ホーム > トレンドニュース > 家電 > トレンドウォッチ > 4K液晶テレビの価格が急落!55V型クラスは相次いで30万円を切り、安いものは25万円台…

トレンドウォッチ

薄型テレビ

4K液晶テレビの価格が急落!55V型クラスは相次いで30万円を切り、安いものは25万円台に。年末商戦で人気に火がつくか?

フルハイビジョン(HD)の4倍の解像度を持つ、4K液晶テレビが値ごろ感を強めている。東芝、ソニー、シャープ、パナソニックから発売されている55〜65型の主力モデルは、発売時から最大52%も安くなっており、値下がり率だけで見れば、フルHDテレビの最上位機種と同程度の水準だ。特に、もっとも低価格な東芝の「REGZA 58Z8X」は、価格.com上では255,000円程度まで下がっている。価格.comが実施したアンケート調査によれば、4K液晶テレビの購入にあたり、一番のネックとなっているが価格の高さであり、画質や機能性に見合った価格になれば、需要が強まる可能性は高く、消費税の引き上げを来春に控えたこの年末の動向が注目される。

4K液晶テレビ主要5機種の最安価格推移
4K液晶テレビ主要5機種の最安価格推移

価格.comトレンドサーチ」で見ると、東芝、ソニー、シャープ、パナソニックが発売している4K液晶テレビの最安価格は、12月11日時点で255,357円〜489,661円となっており、このうち4機種が30万円を切る価格となっている。発売時からの値下がり率は18〜51%だ。製品別に見ると、58V型の東芝「REGZA 58Z8X」が発売時より約43%安い255,357円、55V型のソニー「BRAVIA KD-55X8500A」が約34%安い261,262円、55V型のソニー「BRAVIA KD-55X9200A」が約34%安い289,900円、60V型のシャープ「AQUOS LC-60UD1」が同約52%安い298,680円、65V型のパナソニック「スマートビエラ TH-L65WT600」が同約18%安い489,661円となっている。3か月前の最安価格と比べても、約18〜34%安くなっており、今秋以降に一気に値下がりしてきている。

4K液晶テレビ主要5機種のアクセス数推移
4K液晶テレビ主要5機種のアクセス数推移

4K液晶テレビ主要5機種の売れ筋ランキング推移
4K液晶テレビ主要5機種の売れ筋ランキング推移

値ごろ感が強まるにつれて注目度も上昇。アクセス数は、3か月前の9月13日に5機種合計で11,412PV/日だったものが、直近の12月11日には23,818PV/日と、2倍以上の水準になっている。9月7日に、2020年の東京オリンピック開催が決定したことも追い風になっていると思われる。また、売れ筋ランキング順位では、12月12日現在、ソニー「BRAVIA KD-55X9200A」のみが10位内にランクインしている状況だ。

フルHDテレビ最上位4機種の最安価格推移
フルHDテレビ最上位4機種の最安価格推移

フルHD液晶テレビ主要4製品のアクセス数推移
フルHD液晶テレビ主要4製品のアクセス数推移

いっぽう、各社のフルHD液晶テレビの最上位機種4製品について見ると、12月11日の最安価格は157,000円〜221,356円で、発売時からの値下がり率は約36〜51.3%。製品別では、55V型のソニー「BRAVIA KDL-55W900A」が発売時より約51%安い157,000円、55V型の東芝「REGZA 55Z8」が約36%安い165,822円、60V型のシャープ「AQUOS クアトロン プロ LC-60XL10」が約37%安い221,356円、55V型のパナソニック「スマートビエラ TH-L55FT60」が約48%安い166,550円だ。値下がり率だけで見れば、4K液晶テレビとほぼ同程度であるが、2Kテレビに比べて2倍以上の価格となっていた4K液晶テレビは、すでに2倍以下の水準にまで下がってきており、値ごろ感を強めていることがわかる。なお、アクセス数の推移を見ると、ソニーの「BRAVIA KDL-55W900A」が際立って人気があるものの、それ以外の製品については、低調に推移している。注目度からしても、全般的に4Kモデルのほうが高まってきていることがわかる。

「BRAVIA KDL-55W900A」のライバルランキング
「BRAVIA KDL-55W900A」のライバルランキング

値ごろ感を強めてきた4K液晶テレビだが、フルHD液晶テレビとの競合状況が気になるところだ。上の図は、価格.comの「液晶テレビ」カテゴリーにおける売れ筋ランキングで1位の55V型フルHD液晶テレビ「BRAVIA KDL-55W900A」から見た、ライバル製品との競合状況を表したもの。図中のランキングは、競合状況の強さに準じて示されているが、ライバル製品の1位にソニーの4K液晶テレビ「BRAVIA KD-55X8500A」が、2位に同じく4K液晶テレビの「BRAVIA KD-55X9200A」がランクインしている点が注目される。現在のところ、これら4K液晶テレビ2機種より、フルHD液晶テレビの「BRAVIA KDL-55W900A」を選ぶ人のほうが多いが、これらの製品の最安価格が30万円を切り、すでに10万円ちょっとくらいの価格差になってきていることを考えると、この先、この数字が徐々に下がっていくことも十分考えられる。

価格.comが実施した、4K液晶テレビに関するアンケート調査によれば、回答者全体の13.5%が4K液晶テレビを「購入予定」か「購入を検討」している。この年末に購入を予定している人も5.6%いた。いっぽうで、「当分購入の予定はない」と回答した人に理由を聞いたところ、もっとも多かったのが「価格が高い」で23.7%、その次が「今のテレビに不満がない」で21.7%だった。つまり、4K液晶テレビの値ごろ感が強まり、現在使用しているテレビより画質や機能性が高いと判断されれば、需要が上向く可能性は高いと言える。4K液晶テレビはここ数週間でかなり最安価格を下げており、消費税の増税を来春に控えたこの年末に一定の人気を集められるかどうか、注目したい。

関連ニュース

ソニーの4K対応テレビ「BRAVIA KD-55X9200A」が売れ筋ランキング4位!1インチあたりの価格は約6,700円に。4K対応テレビがいよいよ普及期入りか!?

[薄型テレビ] [トレンドウォッチ] 2013年7月8日

ソニーの4K対応液晶テレビ「BRAVIAKD-55X9200A」(55V型)が、価格.comの「液晶テレビ」カテゴリーにおける売れ筋ランキングで4位に上昇した。注目ランキングでは、5月29日…

>>続きを読む

東芝の4K対応テレビ「REGZA 58Z8X」がランキング上昇! 30万円台目前で、フルHDテレビと比較検討する人が増加。競合の参入も市場に追い風か

[薄型テレビ] [トレンドウォッチ] 2013年9月6日

東芝の4K対応テレビ「REGZA58Z8X」が、価格.comの「液晶テレビ」カテゴリーにおける売れ筋ランキングを上昇させている。最安価格が発売時から36%下がり、30万円台も目前に…

>>続きを読む

ソニーのフルHD液晶テレビ最上位機種「BRAVIA KDL-55W900A」が売れ筋ランキング2位!価格急落で、4KよりフルHDの上位機種を選ぶ人が増加中

[薄型テレビ] [トレンドウォッチ] 2013年12月3日

ソニーから2013年6月に発売された、フルHD(ハイビジョン)液晶テレビの最上位機種「BRAVIAKDL-55W900A」の人気が上昇している。最安価格が発売時より約4割安い16万円近く…

>>続きを読む

家電 新着ニュース
パナソニックの高級レンジ「3つ星ビストロ NE-BS1200」が売れ筋1位に! 高価格帯モデルながら圧倒的なパワーや豊富なメニューが好評
アイロボットのロボット掃除機エントリーモデル「ルンバ621」が人気急上昇中! 発売から約1年が経ち、3万円台前半まで値下がり
パナソニックの高級炊飯器「Wおどり炊き SR-SPX105」が好調! 価格は高めだが、炊き上がりのおいしさが高く評価され、満足度はトップ
パナソニックの“お風呂剃り”電動シェーバー「ラムダッシュ ES-ST29」が人気! 7,000円程度という値ごろ感と機能性のベストバランス
厳しい寒さと乾燥で需要が高まった「加湿器」と、新モデルの価格高止まりで旧モデル人気が続く「空気清浄機」
2014年のボーナス商戦は高単価な大型家電が人気!消費税増税後の「値下がり」で数年ぶりの買い替えラッシュも
ソニーの4K対応液晶テレビ「BRAVIA KD-55X8500A」が24万円切り!新モデル発表で値崩れしてきた現行モデルの人気が高まる

ピックアップ

2015年・夏のボーナス商戦 目玉商品投入のタイミングと冷夏の影響で、家電の商戦ピークは7月後半にシフト?

家電市場では夏のボーナス商戦が始まっているが、実際のところ、今年2015年夏の家電市場はどのような動きを…

>>続きを読む

アップル「iPad mini 4」が低調なスタート! ユーザー満足度は高めだが、ネックは高めの販売価格

2015年9月10日に発売されたアップルの7.9インチタブレット「iPadmini4」の立ち上がりが低調だ。もっとも人…

>>続きを読む

新着ニュース

フォルクスワーゲン「ゴルフ」の排ガス不正発覚で波紋が広がる! 価格.com上ではディーゼルエンジンの真価を問う議論も
アップル「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」発売開始! アクセス数は昨年の半分以下ながらも、製品に対するユーザー評価はまずまず
ASUSの7.9インチAndroidタブレット「ZenPad S 8.0 Z580CA 32GB」が初の売れ筋1位! 高スペックが人気を呼び、2万円前後の低価格モデルをリード
本格的な秋の行楽シーズンを迎え、ソニーの「ハンディカム HDR-CX670」が人気! 強力な空間式手ブレ補正機能を搭載しつつ4万円前半の高コスパ機
パナソニックの高級レンジ「3つ星ビストロ NE-BS1200」が売れ筋1位に! 高価格帯モデルながら圧倒的なパワーや豊富なメニューが好評
キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が人気上昇中! 価格下落に加えて、最大10000円のキャッシュバックが効果をあげる
10/10発売のソニー「ウォークマン NW-ZX100」の注目度が上昇中! 早くも実機を試聴した人のレポートが続々!
キヤノンの光学30倍ズームコンデジ「PowerShot SX710 HS」が売れ筋1位をキープ! コンパクトかつ値ごろな価格が大型連休前に人気を集める
アイロボットのロボット掃除機エントリーモデル「ルンバ621」が人気急上昇中! 発売から約1年が経ち、3万円台前半まで値下がり
ASUSの7.9インチタブレット「ZenPad S 8.0 Z580CA」が人気上昇中! アップル「iPad mini 4」と同等スペックで、実質Android機では最大のライバルか?
価格.comリサーチ アンケートからわかる!今気になるモノの最新トレンド

カテゴリ