ホーム > トレンドニュース > カメラ > トレンドウォッチ > カシオ、高速起動、高速シャッターの「HIGH SPEED EXILIM EX-ZR300」がじわじわと人気…

トレンドウォッチ

デジタルカメラ

カシオ、高速起動、高速シャッターの「HIGH SPEED EXILIM EX-ZR300」がじわじわと人気上昇。発売から3か月で人気ランキング上位に浮上!

カシオ計算機より2012年6月8日から発売されているコンパクトデジタルカメラ「HIGH SPEED EXILIM EX-ZR300」は、超高速な「快速シャッター」と、多彩な撮影機能、光学12.5倍ズームレンズを搭載した、EXILIMシリーズの最上位モデルだ。撮像素子には、1610万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用し、画像処理エンジンには「EXILIM ENGINE HS」を採用している。もともと、高速なレスポンスが特徴のシリーズであるが、前モデルの「EX-ZR200」と比較しても、起動時間が0.98秒→0.95秒、オートフォーカスが0.13秒→0.12秒、撮影間隔が最短0.27秒→最短0.26秒と、さらに高速化している。6月に発売された製品ではあるが、価格.comの「デジタルカメラ」カテゴリの売れ筋ランキング上では、ここへ来て売れ筋ランキングトップ10に約3週間ランクインしており、じわじわと人気が上がってきている。

「HIGH SPEED EXILIM EX-ZR300」のPV数推移
「HIGH SPEED EXILIM EX-ZR300」のPV数推移

「HIGH SPEED EXILIM EX-ZR300」の最安価格推移
「HIGH SPEED EXILIM EX-ZR300」の最安価格推移

価格.comトレンドサーチ」で「HIGH SPEED EXILIM EX-ZR300」のアクセス数推移を見ていくと、発売された2012年6月末あたりから徐々にアクセスが伸び始め、比較的高い水準で推移している。その後、8月末あたりから再度アクセスが伸びてきており、9月に入ってからも高い水準で推移している。合わせて、「価格.comトレンドサーチ」で、本機の最安価格を見ていくと、発売週には28,000円前後の最安価格でスタートしており、発売から3か月経った9月6日に20,000円台を切った19,714円をつけているものの、直近では若干の揺り戻しが起こり、2012年9月26日現在では20,390円の最安価格をつけている。初値と比べると3割弱ほどの下落となっているが、コンパクトデジカメとしては比較的高止まりしているほうだろう。

なお、「デジタルカメラ」カテゴリにおける売れ筋ランキング人気4製を見てみると、一番人気が、光学20倍ズームを搭載したソニー「サイバーショット DSC-HX30V」で、最安価格は22,452円。次いで、1インチの大型CMOSセンサーを搭載したソニー「サイバーショット DSC-RX100」で、最安価格は46,400円。3位が、やはり光学20倍ズームを搭載したパナソニックの「LUMIX DMC-TZ30」で19,491円。4位は光学42倍ズームを搭載したニコン「COOLPIX P510」で30,500円となっている。軒並み、大型センサー搭載モデルや、20倍を超える光学ズームモデルばかりが並んでいる中で、本機のようなスペックの製品が上位にランクインしていることだけでも珍しいが、価格的にもほかのメーカーの高級機といい勝負をしており、本機の超高速シャッターという付加価値が、ユーザーからそれなりの支持を受けていることがわかる。

「売れ筋ランキングトップ5製品」の売れ筋ランキング推移
「売れ筋ランキングトップ5製品」の売れ筋ランキング推移

続いて、価格.comの「デジタルカメラ」カテゴリにおける「HIGH SPEED EXILIM EX-ZR300」の売れ筋ランキング推移を見ると、発売されてから何度かアップダウンを繰り返しているが、ここへ来て急激に人気を伸ばしていることがわかる。8月17日には初のトップ10入りを果たし、9月4日には自己最高位の4位に入った。9月25日現在もトップ5内にランクイン中だ。売れ筋ランキングのトップ5に入っているほかの製品とはまったく異なる動きをしており、本機の人気が発売されてからじわじわと上がっていることがわかる。

「HIGH SPEED EXILIM EX-ZR300」のユーザー満足度(2012年9月26日時点)
「HIGH SPEED EXILIM EX-ZR300」のユーザー満足度(2012年9月26日時点)

なお、「HIGH SPEED EXILIM EX-ZR300」のユーザー満足度を見ると、4.87点となっており(5点満点、レビュワー6人)、カテゴリ平均点を上回る高評化となっている。ユーザーレビューでは、「撮影時のサクサク感は評判どおり。撮りたい時すぐシャターが押せます」「一般的なデジカメの撮影可能枚数は200枚ちょっとだと思いますが、これは通常でも倍以上、エコモードなら三倍近く使い続けられます」など、「機能性」や「バッテリー」への評価が非常に高い。また、「この機種はコンデジの可搬性に圧倒的な駆動時間と速写性能、優秀なオートモードがあり、あらゆるシーンで一瞬で起動してハズレのない写真を撮ることができます。同価格帯でも画質を求めるなら他に選択肢はいくらでもありますが、一台だけ持つなら、あるいはスナップショットを撮るなら現時点ではこれがベスト」といった声に代表されるように、特に「機能性」に対する評価は非常に高く、5点満点がつけられている。本機の最大の特徴である「高速起動」「高速シャッター」が、ユーザーから非常に高い満足度で受け入れられていることがわかる。

関連ニュース

カシオ「HIGH SPEED EXILIM EX-ZR200WE」の人気が急上昇。最新モデル「EX-ZR300」があまりスペックアップしなかったことから人気が再燃

[デジタルカメラ] [トレンドウォッチ] 2012年6月6日

カシオ計算機のデジタルカメラ「HIGHSPEEDEXILIM」シリーズと言えば、超高速な連射機能を搭載することで知られる人気のシリーズだ。その「HIGHSPEEDEXILIM」の最新モデルと…

>>続きを読む

ピックアップ

2014年のボーナス商戦は高単価な大型家電が人気!消費税増税後の「値下がり」で数年ぶりの買い替えラッシュも

消費税率引き上げの影響が注目された今夏のボーナス商戦。価格動向とともに、増税が消費マインドにどのよう…

>>続きを読む

auの5型スマートフォン「HTC J butterfly HTL23」が発売開始!高性能カメラやハイレゾ音源再生機能を備えたハイスペックモデルでau勢巻き返しの期待高まる

本日2014年8月29日にauから発売された「HTCJbutterflyHTL23」(HTC製)が、にわかに注目を集めている。「自…

>>続きを読む

新着ニュース

冷蔵庫のアクセス数が過去2年間で最高を記録!増税後の値下がりで500L超の大型モデルによる売れ筋ランキングの上位争いが過熱!
スズキ「ワゴンR」が簡易HV化でアクセス数急増!クラストップの低燃費32.4km/L達成で、実燃費や価格に対するクチコミが活発に
東芝のサイクロン式掃除機「トルネオ ミニ VC-C3」が人気上昇中!約2.3kgの軽量ボディと低価格でユーザーの満足度は満点評価!
アップルの新型「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」、値ごろ感から発売から1か月で売れ筋ランキング2位に急上昇!
トヨタ「ハリアー」が過去最高の人気ランキング3位!上質なデザインと燃費性能の高さでファン層を拡大中
東芝の液晶テレビ一体型デスクトップPC「REGZA PC D71/T7M」が好評!テレビパソコンでは唯一の売れ筋ランキングトップ5位入り
ソニーのウェアラブルカメラ「アクションカム HDR-AS100V」が行楽シーズンで人気!スポーツから子供の撮影まで多用途に使える魅力が浸透中
ソニーの40V型フルHD液晶テレビ「BRAVIA KDL-40W600B」が首位独走!倍速機能非搭載ながらも、6万円を切る低価格が支持される
2年前発売のキヤノン「EOS M ダブルレンズキット」が38,000円切りで人気再燃!ダブルレンズキットとしては異例の低価格更新中!
ASUSの低価格8型タブレット「MeMO Pad 8」が2万円切りで人気上昇中! コミックなどの閲覧性の高さが高評価
価格.comリサーチ アンケートからわかる!今気になるモノの最新トレンド

カテゴリ