蓄電池 比較・見積もり 太陽光発電

蓄電池の無料見積もり 最適な蓄電池の最安値を探そう

電気を蓄えることのできる蓄電池には、太陽光発電で発電した電力で充電するタイプの蓄電池や、非常電源タイプの家庭用蓄電池などがあり、災害時・非常時に備えるという意味でオフィスや医療機関を始めマンションや一般の家庭でも設置が進んでいます。

蓄電池の仕組みや用途を理解して太陽光発電と一緒に設置を検討してみましょう。

蓄電池 メーカー・サービス事業者一覧

家庭用や産業用の蓄電池を扱っているメーカー・サービス事業者を紹介します。

蓄電池って何?

平常時は電気を貯めておき、貯めた電気は停電時などに使うことができます

電気を貯めておき、貯めた電気を必要なときに使うことができるものを蓄電池といいます。仕組みとしては、充電池や自動車のバッテリーと同じです。 蓄電池内の電気が無くなった場合は、家庭のコンセント等から充電します。

家庭のコンセント等から充電する形で蓄電池を単体で使用することもあれば、太陽光発電システムと連携し、太陽光発電によって創った電気を蓄電池に貯めて使用することもあります。

停電時や電力問題に備え、蓄電池で電力を蓄えておけば安心です。
災害時に自給自足できる設備として太陽光発電とともに注目されており、もしもの時にも、照明・テレビ等を利用することができます。

蓄電池を活用するメリット・デメリット

メリット1災害時に電気が使える

太陽光発電システムや夜間電力等で、蓄電池に蓄えておいた電気は 災害時(停電時)にも使用することができます。もしもの時に照明やテレビを利用できるため安心です。

メリット2電気代を減らすことができる

夜間電力は昼間に比べて電気代が安くなっています。 その安い夜間電力で蓄電池に電気を蓄えておいて、その蓄えた電気を昼間に使えば、電気代を安くすることができます。太陽光発電を導入している場合はさらに電気代節約のメリットが大きくなります。

メリット3太陽光発電との連携ができる

自宅に太陽光発電システムが設置されていれば、余った電気を電力会社に売るだけではなく、蓄電池に蓄えておくこともでき、これを自宅で利用することができます。

デメリット安くない買い物

1kwhあたりで数十万円と安くはない買い物となりますので「もしもの時に何を電気で動かしたいか?」を考え、自分の用途に合った蓄電池を選ぶ必要があります。しかし、蓄電池単体や太陽光発電の同時導入で補助金が受給できるケースが多く、負担を減らせる可能性があります。

蓄電池の効果的な使い方

蓄電池の効果的な使い方

電池の効果的な使い方

湿度の高い場所は避け、温度0℃以上の環境への設置が推奨されています。
長期間利用しないで、保管される場合は、月1回程度充電を行うことで、万が一非常時に利用する場合にも、満タンに近い電力量を確保でき安心して利用することができます。

充電の仕方について

充電は100%まで満タンにするのではなく、90%程度で抑えることで、電池への負荷を軽減できるのと同時に、過充電を防ぎ安全に利用することができます。

ご利用方法について

いつでも非常時の備えをしておけるよう、通常時の利用は電力総量の70%までの利用をお勧めしております。長時間利用する場合にも、30%程度を残した状態で利用を終了することで、充電時と同様、電池への負荷を軽減、過放電を防止することができます。

保守・メンテナンスについて

非常時に安心して電気が使えるように、定期的に保守サービスを利用することがおすすめです。

蓄電池 無料見積もり依頼はこちら! 太陽光発電 無料見積もり依頼はこちら!

※ 「太陽光発電見積もり依頼に関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。
グリーンエネルギーナビのページへ移動します。

このページの先頭へ