価格.com

投資・資産運用

決算通過で好業績株の見直しやアク抜けテーマ株物色の流れに

決算通過で好業績株の見直しやアク抜けテーマ株物色の流れに 2017年5月15日 更新

今週の新興市場では、バイオ創薬ベンチャーのジーエヌアイグループなどが決算発表を予定しています。また、セキュリティ対策製品が好調なFFRIなどが注目されそうです。IPO関連では、6月15日にビーブレイクシステムズ<3986>がマザーズへ新規上場を予定しています。

ゴールデンウィークの連休を挟んだ直近2週間の新興市場では、マザーズ指数、日経ジャスダック平均ともに堅調に推移しました。注目されたフランス大統領選挙を通過し、円安進行とともに日経平均が節目の2万円を窺う水準まで回復するなか、こうした好地合いを背景に新興市場でも物色が活発となりました。ただ、決算を受けて大きく値が動いた東証1部銘柄に個人投資家の関心が向かい、週末にかけて利益確定売りに押される場面も見られました。なお、5月1日から5月12日までの騰落率は、日経平均が+3.6%であったのに対して、マザーズ指数は+2.9%、日経ジャスダック平均は+3.2%でした。

今週は5月15日にジーエヌアイグループ<2160>、FFRI<3692>、マイネット<3928>、ソレイジア・ファーマ<4597>、フェローテックHD<6890>、サイバーダイン、16日にアバールデータ<6918>、19日にアイレックス<6944>などが決算発表を予定しています。サイバーダインは引き続き業績予想を非開示にするとみられますが、18年3月期は黒字転換を予想する向きが多いようです。また、足元でセキュリティ対策製品が好調なFFRIなどが注目されそうです。ソレイジア・ファーマのほか、ビーグリー<3981>などでも上場後初の決算発表が控えています。

今週の新興市場では、決算発表シーズンを通過して中小型株物色が再び活発となりそうです。週初は決算を受けた個別対応が中心となることが予想されますが、次第に好業績株の見直しが進むほか、アク抜け感からテーマ株や期待材料のある銘柄にも物色が向かいそうです。マザーズ指数や日経ジャスダック平均もしっかりした値動きが想定されます。

IPO関連では、6月15日にビーブレイクシステムズ<3986>がマザーズへ新規上場を予定しています。4月25日に上場したアセンテック<3565>以来のIPOとなり、IPO空白期間明けということもあり人気を集めそうです。なお、6月には数社の上場があるとみられています。

株式会社フィスコ

証券会社(ネット証券)比較
IPOのための証券会社選びポイントを解説!価格.com限定の口座開設キャンペーン情報も多数掲載
人気の証券会社 IPO実績と特徴まとめを見る

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止