ホーム > 太陽光発電 > 太陽光発電システムの導入費用

太陽光発電システムの導入費用

太陽光発電システム導入には、コスト意識が重要

太陽光発電システム導入には、コスト意識が重要

太陽光発電システムを導入する場合に意識しないといけない費用は、システム価格と工事費だけではありません。

というのは、国と地方自治体による補助金もありますし、今後削減できる光熱費や売電収入などもありますので、それらを踏まえた長期的な視点で費用について考える必要があるからです。

一般的に初期費用の回収は10年以内が望ましいといわれていますが、
国、都道府県、市区町村の補助金や売電収入の金額によっては8年程度で回収可能なケースがあったり、 節電に取り組むなど効率の良い運転の仕方で、より短い期間で回収ができることもあります。

このように、導入後も見据えて考える必要があります。

「売電実績レポート」を詳しく見る

「1kWあたり41万円、50万円」という導入費用の目安

太陽光発電システム導入にかかる費用を算出する時に、ひとつの基準があります。

それは「1kWあたり41万円、50万円」という目安です。
例えば、3.5kWの発電能力がある太陽光発電システムを導入する場合、その初期費用と工事費はあわせて[41万円×3.5=143.5万円][50万円×3.5=175.0万円]だと考えればいいわけです。

実はこの目安、国による補助金から逆算したものです。
というのも、太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)から給付される2013年度の補助金は、太陽光発電システムの導入価格が、1kWあたり41万円以下、もしくは50万円以下の2段階で交付されることになっています。

例えば、太陽光発電システムの導入価格が1kWあたり60万円の場合、国の補助金制度は利用できないわけです。そのため、販売施工会社は1kWあたり41万円以下、もしくは50万円以下で、工事費も含めて見積もり書を作成する傾向にあります。

なお、2010年度は65万円以下、2011年は60万円以下、2012年度は47.5万円以下、もしくは55万円以下の導入費用の場合に交付されていました。

1993年当時の太陽光発電システム導入費用は、1kWあたり370万円もしたのですが、太陽光発電システムの技術革新もあり、導入費用は年々減少しています。それに併せて、補助金交付の条件と上限価格も低下しています。

太陽光発電システムにかかる費用の具体例

一般的な住居に導入される太陽光発電システムの容量は3〜5kWで、その導入にかかる費用は、先ほどの「1kWあたり41万円」という相場を目安にすると、123〜205万円程度になります。

具体的な例として、標準的なシステムを導入する場合の見積もりは以下のようになります。

太陽電池モジュール(3.5kWシステム) 70,000円(1枚)×設置枚数(20枚)=  1,400,000円
パワーコンディショナー 230,000円
発電モニター 50,000円
リモコン・ケーブル・その他 20,000円
設置架台 118,000円
架台工事費 80,000円
太陽電池モジュール設置工事費 160,000円
電気配線工事費 115,000円
値引き額 850,000円
計 1,323,000円

このケースの場合、補助金が交付される金額まで値引きされ、その結果、1kWあたりの導入費用は約38万円となっています。

なお、採用するパワーコンディショナなどの周辺機器によって、価格は多少変わってきます。

太陽光発電システムのメリットと補助金

太陽光発電システムの導入において、初期費用と同時に考えておきたいのが、様々なメリットと補助金制度です。

まず経済的メリットとしては、光熱費を減らすことができるだけでなく、太陽光発電で発電して余った電気は電力会社が買い取ってくれる制度があり、将来的に初期費用が回収できます。

さらに、国と地方自治体から補助金が交付されることも念頭に置きつつ、太陽光発電システム導入の費用を考えると良いでしょう。

「メリット」を詳しく見る

「補助金検索」を詳しく見る

このページの先頭へ