い案件も散見されます。

先週の新興市場では、日経平均が節目の19500円を前に足踏みとなるなか、マザーズ指数、日経ジャスダック平均ともに堅調ぶりが目立ちました。円安一服などから主力大型株は手掛かり材料に乏しく、中小型株物色の流れが続きました。マザーズ売買代金は足元で1000億円を超える日が続いています。なお、週間の騰落率は、日経平均が-0.7%であったのに対して、マザーズ指数は+2.1%、日経ジャスダック平均は+1.2%となりました。

IPO関連では、先週は2月16日に日宣<6543>がジャスダックへ新規上場しました。必ずしもIPO人気が高い事業内容ではなかったですが、公開規模が4.6億円と非常に小さかったうえ、2月10日上場の安江工務店<1439>が初値形成後に一時ストップ高水準まで上昇したことが投資家の期待を高めたもようで、大方の想定を大きく上回る初値を付けました。ただ、その後は反動安の展開となっています。

今週の新興市場では、引き続きマザーズ指数や日経ジャスダック平均は堅調に推移しそうです。利益確定売りをこなしながら緩やかな上昇を続けており、個人投資家の需給は良好とみられます。決算発表が一巡し、10-12月期決算が市場予想を上回る良好な内容だった銘柄も、今後評価引き上げの動きが期待されます。

IPO関連では、2月23日にフュージョン<3977>が札証アンビシャスへ上場します。ダイレクトマーケティング事業(ビッグデータ等の分析、マーケティングシステムの提供、各種プロモーションの企画・制作・コンサルティング)を展開しています。初値買いの入りにくい地方市場への単独上場案件ではあるものの、ビッグデータ関連のテーマ性などから個人投資家の関心は高いようです。

マザーズに上場するレノバ<9519>は、再生可能エネルギー発電事業、再生可能エネルギー開発・運営事業を展開しています。社会的に意義の大きい事業として大方の投資家の関心は高いようですが、ベンチャーキャピタル保有比率が2割超に上る点は意識しておきたいところです。

ユナイテッド&コレクティブ<3557>は、東京23区を中心とする首都圏で、鶏料理居酒屋「てけてけ」及び和食「心」、ハンバーガーカフェ「the 3rdBurger」を直営方式で運営する企業です。各店舗での食材加工度を高く維持しながら多店鋪展開する「ISP」を根幹戦略としており、これが商品力向上や仕入れコスト圧縮に寄与しています。飲食関連のIPOは一概に人気が高いとは言えませんが、同社は業績成長率の高さやバリュエーション面での割安感などが評価材料となっています。

なお、先週は10社の新規上場が発表されています。3月の新規上場企業は計14社となり、IPOラッシュの様相を呈しつつあります。ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を運営するほぼ日<3560>(3月16日、ジャスダック)や、ラーメン店「一風堂」を展開する力の源HD<3561>(3月21日、マザーズ)など、従前に上場観測が報じられた注目度の高い案件も見られ、3月のIPOラッシュは盛り上がりを見せそうです。

株式会社フィスコ

証券会社(ネット証券)比較
IPOのための証券会社選びポイントを解説!価格.com限定の口座開設キャンペーン情報も多数掲載
人気の証券会社 IPO実績と特徴まとめを見る

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止